フリーランスとしてドローン事業に携わる際のポイントとは?成功のコツも解説

ドローン操縦士としてキャリアを積みたい方の中には、”フリーランスとして稼ぎたい”と考えている方もいることでしょう。ドローン操縦士として独立した場合、仕事の始め方で苦戦する方は少なくありません。本記事では、フリーランスとしてドローン事業に携わる際のポイントを解説します。

フリーランスは稼げる?ドローン事業の今後の動向

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン事業の今後の動向については、どの分野でも市場が拡大するでしょう。例えば空撮の場合は2020年は約28億円だったところ、2025年には約91億円、土木建築であれば2020年では約67億円だったところ、247億円の市場拡大が見込まれています(※)。

 

さらにドローンのレベル4飛行によって市街地での飛行も可能になるので、物流や点検などさまざまな仕事が今後増えてくるでしょう。

 

※“財務省 公式HP”参照

 

ドローン事業でのフリーランスの仕事はどんなものがある?

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン事業でのフリーランスの仕事は、さまざまです。空撮や点検、測定などバリエーション豊富な仕事があり、スキル次第では仕事の幅が広げられるでしょう。

 

ただし業種によってはフリーランスとして仕事をするのが難しいのもあるので、どの分野で活躍できるのか事前に把握することが必要です。

ドローン事業でのフリーランスの仕事の取り方

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

フリーランスとして仕事をする場合、どのように案件をもらうのか気になる方もいることでしょう。ドローン事業での仕事の取り方は、クラウドソーシングと求人サイト、ドローンスクールの大まかに3つになります。

 

クラウドソーシング

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

個人で仕事を取る場合は、クラウドソーシングが一般的です。クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどさまざまなツールがあり、バリエーション豊富な案件が充実しています。

 

もしかしたら、今まで出会ったことがない珍しい案件が見つかるかもしれません。

 

クラウドワークスを使ってみる

 

ランサーズを使ってみる

 

ココナラを使ってみる

 

求人サイト

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

一般的な求人サイトでも、ドローン案件を探すことは可能です。求人サイトと聞くと正社員やアルバイトなどの募集がメインと考えがちですが、業務委託で求人を掲載しているところもあります。希望条件が合えば、採用してもらえる可能性があるでしょう。

 

ドローンスクール

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンスクールによっては、資格取得後に求人を紹介してくれるところもありおすすめです。スタッフがスクール生の技術力や希望条件などに合わせて求人を探してくれるので、状況次第ではすぐに仕事が見つけられる可能性があります。

 

もし求人について明示されていなくても、スタッフや教務課などに話をすれば仕事を紹介してくれるかもしれないので、ぜひ積極的に相談してみてください。

フリーランスでドローン事業を成功させるポイント

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

フリーランスとしてドローン事業に携わる際、仕事で成果を出し成功させたいところ!仕事で成功させるためには、どのようなポイントを押さえるべきなのか紹介します。

 

スキルを磨く

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

フリーランスとしてドローンを使った仕事に携わる際は、スキルが重要。ドローンの飛行テクニックはもちろんのこと、測量に関するスキルや空撮であれば動画編集スキルなど、さまざまなスキルがあることで仕事の幅が広がりやすくなります。

 

仕事を通して、さまざまなスキルを磨きましょう。

 

資格を取得する

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

フリーランスとしてドローン事業を成功させたい場合は、資格を取得するのがおすすめです。ドローン民間資格やDPCA商業撮影撮影操縦士、DPCA FPV撮影操縦士、測量士などさまざまな資格があり、取得することで仕事の幅が広がりやすくなります。

 

資格を取得すれば年収アップにもつながりやすくなるので、気になる資格があれば、ぜひこの機会に取得してみてください。

 

DPA認定資格の詳細

 

一般社団法人日本UAS産業振興協議会  JUIDAドローン資格の詳細

 

DJI JAPANの認定資格の詳細

仕事の領域を広げる

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

フリーランスとしてドローン事業を成功させたい場合は、仕事の領域を広げることです。1つの分野でも収入アップが狙えますが、測量やインフラ点検など仕事の幅を広げることで、さらなる収入アップにもつながりやすくなります。

 

さらに仕事の幅が広がれば別の案件で身に着けたスキルが、ほかの場所でも応用できるかもしれません。

フリーランスとしてドローン事業に携わる際の注意点

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

フリーランスとしてドローン事業に携わる際は、注意しなければならないポイントがいくつかあります。どのようなポイントに注意するべきなのか、1つずつ見ていきましょう。

 

飛行禁止空域や法律などをチェック

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンでの仕事をする前に、飛行禁止空域や法律などをチェックしましょう。ドローンの飛行では、細かいルールや法律などが決められており守らなければなりません。もしルール違反や法律違反などをしてしまうと、クライアントにも迷惑が掛かってしまい仕事を失ってしまう可能性があります。

 

クライアントからの信用を下げないためにも、飛行禁止空域や法律などを事前に確認しましょう。

ドローン保険の加入

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンでの仕事をする際は、必ずドローン保険に加入しましょう。ドローンの飛行には落下による人的被害や飛行ミスによる建物の破損などさまざまなリスクがあり、状況によっては高額な損害賠償を受ける可能性があります。

 

万が一のトラブルで円滑に解決するようにするためにも、賠償責任保険や機体保険などに加入しましょう。

 

天候に配慮したスケジュール調整

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンでの仕事では、天候に配慮したスケジュール調整が重要です。強風や大雨などで安全に飛行ができない場合、仕事の延期または中止になる可能性があります。さらに天候に左右されることにより、複数の案件を持っていた場合は他の仕事にも影響が出てしまうかもしれません。

 

天候によるスケジュールの影響が出ないようにするためにも、調整できるよう日程に余裕を持たせるようにしましょう。もし、急な悪天候で案件対応が難しい場合は、クライアントと相談して続行するべきか検討してみてください。

 

開業届の提出

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン事業にかかわらずフリーランスとして仕事をする場合は、開業届の提供が必要!開業から1ヶ月以内に管轄の税務署に開業届を提出するのが望ましいです。これからフリーランスとして仕事をする方は、開業届の提出を忘れないようにしましょう。

 

確定申告の提出

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

フリーランスとして仕事をする場合は、確定申告をしなければなりません。年間年収が20万円を超えなければ確定申告の申請は必要ないですが、それ以上に稼ぐ場合は提出が義務付けられます。

 

確定申告を忘れてしまうと、延滞税や無申告加算税などさらなる税負担が課せられてしまうので注意しましょう。

フリーランスとしてドローン事業で活躍しよう

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

本記事では、フリーランスとしてドローン事業に携わる際のポイントを解説しました。フリーランスとしてドローン事業で成功させるためには、必要な機材を用意し仕事のスキルを磨くことが重要です。ただし、ルールや保険、開業届、確定申告などフリーランスになる上では、注意しなければならないポイントがいくつかあります。フリーランスとしてドローン事業に携わる方は、ぜひ本記事を参考に仕事に挑戦してみてください。

 

関連記事

非破壊検査にドローンを活用するメリットとは?実施するポイントも紹介

空撮や農薬散布、配達などさまざまな用途で使用されるドローンですが、非破壊検査にもおすすめです。本記事では、非破壊検査でドローンを活用するメリットについて紹介します。さらにドローンによる非破壊検査を実施する際のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンの農薬散布って実際需要があるの?実際に農薬散布を行っているプロに聞いてみた

農薬散布も手掛けるドローンスクール「Bestドローンスクール」 今回お話をお伺いしたのは、愛媛県と香川県でドローンスクールを展開し、実際に農薬散布事業も行っている「BESTドローンスクール」代表の尾花さん。ドローンにおけ […]

  楠本達也

ドローンの世界的に有名なメーカーは?市場規模や現状を解説

ドローンの世界的に有名なメーカーや市場規模、事業の現状を解説します。市場規模が広がり続けているドローン業界の現状を知ることで、事業への導入を検討してみてください。世界各国から注目されているドローンについて、本記事を通して学んでみましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンマーケティングの概要と活用シーン|注目される理由についても解説

本記事では、ドローンマーケティングの概要や活用シーンについて解説。さらにドローンマーケティングが注目される理由と効果的に行う方法についても紹介します。ドローンを活用した販促活動を検討している企業の担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンがゴルフ業界で注目されている理由とは?具体的な活用シーンも紹介

さまざまな業界で活躍しているドローン。産業用ドローンはゴルフ業界でも有効活用されています。本記事では、ゴルフ業界でドローンが注目されている理由や、具体的な活用シーンをピックアップしてわかりやすく紹介。ドローンとゴルフに関するよくある質問と答えも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部