練習用におすすめのドローン10選!室内用や初心者向けの機体を紹介

ドローン飛行を始めるにあたり、練習用の機体を取り寄せたい方もいることでしょう。本記事では、練習用におすすめのドローンを紹介します。より飛行技術が磨ける機体はもちろんのこと、室内用や初心者向けなどさまざまなタイプのものをピックアップしてみました。さらにドローン選びのコツや飛行の注意点も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

練習用におすすめのドローン10選

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

練習用のドローンは、種類が豊富です。初心者に優しいドローンもあり、短時間で操作できるでしょう。さまざまなデザインのドローンをピックアップしてみたので、気になる機体があればチェックしてみてください。

 

1. Holystone HS170

イメージ画像

出典:Amazon

 

「Holystone HS170」は、かっこいいビジュアルが魅力的なミニドローン!白と黒のプロペラが2本ずつ備わっており、屋外はもちろんのこと室内や廊下でも手軽に飛ばせます。よりアクロバティックな動作もできるので、ドローンの複雑な飛行練習をしたい方におすすめです。

2. DJI Tello 

イメージ画像

出典:Amazon

 

「DJI Tello」は、コンパクトな形状が特徴のカメラ付きのドローンです。約80gの軽量ドローンとなっており、軽快に飛行できます。直感的な操作で飛ばせるので、初心者にもおすすめです。

 

さらに、高品質映像プロセッサーが備わっているのもポイント!クオリティーの高い写真と動画が撮影できるので、ぜひ景色のよい場所で飛ばしてみてください。

DJI Ryze Technology Tello ドローン 100g以下 テロー カメラ付 トイドローン 子供 おもちゃ 小型 空撮用ドローン ビギナー 初心者 小型 カメラ付き 長時間 プレゼント 手のひらサイズ

 

3.4DRC 4D-V8

イメージ画像

出典:Amazon

 

「4DRC 4D-V8」は、3つのバッテリーを備え、最大30分の飛行時間ができるドローン!重量約80gと軽量となっており、軽快に飛行できます。また、パーツをまとめて収納できる収納ボックスも付属。 持ち運びにも便利です。そのほか、リモコン付きでさまざまな機能があり、高さ保持、ヘッドレスモード、 3Dフリップ、ワンキー離陸および着陸、軌道飛行ができます。

4. DJI Mini 3 Pro

イメージ画像

出典:Amazon

 

「DJI Mini 3 Pro」は、シンプルなデザインが特徴のカメラドローン!画面付きリモコン対応のドローンとなっており、風景を見ながら飛ばせます。操作しやすいリモコンなので、空撮に専念できるでしょう。

 

さらに、飛行時間が長いのもポイント!最大約34分まで飛行可能なので、じっくり空撮を楽しみたい方にもおすすめです。

 

 

5. Holy Stone DEERC D70

イメージ画像

出典:Amazon

 

「Holy Stone DEERC D70」は、スタイリッシュなデザインが魅力のカメラ付きドローン!軽量の小型ドローンで、画面付きのリモコンで優雅に操縦できます。スマート飛行モードとヘッドレスモードの2つが備わっており、自分の思うように飛行できるのがポイントです。

 

初心者はもちろんのこと、子どもでも操作できるので、遊び感覚でドローンを飛ばしたい方はチェックしてみてください。

 

 

6. Holy Stone HS340 Blue

イメージ画像

出典:Amazon

 

「Holy Stone HS340 Blue」は、ブルーカラーが魅力のトイドローン!約50gの小型ドローンとなっており、狭い場所でも優雅に飛行できます。簡単な操作方法で離着陸や飛行などができるので、初心者はもちろんのこと、子どもにもおすすめです。

 

さらに、自動で撮影や飛行などができるのもポイント!手を上げたりジェスチャーしたりするだけで自動で写真や録画などができ、コントローラーの画面にパスを描くことで設定したルートを飛んでくれます。

 

ちょっとした自動飛行を楽しみたい方は、ぜひ試してみてください。

 

 

7. ジーフォース Hubsan X4

イメージ画像

出典:Amazon

 

「ジーフォース Hubsan X4」は、かっこいいレッドカラーが魅力のドローン!4GBマイクロSDカードが備わっており、クオリティーの高い空撮が楽しめます。より軽快に飛行できるので、ダイナミックな空撮を撮影してみたい方にはぴったりでしょう。

 

 

8. Holy Stone HS420

イメージ画像

出典:Amazon

 

「Holy Stone HS420」は、かわいいイエローカラーが魅力の小型ドローンです。コンパクトな形状が特徴で、プロペラ付近はしっかりガードされています。

 

こちらのドローンのポイントは、手投げで簡単に離陸できるところ!ドローンを軽く投げ出すだけで、自動で飛行します。離陸に苦戦せずに済むので、初心者におすすめです。

 

 

9. GFORCE LUCIDA GB120

イメージ画像

出典:Amazon

 

「GFORCE LUCIDA GB120」は、コンパクトなポケットサイズが魅力のカメラ付きドローン!高解像度カメラが搭載されており、あらゆる方向から自由に撮影することが可能。スマホに専用のアプリをインストールすれば映像をリアルタイムで写してくれるので、ライブ中継感覚で楽しめるでしょう。

 

さらに、収納で困らないのもポイント!折りたたみ式となっているので、コンパクトに収納し気軽に持ち運びできます。さまざまなスポットで撮影したい方は、ぜひ使用してみてください。

 

 

10. ミニドローン HS210Pro

イメージ画像

出典:Amazon

 

「ミニドローン HS210Pro」は、赤と白を組み合わせたおしゃれなドローン!スポーツカーを連想させるようなデザインとなっており、安定感のある飛行ができます。約24.8gとかなりの軽量となっているので、持ち運びも楽でしょう。

 

さらに、衝撃に強いのもポイント!柔軟な素材で構成されているため、障害物にぶつかったとしても壊れにくいです。

 

かっこいいレッドカラーで飛ばしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

練習用ドローンを選ぶポイント

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

種類豊富な練習用ドローンを見てきましたが、機体の選び方で迷っている方もいることでしょう。ここからは、練習用ドローンの選び方について解説します。

 

操縦のしやすさ

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

練習用ドローンを選ぶ際は、操縦のしやすさが重要。どんなに高性能なドローンであっても、複雑な操縦方法では飛行が難しくなってしまいます。

 

もし操縦のしやすさ重視でドローンを選ぶ場合は、ホバリング機能付きのモデルがおすすめです。ホバリング機能が備わっていると高度な検知機能で空中で静止しやすくなるため、初心者でも安定感のある飛行ができます。

 

ドローンを探す際は、ホバリング機能が付いているかどうかチェックしてみてください。

飛行可能な時間をチェック

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

練習用ドローンを選ぶ際は、飛行可能な時間をチェックしましょう。ドローンのモデルによって異なりますが、飛行可能時間は約10〜30分ほど!遊び感覚でドローンを操作する場合は短時間でも十分ですが、じっくり操縦したい方は約20〜30分飛行できる機体がベストでしょう。

 

さらにドローンによっては予備バッテリーが備わっていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

サイズの確認

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

練習用ドローンを選ぶ際は、必ずサイズを確認しましょう。サイズ選びで失敗してしまうと、障害物にぶつかりやすくなったり、飛行範囲に限りが出てきたりというようなことが起こりやすくなります。サイズをチェックし、飛ばしたいスポットで飛行可能かどうか確認してみてください。

 

操作しやすいリモコンをチェック

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン操作では、リモコンの存在が欠かせません。どんなにデザインが素晴らしいドローンであっても操作がしにくいと、上手く飛ばすことは難しいでしょう。誤った操作方法をしてしまうと、機体が障害物にぶつかってしまうかもしれません。

 

リモコンの詳細をみて、初心者でも操作できるかチェックしてみてください。

 

ドローン練習をする際の注意点

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン練習をする際に、いくつか注意しなければならないポイントがあります。具体的に、どのようなポイントに注意するべきなのか紹介します。

 

周囲の安全の確認

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンを飛ばす際は、常に周囲の安全を確認しましょう。近くに人や車、建物などがあると衝突するリスクがあり危険です。少しでも安全に飛行させるためにも、周りに障害物がないかチェックしてみてください。

 

通信しやすい場所で飛行練習

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンを飛ばす際は、通信しやすいスポットを選びましょう。ドローンはコントローラーとの通信で動いているため、通信状況が不安定だと正常に飛ばすことが難しいです。状況次第では、落下にもつながりやすくなるので注意が必要です。

 

操作手順の確認

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

初心者でドローンを飛ばす場合は、まずは操作手順を確認しましょう。手探りでいきなりドローンを飛ばそうとすると思わぬ方向に飛んでしまったり、暴走してしまったりしてしまいます。

 

より安全に飛行するためにも、まずは足元付近でホバリングの練習をしてから徐々に高度を上げましょう。

 

バッテリーのチェック

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンを飛ばす際は、バッテリーのチェックが必要です。バッテリーの容量が少ない状態で飛ばすと、途中で落下する可能性があります。落下による機体の破損や事故、けがなどを防止するためにも、事前に確認しましょう。

 

ドローン飛行に関するルールの把握

イメージ画像

 

出典:https://pixta.jp

 

屋外でドローンを飛ばす場合は、ドローン飛行に関するルールを把握しましょう。航空法と小型無人機等飛行禁止法などさまざまな法律や規則などがあり、違反してしまうと罰金や罰則を受ける可能性があります。

 

ルール違反でトラブルを起こさないためにも、屋外でドローンを飛ばす際は法律や規則などを守りましょう。

 

練習用のドローンを使って飛行技術を磨こう

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

本記事では、練習用におすすめのドローンを紹介しました。練習用のドローンは、トイドローンや中型ドローンなどさまざまなタイプの機体が勢ぞろい!機体によっては機能が充実しているので、アクロバティックな飛行も可能でしょう。気になる機体があれば、ぜひチェックしてみてください。

 

関連記事

スマホでドローン操縦をするメリットとは?おすすめの機体や注意点も紹介

ドローンの操縦と聞くと、コントローラーでの操作をイメージする方がほとんどでしょう。しかし機体によっては、スマホでの操縦が可能です。本記事では、スマホでドローン操縦をするメリットについて解説!さらに、おすすめの機体や注意点についても紹介します。

  ドローンガイド編集部

テラドローン、自社開発の国産UAVレーザの新製品「Terra Lidar Dual」「Terra Lidar R」発売

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下 テラドローン)は、自社開発の国産UAVレーザ『Terra Lidar』シリーズとして『Terra Lidar Dual(以下、TLD)』と『Ter […]

  yoshi

最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO202 […]

  yoshi

DJIが全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』を発表

DJI JAPAN株式会社が、2024年5月17日に新商品として全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』の発表をしました。 『Zenmuse H30T』と『Zenmuse H30 […]

  yoshi

ドローンの機体認証とは?やり方・種類・型式認証との違いも解説

ドローンの機体認証について、やり方や種類、型式認証との違いについて解説します。機体認証にかかる費用やよくある質問についてもまとめているので、ドローンの機体認証を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部