ドローンの国家資格制度とは?費用や取得方法を解説!飛ばすのに資格は必要ではない?

ドローンの国家資格制度の開始

イメージ画像
2022年12月5日から、無人航空機の操縦者技能証明制度(操縦ライセンス制度)が国家資格として開始されました。これにより、ドローンの操縦を行うためには国家資格の取得が必要になりました。

国家資格制度が開始した背景

従来はドローンの操縦には民間資格が存在しました。しかし、民間資格はあくまで資格であり、免許ではありませんでした。それに対して、国家資格は技能証明であり、ドローンの操縦を許可するものです。この制度が導入された背景には、ドローンの増加に伴って発生する事故や問題の防止・解決が挙げられます。国家資格制度は、ドローンの操縦者が一定の技術・知識を有していることを保証するために導入されました。

国家資格制度と民間資格の違い

国家資格制度と民間資格の最大の違いは、ドローンの操縦を許可するかどうかという点です。国家資格は技能証明であり、免許と同じようにドローンの操縦を許可するものです。一方、民間資格はあくまで資格であり、免許ではありません。民間資格を取得した場合でも、ドローンの操縦は法的には制限される可能性があります。そのため、ドローンを業務として行う場合や一定以上の制限を受けないためには、国家資格の取得が必要になります。

国家資格制度の種類

ドローンの国家資格制度には、一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士の2つの資格が存在します。

一等無人航空機操縦士

一等無人航空機操縦士とは、ドローンを専門的に操縦できると認められる国家資格です。この資格を取得するためには、一定の基準を満たし、学科試験と実地試験を合格する必要があります。一等無人航空機操縦士の資格を持つことで、プロフェッショナルなドローンパイロットとしての活動が可能になります。また、一等無人航空機操縦士は、一般的なドローン飛行の範囲や制限を超えた特別な飛行を行うことができる特典もあります。

二等無人航空機操縦士

二等無人航空機操縦士は、一等無人航空機操縦士よりも低いレベルの国家資格です。この資格を取得するには、一等無人航空機操縦士の要件を満たす必要がありますが、より簡易な学科試験と実地試験で合格することが求められます。二等無人航空機操縦士の資格を持つことで、一般的なドローン飛行を行うことができますが、一等無人航空機操縦士と比べて特別な飛行を行うことは制限されます。どちらの資格も、国家資格制度のもとに専門的な知識と技術を身につけたドローンパイロットへの認定をするものです。資格の取得は、ドローンの安全な運航や法的遵守を促進する一環として位置づけられています。

国家資格の取得方法

ドローンの国家資格を取得するためには、試験を受ける必要があります。試験の申し込み方法や試験の内容についてご説明します。

試験の申し込み方法

国家資格の試験は、指定試験機関で行われます。試験を受けるためには、まず指定試験機関の試験案内サイトや申込書を参照し、試験の日程や申し込み方法を確認する必要があります。

一般的には、オンラインでの申し込みが可能です。試験の日程や会場などを選択し、必要な情報を入力して申し込みます。申し込み期間や受験料の支払い方法などは、試験案内サイトや申込書に記載がありますので、そちらを参考にしてください。

試験の内容

ドローンの国家資格試験は、学科試験と実地試験の2つから構成されています。学科試験では、ドローンに関する知識や法規制、飛行機の基本的な知識などが出題されます。試験範囲や出題形式については、指定試験機関の試験案内サイトで事前に確認しておくことが重要です。実地試験では、実際にドローンを操作する技術や飛行メソッドが評価されます。試験内容としては、テイクオフやランディング、安全な飛行操作などが含まれます。実地試験は、個別にスケジュールが組まれ、指定試験機関で行われます。

試験の難易度や合格基準は厳しく設定されており、十分な学習とトレーニングが必要です。試験勉強のためには、過去問や解説書、ドローンスクールでの受講などを活用することをおすすめします。

以上がドローンの国家資格取得の試験の申し込み方法と内容の概要です。詳細な情報は指定試験機関の試験案内サイトや関連情報を参考にしてください。

国家資格取得のためのドローンスクール・教習所

イメージ画像
国家資格であるドローン操縦士の取得を目指す場合、専門のドローンスクールや教習所での受講が必要です。ここでは、ドローンスクールや教習所の選び方と、受講の流れについて解説します。

ドローン教習所の選び方

適切なドローン教習所を選ぶためには、以下のポイントに注意することが重要です。

  1. 認定された教習所かどうかを確認する:国家資格を取得するためには、指定された教習所での受講が必要です。国家資格を発行できる教習所であることを確認しましょう。
  2. カリキュラム内容を確認する:各教習所ごとにカリキュラムや受講料、受講時間などが異なることがあります。自分の学習スタイルや予算に合わせて選ぶことが大切です。
  3. 実績や評判を確認する:過去にどれだけの人が国家資格を取得したのか、受講生の声や口コミはどうかなど、実績や評判を調査しましょう。
  4. アフターサポートの充実度を確認する:資格取得後もサポートが受けられるかどうかは重要です。ドローン教習所ごとにアフターサポートの内容や期間が異なるため、確認しておきましょう。

ドローン教習の流れ

ドローン教習の流れは教習所によって異なることがありますが、一般的な流れを以下に示します。

  1. 受講の申し込み:希望する教習所に申し込みを行います。インターネットや電話などでの申し込みが可能です。
  2. 学科教習の受講:ドローンの基礎知識や安全な飛行方法、航空法の理解などを学ぶ学科教習を受講します。
  3. 実地教習の受講:実際にドローンを操作する技術や安全な飛行方法を習得するため、実地教習を受講します。操縦技術の向上を目指します。
  4. 試験の受験:教習が終了したら、ドローンの国家試験を受験します。試験の申し込みや合格基準は各教習所や試験機関の指定に従って行います。
  5. 資格取得:試験に合格し、指定試験機関からドローン操縦士の国家資格を取得することができます。

ドローンの国家資格取得は取得費用もかかるため、十分な準備や学習計画を立てることが重要です。また、スクール選びや受講の流れを把握することで、効率的に国家資格を取得することができます。

国家資格取得の費用

国家試験の受験費用

ドローンの国家試験には受験費用がかかります。受験費用は、試験を実施する指定試験機関によって異なりますので、事前に試験案内サイトなどで確認してください。

一般的に、国家試験の受験費用は数万円程度になります。この費用は試験の運営費や試験監督者の人件費などに充てられます。

また、試験には一度の受験機会が含まれており、不合格だった場合でも再受験するための費用は別途かかります。

ドローン教習の費用

国家資格を取得するためには、ドローン教習を受講する必要があります。ドローン教習の費用は、教習所やスクールによって異なりますので、事前に料金を確認しておきましょう。

ドローン教習の費用は、教習内容や受講時間によって変動します。一般的に、数十万円から数百万円程度の費用がかかる場合が多いです。

なお、教習の費用には教材費や実地訓練費、講師の料金などが含まれています。また、宿泊や交通費などの経費も別途かかる場合がありますので、予算を考慮して計画を立てましょう。

以上が国家資格取得の費用に関する情報です。費用は資格取得にかかる費用全体の一部ですので、詳細な費用については試験機関や教習所に直接問い合わせることをおすすめします。

国家資格取得のメリット

ドローンの国家資格取得には、以下のようなメリットがあります。

資格取得後の可能性

ドローンの国家資格を取得することで、操縦者としての信頼性と経験が証明されます。この資格は法的な基準をクリアし、操縦者としての能力を証明するものなので、ドローン関連の仕事やプロジェクトにおいて優先的に選ばれる可能性が高まります。また、一定の技術要件を満たすことで、航空機の非常事態時や、取材などの特別な用途での利用が許可される場合もあります。

資格取得が必要となるシーン

国家資格取得は、操縦者がドローンを飛ばすために必須ではありませんが、一部のシーンでは資格取得が求められる場合があります。たとえば、公共の場でのドローンの飛行や商業利用での活動、特定のイベントや撮影現場での操縦、救急・災害時の支援活動などでは、国家資格を持つ操縦者が優先的に採用される傾向があります。また、近年の法改正により、ドローンを使用した商業利用において国家資格取得が必要な場合も増えてきています。資格取得によって、これらの機会に参加することができるでしょう。

ドローンの飛行に資格は必要ありません。ドローンの国家資格制度が開始されたからといって、一般の方がドローンを飛ばす際に資格が必要というわけではありません。
国家資格制度は、ドローンの操縦技術を持つプロフェッショナルを育成するための制度です。つまり、ドローンでの仕事をするために国家資格を取得する必要がありますが、趣味としてドローンを飛ばす場合には資格は不要です。
国家資格制度が始まった背景には、ドローンの普及に伴い、安全な飛行やルールの遵守が重要視されるようになったことが挙げられます。国家資格取得者は、法的な遵守や信頼性の向上に貢献し、安全なドローンの利用環境を築く役割を果たします。

しかし、国家資格制度に関わらず、ドローンを飛ばす際には航空法や地方自治体の条例などの規制を遵守する必要があります。また、ドローンの安全な飛行には基本的な技術や知識が求められますので、初心者の方はドローンスクールや教習所で基礎的な知識や技術を学ぶことがおすすめです。
ドローンの国家資格取得は、ドローンでのプロの仕事を目指す方にとって有利なスキルとなるでしょう。しかし、趣味としてドローンを飛ばすためには国家資格は必要ありませんので、ご安心ください。

関連記事

和歌山のドローンスクールに新コース!株式会社IWAMOTO『イワモトドローンスクール』で二等無人航空機操縦士講習の受付開始

コースの概要 ■受講資格 対象年齢:満16歳以上 航空法執行規則別表6に定める身体検査基準に適合すること 航空法132条の45第2項及び第3項の欠格事由に該当しないこと 登録申請システムによる「技能証明申請者番号」を取得 […]

  yoshi

沖縄県(那覇市以外)でのドローンスクール12選を紹介!料金比較や受講内容についても解説

沖縄県(那覇市以外)にあるドローンスクール12選をご紹介。 ドローンスクールでは、ドローンの基本的な操作から高度な技術、法規制に関する知識まで、専門的な学習ができます。本記事では、スクールの場所や受講料金、取得できる資格 […]

  ドローンガイド編集部

沖縄県那覇市でのドローンスクール6選を紹介!料金比較や受講内容についても解説

沖縄県那覇市にあるドローンスクール6選をご紹介。 ドローンスクールでは、ドローンの基本的な操作から高度な技術、法規制に関する知識まで、専門的な学習ができます。本記事では、スクールの場所や受講料金、取得できる資格について解 […]

  ドローンガイド編集部

秋田県でのドローンスクール12選を紹介!料金比較や受講内容についても解説

秋田県にあるドローンスクール12選をご紹介。 ドローンスクールでは、ドローンの基本的な操作から高度な技術、法規制に関する知識まで、専門的な学習ができます。本記事では、スクールの場所や受講料金、取得できる資格について解説し […]

  ドローンガイド編集部

佐賀県でのドローンスクール8選を紹介!料金比較や受講内容についても解説

佐賀県にあるドローンスクール8選をご紹介。 ドローンスクールでは、ドローンの基本的な操作から高度な技術、法規制に関する知識まで、専門的な学習ができます。本記事では、スクールの場所や受講料金、取得できる資格について解説して […]

  ドローンガイド編集部