アメリカ連邦航空局、SkyDrive社によるeVTOL機「SKYDRIVE(SD-05型)」型式証明申請を受理

愛知県豊田市に本社を置く株式会社SkyDriveは、日本の国土交通省航空局を通じてアメリカ連邦航空局に「空飛ぶクルマ」の型式証明を申請。 4月29日に本申請が受理されたことを発表しました。 型式証明の審査対象は、「SKYDRIVE(SD-05型)」とのことです。

米国での活動について

SkyDrive社は、日本の自動車産業のように、日本発かつ世界中で多くの方々に愛されるモビリティを世の中に届けることを創業当初からの目標として掲げていたとのこと。
アメリカでの運航開始に向けては、2023年にアメリカ子会社を設立することで現地の顧客とともにユースケースの開発を行ってきた。

航空機を商用運航するにあたっては、各国の民間航空当局の規制に従い、適切な認可を受ける必要がある。
同社でも、アメリカでの型式証明活動を日本の国土交通省航空局の協力を得て、アメリカ連邦航空局への型式証明申請を提出して本格始動している。

世界的基準の一つともいえるアメリカ連邦航空局の型式証明の取得を目指して、今後も日本製ならではの安心安全・快適さ・耐久性を追及した機体開発を進めていく同社はコメントしている。

今後のスケジュールについて

2025年日本国際博覧会(以下「大阪・関西万博」)にて、空飛ぶクルマの2地点間での運航事業者に選定されているSkyDrive社。
会場で同社の空飛ぶクルマ『SKYDRIVE』が飛行する様子を披露できるように引き続き開発に進めていくとのこと。

2025年の大阪・関西万博では、航空局の許可を得てデモフライトを行う予定の同社。
2026年以降は日本での型式証明の取得と商用運航の開始、さらにアメリカでの型式証明取得する事を目標に進んでいくとしている。

株式会社SkyDrive 代表取締役CEO 福澤 知浩によるコメント

当社の開発チームはこれまで、機体の開発と型式証明の認証活動を並行して進めてまいりました。
この度、国土交通省航空局の皆さまにお力添えいただいてFAAの型式証明を申請し、日米同時に型式証明活動が進められること、大変ありがたく思っております。
すでに複数のeVTOLの認証活動が始まっているFAAと、これまで一緒に歩んでいただいた日本の航空局と密に連携し、当社の空飛ぶクルマ『SKYDRIVE』が世界中の皆さんの「日常的な移動」となる未来を目指してまいります。

イメージ画像

「型式証明」とは

今回、SkyDrive社が日本の国土交通省航空局の協力のもとアメリカ連邦航空局へ提出した「型式証明申請」。

この型式証明というのは、製造国の政府が審査・確認して航空機が安全性基準や環境基準に適合していることを証明するもの。
強度・構造・性能などが所定の基準に適合しているか、強度試験や飛行試験などの各種審査が行われる。
日本の場合、航空法に基づき国土交通大臣が発行する。

出典

関連記事

屋内産業用小型ドローン『IBIS(アイビス)』を用いた特別授業を上鶴間高等学校で実施。デジタル人材・ドローン時代の担い手育成へ向けた一手に

屋内産業用小型ドローン『IBIS(アイビス)』を開発する株式会社Liberaware(本社:千葉県千葉市、代表取締役 閔 弘圭)(以下、Liberaware社)は、株式会社ウイルテック(本社:大阪府大阪市、代表取締役 宮城 力)(以下、ウイルテック社)とそのグループ会社である株式会社ワット・コンサルティング(本社:東京都中央区、代表取締役 水谷 辰雄)(以下、ワット・コンサルティング社)と共同で、「高校生の職業体験 ドローンの出前授業」を全国で実施していくとしている。そして、第一弾として神奈川県立 上鶴間高等学校(神奈川県相模原市、 校長:柴田功 )にて、7月11日(木)に『IBIS2』を用いた出前授業を実施したことを発表した。

  yoshi

ドローン活用の次世代型農業を農業高校生徒が体験!日本農業の未来をけん引する人材育成に向けて、宮城県加美農業高校とNTT東日本グループが連携

宮城県加美農業高等学校(校長:川上 剛弘、以下「加美農業高校」)と株式会社 NTT e-Drone Technology(代表取締役社長:滝澤 正宏、以下「NTTイードローン」)及び東日本電信電話株式会社 宮城支店(支店長:須藤 博史、以下「NTT東日本」)は、加美農業高校でNTTイードローンの国産農業ドローンを使ったスマート農業に関する授業やドローンによる農薬散布実演等を行っていく事を発表。加美農業高校が目指す、未来の農業をけん引する中核人材の育成に向けた農業教育高度化構想の実現に向けた、連携となるとしている。

  yoshi

ドローンショー・ジャパン社、『空飛ぶクルマ』を開発するSkyDrive社とドローンショー事業で業務提携。技術力向上と推進体制を強化を進める

株式会社ドローンショー・ジャパン(本社:石川県金沢市、代表取締役:山本雄貴)(以下「ドローンショー・ジャパン社」)は、株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市、代表取締役CEO 福澤知浩)(以下「SkyDrive社」)と業務委託基本契約書並びに協業検討に関する覚書を締結したことを発表した。 ドローンショー事業における技術力の向上並びに推進体制を強化していくとしている。

  yoshi

ドローンで繋ぐ襷レース開幕!6月22日に『ドローン駅伝2024 日本GP in 豊根村』を中京テレビが放送

中京テレビ放送株式会社(本社:名古屋市中村区 代表取締役社長:伊豫田 祐司)は、ドローンに関連する特別番組となる『ドローン駅伝2024 日本GP(グランプリ) in 豊根村』(以下、『ドローン駅伝2024』)の放送を発表。 放送日は2024年6月22日(土)です。

  yoshi

東京都初の物流施設併設型ドローン実証実験用『板橋ドローンフィールド』の開設決定。物流施設「MFLP・LOGIFRONT東京板橋」内に

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:植田 俊、以下「三井不動産」)と、日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:三輪 正浩、以下「日鉄興和不動産」)は、2024年9月末に竣工予定の街づくり型物流施設「MFLP・LOGIFRONT東京板橋」内に併設する形でドローンの実証実験できる環境を用意。 その名称が『板橋ドローンフィールド(以下「板橋DF」』に決定したことを発表しました。

  yoshi