SkyDrive社、タイの財閥傘下企業サハ・パタナ・インター・ホールディングおよびサハ東急と空飛ぶクルマの事業検討に関する覚書の締結を発表

「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発する株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市、代表取締役CEO福澤知浩)(以下「SkyDrive社」)は、Saha Pathana Inter-Holding Public Company Limited(本社:タイバンコク、最高経営責任者兼取締役会長 Vichai Kulsomphob)(以下「サハ・パタナ・インター・ホールディング」)およびサハ東急コーポレーション(本社:タイチョンブリ、取締役社長 須山 真慈)(以下「サハ東急」)と、空飛ぶクルマ『SKYDRIVE(SD-05)』を活用したタイでの事業検討に関する覚書を締結したことを発表した。

覚書締結の背景

イメージ画像

タイでは、シラチャをはじめとする日系企業の工業団地への進出により、経済成長が促進されている。
その一方で、自動車による交通渋滞や排気ガスによる環境汚染が深刻な社会課題となっている。
これを受け、渋滞の緩和や環境への配慮から、多様な移動手段の活用が期待されている。

覚書締結後の展望

イメージ画像

本契約に基づき、SkyDrive社とサハ・パタナ・インター・ホールディングそしてサハ東急の3社は、今後タイのシラチャ、パタヤ、プーケットなどで空飛ぶクルマ『SKYDRIVE(SD-05)』を活用したユースケースを検討するとしている。
また、これらのユースケースを日本に逆輸入する事で、東急グループの街づくりにおけるエアタクシー事業の検討を行うなど、さらなる事業展開の可能性を模索しくとのこと。

サハ・パタナ・インター・ホールディングおよびサハ東急とは

サハ・パタナ・インター・ホールディングは、タイを代表する財閥であるサハ・グループの傘下企業である。
チョンブリ県シラチャ郡をはじめとする工業団地の開発や新規事業への投資を行い、工業団地内に小型機用の民間飛行場を備えている。

なお、サハ東急は、シラチャにおいて賃貸住宅を主とする不動産事業を行う、東急株式会社とサハ・グループとの合弁会社である。

代表コメント

イメージ画像

写真は、左からサハ東急 取締役社長 須山 真慈 氏、SkyDrive 代表取締役CEO 福澤 知浩 氏、サハ・パタナ・インター・ホールディング 最高経営責任者兼取締役会長 Vichai Kulsomphob 氏

SkyDrive社 代表取締役CEO 福澤知浩 氏コメント

この度、タイを代表する企業であるサハ・パタナ・インター・ホールディングおよびサハ東急と提携でき、大変嬉しく思います。
経済成長が著しいタイではありますが、自動車による交通渋滞やそれに伴う排気ガスによる環境汚染が深刻な社会問題となっています。
コンパクトでCO2を排出しないSKYDRIVEが、この社会課題の解決に寄与できると考えております。
今後、タイでの事業検討に向け、3社間で協議を進めてまいります。

サハ・パタナ・インター・ホールディング 最高経営責任者兼取締役会 Vichai Kulsomphob 氏コメント

当社は、工業団地開発業者として、公害を減らし、長期的な持続可能性を目指す技術開発を推進しています。
これまで日系企業は、タイ各地の工業団地に生産拠点を拡大しました。
その結果、輸送部門が成長し、燃料消費量が大幅に増加、それと同時に、輸送やロジスティクスにおける環境への懸念も引き起こしていました。
そのため、環境負荷を大幅に削減しながら、より安全で、より便利で、より迅速な別の移動手段を模索していました。SkyDriveのゼロ・エミッションのeVTOLは、タイにおける環境負荷低減と事業拡大を実現できる可能性があると考え、当社、サハ東急、SkyDriveの3社による協業が実現しました。

サハ東急 取締役社長 須山 真慈 氏コメント

本年、創立10周年を迎える当社は、これまでサハグループと東急グループそれぞれの知見とノウハウを結集し、製造業を中心に日系企業の進出が進むタイ・シラチャにおける住環境の創造を目指して事業を行ってきました。
この度、世界が注目する新しいモビリティ形態である空飛ぶクルマを開発する日本のトップ企業SkyDriveとサハグループと共に、タイにおける事業検討に向けた協議を始められることを大変光栄に思います。
SkyDriveのような先端企業のタイへの進出を支援し、新たな産業により集う人々への不動産サービスの提供を含め、地域を一層活性化させることに尽力し、タイの地域社会、経済に貢献していけると信じています。

———-

出典

関連記事

ソリトン社とACSL社、ドローン映像の更なる活用を目指して連携。販売パートナー契約の締結を発表

株式会社ソリトンシステムズ(代表取締役社長: 鎌田理)(以下、ソリトン社)と株式会社ACSL(代表取締役CEO: 鷲谷聡之)(以下、ACSL社)は、販売パートナー契約を締結を発表。 ドローン映像の伝送・共有に関するサービスと製品の提供を強化するため連携を推進していく事を発表した。

  yoshi

協和産業、大阪府貝塚市にて台数による表現の違いもチェックできるドローンショーデモフライトを7月29日に実施する事を発表。

株式会社協和産業(所在地:大阪市浪速区大国、代表取締役 林 万起子)(以下、協和産業)は、ドローンショーの新規サービス開始に伴い、2024年7月29日(月)に大阪府貝塚市にある「貝塚市立ドローン・クリケットフィールド(大阪府貝塚市橋本1517)にて『PRドローンショー』のデモンストレーション飛行を行うことを発表した。

  yoshi

TOMPLA社、ドローン運用の一元管理ができる業務管理アプリケーション『PILOT Data』のサービス開始を発表

TOMPLA株式会社(社長:藤本 高史、本社:新潟市中央区)(以下「TOMPLA社」)は、ドローンパイロット業務管理アプリケーション『PILOT Data』の提供を2024年7月17日より開始したことを発表した。

  yoshi

「空飛ぶクルマ」運航を目指す。SkyDrive社とJR九州が連携協定締結

株式会社SkyDrive(以下「SkyDrive社」)と九州旅客鉄道株式会社(以下「JR九州」)は、SkyDrive社が開発する「空飛ぶクルマ」の社会実装を目指し、九州エリアにおける空飛ぶクルマを用いた事業の成立可能性の検討を行うことを目的とした連携協定を締結したことを発表した。

  yoshi

KDDIとJAL、遠隔操縦者1名でドローン3機を同時運航することに成功したことを発表

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:髙橋 誠、以下 KDDI)、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長、グループCEO:鳥取 三津子、以下 JAL)は、2024年5月15日に埼玉県秩父市吉田地区において、1名の操縦者が都内より遠隔操縦の上、ドローン3機体を同時運航して防災用品・食品を配送する実証(以下 本実証)を行い、成功した事を発表しました。

  yoshi