ドローンの使い道9選!活用の具体例やメリットを紹介

ドローンの使い道は、空撮だけではありません。点検や警備、調査など、さまざまな分野において今後の活躍が期待されています。本記事ではドローンの主な使い道や、ドローンを活用するメリットについて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【分野別】ドローンの使い道9選

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの使い道を分野別に紹介します。点検や警備、調査などさまざまな分野で活躍しているドローンの主な使い道は、以下の通りです。

 

  1. 空撮
  2. 警備
  3. 点検
  4. 調査
  5. 計測
  6. 物流
  7. 農業
  8. 軍事利用
  9. スポーツ

 

1. 空撮

イメージ画像

https://pixta.jp

 

カメラが搭載された撮影用のドローンを使用して、空からの視点で映像を取ることが可能です。ドローンを使った空撮では、通常のカメラが入れない場所や上空からの動画を撮影でき、貴重な映像を収められる点がメリットです。

2. 警備

イメージ画像

https://pixta.jp

 

自律飛行のドローンを用いて、特定の施設内に不審者や異常がないかを監視することが可能です。センサーが感知した情報をもとに、トラブルが発生した際には現場に駆けつけます。

 

ドローンに不審者拘束する能力はありませんが、車のナンバープレートや不審者の容姿などをカメラに収められるので、犯人の特定や証拠を押さえるのに役立ちます。

3. 点検

イメージ画像

https://pixta.jp

 

カメラや赤外線調査機器などを搭載した点検用のドローンを使えば、危険な場所に人が出入りせずとも点検が可能です。特に建設業における活躍場面は多く、橋や道路、鉄道などのインフラのほか、一般的な屋根や建物の点検にも使われます。

4. 調査

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンは、人が立ち入れないような場所の調査にも活用されています。

 

・生態調査

・火災調査

 

それぞれ紹介します。

生態調査

ドローンを自律飛行させ、野生動物の生息エリアや数を調査。調査範囲を撮影して、大型獣による農作物や獣害の被害防止をおこなっているところもあります。

災害調査

小回りのきくドローンは、災害時にもとても重宝します。被害状況の確認はもちろんのこと、空撮を使って被害者を発見することも可能。また、赤外線カメラや電波などを使った捜索にも貢献しています。

5. 計測

イメージ画像

https://pixta.jp

 

特定の土地の広さや高さを測る測量作業は土木工事や建築業で欠かせない仕事の1つですが、人力ではとても手間のかかる作業でもあります。これまでは測量機器を使って人力で測量をおこなうのが一般的でしたが、最近では徐々にドローンが活用されるようになりました。

 

6. 物流

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンは荷物を載せて飛行することも可能なので、物流の分野においても活躍しています。中でも広く知られているのは「医療品の配達」と「過疎地への配達」です。

医療品の配達

医療品の配送では、緊急時でも医療品を届けられるように、物流網の構築がおこなわれています。また、オンライン診療との連携による医薬品の配達なども注目を集めています。

過疎地への配達

配達員の負荷が大きく、1軒当たりの配達が高コストになりがちな過疎地域を中心に、ドローンを使った配達がおこなわれています。

 

7. 農業

 

イメージ画像

 

https://pixta.jp

 

農業では、主に上空から農薬や肥料を散布する用途に活用されています。農業用ドローンはカメラの位置を変更できたり、自律操縦システムが搭載されていたりと、高性能なものも多いです。

 

また、農作物の生育状況のモニタリングとしても活用されています。

 

8. 軍事利用

イメージ画像

https://pixta.jp

 

産業用ドローンが普及するようになる以前から、ドローンはもともと軍事利用を目的に開発されてきました。軍事用として使われるドローンは、飛行距離が長く、サイズも小型ではなく飛行機型が使われる傾向にあります。

9. スポーツ

イメージ画像

https://pixta.jp

ドローンをスポーツとして楽しむ使い道もあります。ドローンで知られている主なスポーツは、以下の通りです。

 

・ドローンサッカー

・ドローンレース

・ドローンファイト

ドローンを使う主なメリット

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ここからは、ドローンを使う主なメリットについて紹介します。

 

・人が入れない場所へ進入できる

・固定翼機よりも綺麗な空撮が撮れる

・人力作業よりも低コスト

人が入れない場所へ進入できる

 

人が入れない場所へ進入できるところは、ドローンを使用する大きなメリットの1つ。人が立ち入れないような危険な場所であっても、ドローンを飛ばすことさえできれば、状況確認や調査、点検、計測などさまざまな情報を手に入れられます。

綺麗な空撮が撮れる

美しい映像が撮れるのも大きなメリットです。従来の空撮と比較して、ドローンはコストが低いながらもハイクオリティの高画質で美しい空撮を撮影できます。

 

人力作業よりも低コスト

また、人力作業よりも低コストで済む点もメリットの1つ。金銭的なメリットはもちろんのこと、農業散布などでは、人力とは比べ物にならないほど作業を効率化してくれます。

ドローンにはさまざまな使い道がある!今後の活躍に期待

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの使い道やドローンのメリットを紹介しました。ドローンは人が入りづらい場所にも侵入できるほか、綺麗な空撮が撮れたり、人力よりも低コストであったりとメリットがたくさん。また、さまざまな使い道があり、今後ビジネス分野でも広く普及していく可能性があります。

関連記事

非破壊検査にドローンを活用するメリットとは?実施するポイントも紹介

空撮や農薬散布、配達などさまざまな用途で使用されるドローンですが、非破壊検査にもおすすめです。本記事では、非破壊検査でドローンを活用するメリットについて紹介します。さらにドローンによる非破壊検査を実施する際のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンの農薬散布って実際需要があるの?実際に農薬散布を行っているプロに聞いてみた

農薬散布も手掛けるドローンスクール「Bestドローンスクール」 今回お話をお伺いしたのは、愛媛県と香川県でドローンスクールを展開し、実際に農薬散布事業も行っている「BESTドローンスクール」代表の尾花さん。ドローンにおけ […]

  楠本達也

ドローンの世界的に有名なメーカーは?市場規模や現状を解説

ドローンの世界的に有名なメーカーや市場規模、事業の現状を解説します。市場規模が広がり続けているドローン業界の現状を知ることで、事業への導入を検討してみてください。世界各国から注目されているドローンについて、本記事を通して学んでみましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンマーケティングの概要と活用シーン|注目される理由についても解説

本記事では、ドローンマーケティングの概要や活用シーンについて解説。さらにドローンマーケティングが注目される理由と効果的に行う方法についても紹介します。ドローンを活用した販促活動を検討している企業の担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンがゴルフ業界で注目されている理由とは?具体的な活用シーンも紹介

さまざまな業界で活躍しているドローン。産業用ドローンはゴルフ業界でも有効活用されています。本記事では、ゴルフ業界でドローンが注目されている理由や、具体的な活用シーンをピックアップしてわかりやすく紹介。ドローンとゴルフに関するよくある質問と答えも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部