ドローンビジョンセンサーとは?機能のメリットと注意点を紹介

ドローンビジョンセンサーとは、機体に備わっている一種のセンサー機能。ドローンが安定した飛行や、機体のバランスを保つにはさまざまなセンサー機能が備わっているからです。本記事では、ドローンビジョンセンサーの特徴について解説!さらに、備わっているメリットや注意点についても紹介します。

ドローンのビジョンセンサーとは?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのビジョンセンサーとは、超音波センサーと画像データなどを使ってドローンと対象物との距離を測るシステムのことです。ビジョンセンサーが備わっていることで機体の位置や姿勢を安定させたり、障害物を回避したりできます。

 

ビジョンセンサーロボットや検査装置などにも内蔵されており、障害物への衝突を回避するにはおすすめの機能です。

 

ドローンのビジョンセンサーのメリット

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンビジョンセンサーが備わっていることで、いくつかメリットがあります。システムが備わっていない機体よりも、飛行性能が向上しやすくなるでしょう。

 

高度の維持がしやすい

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのビジョンセンサーのメリットは、高度の維持がしやすいところです。音波センサーや画像データなどを元に、地面や障害物からの距離を把握し一定の高度をキープできます。機体によってはかなりの性能を誇っているものもあるので、初心者の方でもホバリング操作なしでの飛行が可能でしょう。

 

操作のしやすさ

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

先ほども紹介した通り、ドローンのビジョンセンサーは一定の高度をキープしやすいため、操作性が向上しやすいです。ビジョンセンサーなしだと障害物との距離を自力で行わなけらばならないですが、ビジョンセンサーがあることで障害物の多いところでも安定した飛行がしやすくなります。

 

GPSなしでの飛行が可能

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンビジョンセンサーのメリットは、GPSなしでの飛行が可能なところです。GPS付きのドローンだと、受信環境によって飛行状況が左右されやすくなります。もしGPSが正常に機能しないと風に流され、場合によっては墜落するリスクがあるでしょう。

 

しかし、ドローンのビジョンセンサーの場合は、センサー機能によって地面や障害物との一定の距離が保たれやすいです。そのためGPSの受信環境が悪い屋内でも、ビジョンセンサーによりスムーズな飛行が行えます。

 

ドローンのビジョンセンサーを活用する際の注意点

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのビジョンセンサーは高度の維持のしやすさや操作のしやすさなど、さまざまなメリットがあります。しかしドローンのビジョンセンサーを活用する際は、いくつか注意点があり、誤った飛行の仕方をしてしまうと思わぬトラブルを起こしてしまうかもしれません。

では具体的に、どのような注意点に気を付けるべきなのか見ていきましょう。

 

ビジョンセンサー機能を過信しすぎない

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのビジョンセンサーが備わっているとはいえ、機能の過信のし過ぎは注意が必要です。対象物との距離が取れるとはいえ、万が一飛行中にシステムエラーが生じた場合は衝突する可能性があります。

 

そのためドローンを飛ばす際は、対象物とは一定の距離を保つようにしましょう。

 

衝突回避システムが備わっているとは限らない

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのビジョンセンサーは、必ず衝突回避システムが備わっているとは限りません。例えば、「DJI Avata 2」の場合、センサー機能が備わっていますが障害物回避機能が備わっていないのが特徴です。そのため誤った操作でドローンを飛ばしてしまうと、衝突する可能性があります。(※)

ドローンの種類によって衝突回避システムの有無が異なるので、飛ばす際は事前にチェックしましょう。

DJI 公式HP”参照

 

ビジョンシステムエラーが生じやすい

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンを飛ばす際、パソコンやアプリ上で「ビジョンシステムエラー」と表示される場合があります。これはセンサー機能に何らかの異常がある可能性があるため、飛行を控えるのが望ましいです。

 

エラーが表示される原因は、センサーのカメラに汚れが付着していたり、システム自体に異常が出ていたりとさまざまです。症状によっては、ビジョンキャリブレーションと呼ばれる作業で改善できる場合もあります。

 

しかしそれでも症状が改善されない場合は、ドローンを取り扱っているメーカーやDJIヘルプセンターなどに問い合わせてみてください。

 

ビジョンキャリブレーションの作業の詳細

 

DJIヘルプセンターの詳細

 

ビジョンセンサーでもドローンの安全飛行を心がけよう

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

本記事では、ドローンのビジョンセンサーについて解説しました。ビジョンセンサーが備わっているメリットは、飛行の安定のしやすさや操作のしやすさなどさまざま。しかし状況によってシステムエラーが生じる可能性もあるので、常に安全飛行を心がけることが必要です。ドローンのビジョンセンサーが備わっていても、安全な飛行をしましょう。

関連記事

スマホでドローン操縦をするメリットとは?おすすめの機体や注意点も紹介

ドローンの操縦と聞くと、コントローラーでの操作をイメージする方がほとんどでしょう。しかし機体によっては、スマホでの操縦が可能です。本記事では、スマホでドローン操縦をするメリットについて解説!さらに、おすすめの機体や注意点についても紹介します。

  ドローンガイド編集部

テラドローン、自社開発の国産UAVレーザの新製品「Terra Lidar Dual」「Terra Lidar R」発売

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下 テラドローン)は、自社開発の国産UAVレーザ『Terra Lidar』シリーズとして『Terra Lidar Dual(以下、TLD)』と『Ter […]

  yoshi

最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO202 […]

  yoshi

DJIが全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』を発表

DJI JAPAN株式会社が、2024年5月17日に新商品として全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』の発表をしました。 『Zenmuse H30T』と『Zenmuse H30 […]

  yoshi

ドローンの機体認証とは?やり方・種類・型式認証との違いも解説

ドローンの機体認証について、やり方や種類、型式認証との違いについて解説します。機体認証にかかる費用やよくある質問についてもまとめているので、ドローンの機体認証を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部