有線ドローンの特徴とメリットとは?実際の活用シーンについても解説

有線ドローンはケーブルとつながっており、有線であることからさまざまなメリットがあります。本記事では有線ドローンの特徴やメリット、実際の活用シーンについて解説します。これからドローンを事業に活用している方に役立つ内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

有線ドローンとは

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

有線ドローンとは、ケーブルで給電しながら長時間飛行できるドローン。光ファイバーケーブルもつながっているため、リアルタイムで高画質動画が転送できるのが特徴です。

有線ドローンのメリット

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

有線ドローンの以下のメリットについて解説します。

  • 一般的なドローンより大幅に飛行時間が長い
  • ケーブルが30mの場合飛行申請が簡略化できる

一般的なドローンより大幅に飛行時間が長い

一般的なドローンの飛行時間は30分〜50分前後(※)であるのに対し、有線ドローンは24時間飛行できるものもあるため、長時間の飛行が可能。飛行時間の長さを活かして、さまざまな事業への活用が期待できます。

”株式会社セキド公式HP”参照

 

ケーブルが30mの場合飛行申請が簡略化できる

接続されているケーブルが30mの場合、手間のかかる飛行許可申請が免除されるメリットがあります。国土交通省によると十分な強度を有するワイヤーや紐(30m以内)で係留した飛行で、飛行可能な範囲内への第三者の立入管理等の措置を行えば一部の許可・承認が不要になります。(※)

”国土交通省公式HP”参照

有線ドローンの活用シーン

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

有線ドローンの代表的な活用シーンは以下の通りです。

  • イベントでの撮影
  • 警備・監視
  • 建設現場での点検
  • 災害現場での活用

人が立ち入ることができない場所の撮影や、高所からの視点を活かした映像制作や監視に活用されています。

販売が発表されている有線ドローンの紹介

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

販売が発表されている以下の有線ドローンについて紹介します。

  • HOVER EYE
  • エアロボオンエア

HOVER EYE

HOVER EYEはタブレットのみで操作できる簡易的な操作感と接続ケーブルの長さ(30m)による飛行申請の簡略化を実現した、有線ドローンです。タブレットによる直感的な操作感により、1人でも現場の定点観測が行いやすい仕様になっています。

有線長(最大) 30m
機体寸法 (W)809mm x (D)809mm x (H)152mm
重量 24.6kg
飛行時間 24時間
供給電源 AC100V/15Aコンセント
上昇速度 1m/sec
カメラ 光学ズームカメラ・熱画像カメラ※選択可能

AileLinX公式HP

 

エアロボオンエア

エアロボオンエアは光ファイバーの複合ケーブルによって、4K映像をリアルタイムに配信できる有線ドローンです。30倍までズーム可能な高性能なカメラやIP43の防塵・防滴性能を搭載しており、さまざまなシーンの撮影に活用できます。

有線長(最大) 要問合せ
機体寸法(プロペラガード装着時) 939 x 939 x 450 mm
最大速度 18km/h
最大飛行時間 8時間
飛行可能風速 10m/s以下
動作環境温度 -10~40℃(バッテリー除く)
センサー GNSS, 加速度/角速度/地磁気(各3軸), 気圧
防塵性 IP4x相当
防水性 IPx3相当

AeroSence公式HP

 

有線ドローンの今後の活用に期待

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

飛行時間が長い有線ドローンは、事業での用途のほかに災害時の救助への活用が進められています。スマホの電波を受信して遭難者を捜索するシステムの開発が発表されており、今後の活用が期待できます。ケーブルの長さを制限することで飛行申請を簡略できるメリットもあるため、これからドローンを導入しようと検討している方は本記事を参考にしてみてください。

関連記事

スマホでドローン操縦をするメリットとは?おすすめの機体や注意点も紹介

ドローンの操縦と聞くと、コントローラーでの操作をイメージする方がほとんどでしょう。しかし機体によっては、スマホでの操縦が可能です。本記事では、スマホでドローン操縦をするメリットについて解説!さらに、おすすめの機体や注意点についても紹介します。

  ドローンガイド編集部

テラドローン、自社開発の国産UAVレーザの新製品「Terra Lidar Dual」「Terra Lidar R」発売

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下 テラドローン)は、自社開発の国産UAVレーザ『Terra Lidar』シリーズとして『Terra Lidar Dual(以下、TLD)』と『Ter […]

  yoshi

最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO202 […]

  yoshi

DJIが全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』を発表

DJI JAPAN株式会社が、2024年5月17日に新商品として全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』の発表をしました。 『Zenmuse H30T』と『Zenmuse H30 […]

  yoshi

ドローンの機体認証とは?やり方・種類・型式認証との違いも解説

ドローンの機体認証について、やり方や種類、型式認証との違いについて解説します。機体認証にかかる費用やよくある質問についてもまとめているので、ドローンの機体認証を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部