DJIが長距離配送を実現する物流用ドローン「FlyCart 30」の販売開始!最大積載30㎏!最長航続距離16㎞!

中国発の有名ドローンメーカー「DJI」が新たな製品として、同社初の物流用ドローンの販売開始を発表し、話題になっています。

今回発表された「FlyCart 30」について詳しくみていきましょう。

配送用途が多様な「FlyCart 30」

これまでの配送用ドローンはその用途に分けて製品も分かれるケースが多かったですが、今回DJIが発表した「FlyCart 30」は、その大きなメリットとして様々な配送用途に1機種で対応できるということが挙げられます。

具体的には

  • 容量(デュアルバッテリー使用中の最大積載量は30kg/シングルバッテリーで運用する場合は、最大積載量は40kg)
  • 配送距離(最大航続距離16km)
  • 配送シチュエーション(例えば山岳や海上など)

など、多様な用途で使用が可能な物流用ドローンとなっています。

その他にも安全性への高いこだわりや専用アプリでの運用円滑化についても発表されています。

用途に合わせた2つのモード

「FlyCart 30」には用途に合わせ貨物モードとウインチモードの2種類のモードが搭載されています。

貨物モード

イメージ画像

貨物モードでの利用では本体下部にカーゴケースが設置されており、この中に様々な荷物を入れ運ぶことが可能です。

 

ウインチモード

イメージ画像
こちらのモードでは、荷物を吊るすことが可能で、機体が安定して着陸できない場合などでも、荷物だけをウインチで降下させることが可能で、輸送の幅が広がります。

また、ウインチモードでは、万が一ウインチが障害物に絡まってしまった時などの為に、ウインチを自ら焼き切る機能も搭載されているそうです。

 

「FlyCart 30」の発表で、実際の物流配送シーンでの活用はもちろん、人命救助や災害時の物品輸送など、多様なシーンでの活用が期待されることは間違いないでしょう。

これからの同社の動きに更に注目が集まります。

関連記事

スマホでドローン操縦をするメリットとは?おすすめの機体や注意点も紹介

ドローンの操縦と聞くと、コントローラーでの操作をイメージする方がほとんどでしょう。しかし機体によっては、スマホでの操縦が可能です。本記事では、スマホでドローン操縦をするメリットについて解説!さらに、おすすめの機体や注意点についても紹介します。

  ドローンガイド編集部

テラドローン、自社開発の国産UAVレーザの新製品「Terra Lidar Dual」「Terra Lidar R」発売

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下 テラドローン)は、自社開発の国産UAVレーザ『Terra Lidar』シリーズとして『Terra Lidar Dual(以下、TLD)』と『Ter […]

  yoshi

最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO202 […]

  yoshi

DJIが全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』を発表

DJI JAPAN株式会社が、2024年5月17日に新商品として全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』の発表をしました。 『Zenmuse H30T』と『Zenmuse H30 […]

  yoshi

ドローンの機体認証とは?やり方・種類・型式認証との違いも解説

ドローンの機体認証について、やり方や種類、型式認証との違いについて解説します。機体認証にかかる費用やよくある質問についてもまとめているので、ドローンの機体認証を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部