自律型ドローンとは?導入するメリットを解説!

ドローンには人間が手を動かさなくても自動で飛行してくれる自律型ドローンと呼ばれる種類があります。便利である一方で、一般的なドローンと比べてデメリットも存在するため、導入する際は慎重に判断しなければいけません。本記事では、自律型ドローンについて詳しく解説します。

自律型ドローンとは?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

自立型ドローンとは、操作をしなくても自動的に飛行をしてくれるドローンです。事前にプログラミングを組んでおき、その内容に従って決められた箇所を繰り返し飛行します。

 

基本的にドローンは人間が操作しなければ飛行できませんでした。自律型ドローンは、今までの概念を覆す画期的な商品になっているといえるでしょう。

 

自律型ドローンのメリット

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

自律型ドローンには以下のメリットがあります。

 

  • 人件費の削減に繋がる
  • 危険地帯への飛行がしやすい
  • 操作ミスを防止しやすい

 

それぞれ詳しく解説します。

 

人件費の削減に繋がる

プログラミングさえ組んでしまえば、ドローンの操縦に人手を割く必要がありません。そのため、人件費の削減に繋がります。特にドローンを複数台運用している場合は、自律型ドローンに切り替えるメリットが大きいといえるでしょう。

 

危険地帯への飛行がしやすい

ドローンの操縦者はある程度ドローンに近い場所にいなければいけません。そのため、危険地帯でドローンを操縦する際は、操縦者にもある程度のリスクがありました。しかし、自律型ドローンであれば操縦者が必要ないため、より安全にドローンを飛行させることができます。

 

操作ミスを防止しやすい

一般的なドローンは人間が操作するため、操作ミスが起こる可能性があります。しかし、正しくプログラミングされたドローンであれば、操作ミスが起こる心配はほとんどありません。一般的なドローンと比べると、運用するリスクが少ない点もメリットといえるでしょう。

 

防犯対策として活用できる

一般的なドローンは操作している間しか、飛行させることができません。しかし、自律型ドローンは規定のルートを巡回させることが可能なため、防犯対策としての利用が可能です。実際に果樹園で盗難対策としてドローンが運用されている事例があり、今後もこのような使い方は一般的になっていくといえるでしょう。

 

自律型ドローンのデメリット

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

自律型ドローンはメリットがある一方で、デメリットもあります。

 

  • 思わぬトラブルを生む可能性がある
  • 維持費用がかかる
  • 導入コストが高い

 

それぞれ詳しく解説します。

 

思わぬトラブルを生む可能性がある

自律型ドローンは人間が常に管理し続けることができないため、思わぬトラブルを生む可能性があります。プログラムが間違っていて誤動作を引き起こしたり、誤ったルートを飛行してしまったりするかもしれません。高度なプログラミング技術がないと、運用は難しいでしょう。

 

維持費用がかかる

自律型ドローンは継続して飛行し続けるために利用されます。必要なタイミングで飛行させる一般的なドローンとは異なり、維持費用が高額になりやすい点はデメリットといえるでしょう。他にもドローンが自律して飛行するために充電ポートを設置したり、障害物を排除したりしなければいけない場合は、さらに費用がかさんでしまいます。

 

導入コストが高い

一般的なドローンと比べると、自律型ドローンは導入コストが高い傾向にあります。そのため、まだドローンを運用したことのない方は、一般的なドローンから導入を検討するのがおすすめです。一般的なドローンを運用した上で、操縦にかかる手間や人的コストが気になる場合は、自律型ドローンを導入しましょう。

 

自律型ドローンがおすすめな会社の特徴

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

自律型ドローンがおすすめな会社の特徴は以下の通りです。

 

  • 毎日特定のエリアのチェックが必要
  • 高所作業が多い

 

それぞれ詳しく解説します。

 

毎日特定のエリアのチェックが必要

自律型ドローンは決まった箇所を繰り返し飛行するために用いられます。そのため、毎日特定のエリアのチェックが必要な場合は、導入する価値が高いといえるでしょう。しかし、数箇所だけチェックしなければいけない場合は、人間が行った方が効率が良い場合もあります。

 

数十箇所をチェックしなければならず、膨大な手間がかかる場合は、導入することで業務効率化につながるでしょう。

 

高所作業が多い

高所作業が多い場合は、万が一の事故を減らすために自律型ドローンの導入がおすすめです。特に高所で毎日のようにチェックをしなければいけない箇所がある場合は、自律型ドローンを導入する価値が高いといえるでしょう。

 

自律型ドローンの取り扱いは難しい

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

自律型ドローンが普及すれば、人件費の大幅な削減に繋がる可能性があります。労働生産性も向上するため、今まで以上の利益を追求することもできるかもしれません。一方で、取り扱いが難しい側面もあるため、今後の技術向上に期待しましょう。ぜひ、本記事を参考に自律型ドローンの導入を検討してみてください。

関連記事

スマホでドローン操縦をするメリットとは?おすすめの機体や注意点も紹介

ドローンの操縦と聞くと、コントローラーでの操作をイメージする方がほとんどでしょう。しかし機体によっては、スマホでの操縦が可能です。本記事では、スマホでドローン操縦をするメリットについて解説!さらに、おすすめの機体や注意点についても紹介します。

  ドローンガイド編集部

テラドローン、自社開発の国産UAVレーザの新製品「Terra Lidar Dual」「Terra Lidar R」発売

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下 テラドローン)は、自社開発の国産UAVレーザ『Terra Lidar』シリーズとして『Terra Lidar Dual(以下、TLD)』と『Ter […]

  yoshi

最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO202 […]

  yoshi

DJIが全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』を発表

DJI JAPAN株式会社が、2024年5月17日に新商品として全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』の発表をしました。 『Zenmuse H30T』と『Zenmuse H30 […]

  yoshi

ドローンの機体認証とは?やり方・種類・型式認証との違いも解説

ドローンの機体認証について、やり方や種類、型式認証との違いについて解説します。機体認証にかかる費用やよくある質問についてもまとめているので、ドローンの機体認証を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部