ドローンのプロジェクションマッピングとは?活用シーンや開催手順も紹介

ドローンのプロジェクションマッピングについて、具体的な活用シーンや費用内訳を解説します。記事の後半ではドローンのプロジェクションマッピングを開催する手順も詳しく紹介。企業のイベントやプロモーションとしてプロジェクションマッピングを検討している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンのプロジェクションマッピングとは?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのプロジェクションマッピングとは、何十〜何百以上ものドローンを飛ばし、イラストやアニメーション、ロゴなどのショーを行うコンテンツのことです。

 

ライトを搭載したドローンをプログラムにより動かすことで、さまざまな形に変形させたり、上空に絵を描いたりできます。

ドローンのプロジェクションマッピングの活用シーン

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ここからは、ドローンのプロジェクションマッピングの具体的な活用シーンを紹介します。

 

  • イベント
  • 企業プロモーション
  • ライブ・コンサート

 

それぞれ見ていきましょう。

イベント

イベントでは、ドローンのプロジェクションマッピングが使用されることが多いです。例えば、屋外の夜間イベントがイメージしやすいでしょう。

 

ドローンのプロジェクションマッピングと花火がコラボしたり、お城や建物を背景にドローンショーが行われたりと、華やかな雰囲気になります。ドローンのプロジェクションマッピングには高額の費用がかかるため、大々的なイベントで用いられるケースが多いでしょう。

 

企業プロモーション

企業のプロモーションとしてドローンを活用することもあります。例えばドローンのプロジェクションマッピングで企業ロゴやブランドロゴを映し出せば、多くの人の目に留まる広告として活用可能です。

 

ほかにもQRコードを表示させたり、プロモーション動画の演出として活用したりと、アイデア次第でさまざまな用途で活用できます。

ライブ・コンサート

ライブやコンサートの演出の一環としてドローンが用いられることも。

 

ライブやコンサートでは、ステージを盛り上げるための演出としてレーザーやイルミネーションなど、さまざまな技術が用いられています。そこにドローンをコラボさせることで、よりユニークで華やかな演出となるのです。

 

ドローンのプロジェクションマッピングにかかる費用は?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのプロジェクションマッピングにかかる費用は、イベントの規模や依頼先の会社によって大きく異なります。

 

そのため、あくまで目安になりますが、100機程度の規模であればおおよそ500万円前後は見ておく必要があるでしょう。

 

ドローンのプロジェクションマッピングを開催する手順

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

最後に、ドローンのプロジェクションマッピングを開催する手順を紹介します。

 

  1. イベント内容を企画する
  2. 請負会社を探す
  3. イベント内容を決める
  4. 告知する
  5. イベントを開催する

 

それぞれ見ていきましょう。

1. イベント内容を企画する

ドローンのプロジェクションマッピングを実施する際、まずはイベント内容の企画を立てましょう。何のためにイベントを行うのか、本当にドローンを使うべきなのか、目的を明確にした上で検討するのがポイントです。

2. 請負会社を探す

続いて、企画したイベントの内容に応じて請負会社を探しましょう。一口にドローンビジネスといっても会社によって得意・不得意は異なるため、イベントを成功させるためにも目的に合った請負会社を探すのがカギとなります。

 

いきなり1社に決めるのではなく、2〜3社程度は相見積もりを取った上で比較検討するのがおすすめです。

3. イベント内容を決める

委託する請負会社を決めたら、イベント内容の詳細を詰めていきましょう。具体的には、以下のような内容について請負会社と相談します。

 

  • ドローンにどのような動きをさせるのか
  • どのような演出をするのか
  • 照明や音楽などの環境はどうするか

4. 告知する

ドローンのプロジェクションマッピングのイベント内容が固まったら、自社サイトやSNSなどを使って告知しましょう。

 

話題性をよぶためにも、できるだけ多くの人々の目に留まるよう工夫が必要です。

5. イベントを開催する

開催日当日になったら、いよいよイベントの開催です。基本的には、現場は請負会社のスタッフが回してくれます。

 

天候によって開催できない可能性もあるため、雨天の場合の中止・延期などはあらかじめ決めておきましょう。

 

ドローンのプロジェクションマッピングを活用しよう!

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのプロジェクションマッピングについて、活用シーンや費用内訳、開催手順を解説しました。ドローンのプロジェクションマッピングは、企業のイベントやプロモーションとして有効活用できます。本記事を参考に、プロジェクションマッピングをビジネスで企画してみてください!

関連記事

『ドローンフェス in 大阪』開催、8月6日は貝塚市でドローンの今が体験できる

「一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会 大阪第6支部(大阪府大阪市)」は、ドローンを使ったビジネスについて業務実例解説や国家資格制度の説明、ドローン体験会などドローンの今が体験できる『ドローンフェス in 大阪』を、「大阪府貝塚市」で2024年8月6日(火)に開催する事を発表した。当日は各分野のドローン業務を説明や実際に現場で活躍しているドローンのデモフライトが行われる予定。

  yoshi

2024年、最新ドローンショー開催情報【日本国内】

夜空を彩り、変幻自在の動きであらゆるものに姿を変えるのが見ていて楽しい「ドローンショー」。 近年では、独立したイベントや花火大会のようなイベントの一幕として見る機会も増えてきました。 そこでここでは、「ドローンショーを見に行きたい!」という方に向けて、2024年に日本国内で催されるドローンショーをご紹介します。 お出かけする際などの参考にしてみてください!

  yoshi

レッドクリフ社、7月28日に栃木県小山市の『おやまサマーフェスティバル2024』で500機のドローンショーを実施することを発表

ドローンショーの企画・運営を行う株式会社レッドクリフ(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木孔明)(以下、レッドクリフ社)は、2024年7月28日(日)に開催される『おやまサマーフェスティバル2024 ~第72回小山の花火~』にて、500機のドローンを使ったドローンショーを実施することを発表した。

  yoshi

レッドクリフ社、『ひたち大宮夏まつり/大宮祇園祭』で北関東最大級となる500機ドローンショーの実施を発表

ドローンショーを企画・運営する株式会社レッドクリフ(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木孔明)(以下、「レッドクリフ社」)は、2024年7月27日(土)に茨城県常陸大宮市の大宮十文字周辺で開催予定の『ひたち大宮夏まつり/大宮祇園祭 -伝統を未来へ-』において、北関東最大級となる500機のドローンを使ったドローンショーを実施する事を発表した。

  yoshi

東京の空に浮かんだドローンのカルピス!『#7月7日はカルピスの日 七夕の夜は水玉ドローンショー』を見てきた!!

「七夕」を迎えた2024年7月7日。 雨となることも多いこの日を晴天で迎えた東京・豊洲の夜空で約500機のドローンによるドローンショー『#7月7日はカルピスの日 七夕の夜は水玉ドローンショー』が催されました! DroneGuide編集部も現地に赴きましたので、現地の様子や、ドローンショーの内容についてご紹介します!

  yoshi