ドローン誕生の歴史とは?開発理由と今後の展望を紹介

ドローン開発の歴史や今後の展望について紹介します。競技スポーツや建築業界でも取り扱われるようになったドローンですが、意外と開発の歴史は知られていません。現在の活用事例や抱える課題も紹介しながら、ドローンの歴史を振り返りましょう。

ドローンが開発された理由

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンが初めて開発されたのは、第二次世界大戦でした。イギリスとアメリカで研究が進み、当時開発された無人飛行機が、現代で普及しているドローンのルーツとされています。

 

つまり、ドローンは軍事目的のために開発されたものです。爆弾を搭載させて突撃させることが目的でしたが、操縦できないケースが多く見受けられたので、戦場で本格的に使用されませんでした。

ドローンの名称の由来

ドローンとは、英語でオスの蜂を意味します。プロペラやモーターから発生する音が羽音に似ていることや、イギリスが実用化した無人航空機の名称がクイーンビー(女王蜂)と呼ばれていたことが理由として挙げられます。

ドローン開発の流れ

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

第二次世界大戦時に軍事目的で作られた無人飛行機から、現代普及しているドローンに至るまでの流れを紹介します。どのようにして民間に広がっていったのか、学んでいきましょう。

軍事目的で開発されていた

ドローンの歴史は、無人航空機を使って魚雷や爆弾を投下したり、敵地を偵察するための利用から始まりました。後に小型化した電子装置が登場することで、無人航空機の開発は進んで、戦場で本格的に使用されます。

 

現在も攻撃機として無人航空機の開発は進んでいて、戦争時にドローンを使った爆撃を始めとした攻撃が中心になるのではないかと考えられているのです。

ドローン活用が民間に広がる

1980年代には、産業用ドローンが多く開発されるようになり、民間に広まることになりました。小型で低価格で購入できるので、測量や農薬散布をはじめとして、さまざまな用途で利用され始めます。

 

その後、複数のプロペラで飛行するマルチコプターが登場し、より実用化が進み始めました。多くの方がドローンと言われてイメージするほとんどが、マルチコプターの形状をしています。

ドローンが娯楽として普及

現在ドローンは、娯楽として世界中で普及しています。スマートフォンを使って手軽に操縦できるドローンが広まったことで、多くの人から注目され始めました。

 

高性能カメラが搭載されたドローンを使って空撮をおこなう利用者が増え始めてから、農薬散布以外の用途で活用されるようになりました。

競技スポーツとして世界中から注目

国内外でドローンレースが広まり、競技スポーツのひとつとして人気になりました。熱狂的なファンが増え続けていて、今やオリンピックの正式種目として認められるために活動している人も見受けられます。

現在のドローンの活用事例

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

現在、民間に広がり続けるドローンの活用事例を紹介します。空の産業革命とも呼ばれるドローンの普及が、私たちの暮らしにどのような影響を与えているのか確認していきましょう。

整備、点検

1つめは、インフラ設備の整備や点検です。屋根や橋などリスクが発生する場所でも、ドローンを利用することで、迅速に作業を完了できます。足場を組む必要もないので、整備や点検にかかるコストを削減できるのがメリットです。

農業

2つめは、農業における品質管理や農薬散布です。好きなタイミングで農薬散布できるので、効率的に防除しやすいのがメリットです。今では、生育管理や地質解析にドローンを利用する農家も増えています。

物流

3つめは、物流における配送です。交通渋滞に巻き込まれずに、目的地まで真っ直ぐ飛行させることで、効率よく物資を配送できます。ドライバー不足問題をはじめとして、さまざまなコストを削減できるのがメリットです。

ドローンが抱える課題

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

民間に広がり、事業でも活躍の幅を広げるドローンですが、実用化させる上でさまざまな問題を抱えています。ドローンが抱える課題を大きく3つに分けて、具体的に紹介するので早速見ていきましょう。

長時間飛行が難しい

ドローンはバッテリーの持ち時間が短く、長時間のフライトには向いていません。荷物を積載すればよりバッテリーの消耗が早くなるので、飛行時間がより短くなってしまいます。実用化して幅を広げるためには、バッテリー機能の向上が必須です。

インフラ設備を整える

インフラ設備を整えることで、電波障害が発生しない環境を作ることが大切です。同時に複数のドローンが行き交う際に衝突しないように、運行管理システムをしっかり整備する必要があります。

飛行できる人材確保と育成

ドローンを事業に導入する上で避けられないのが、ドローン飛行できる人材確保と育成です。飛行に関わる知識や操縦技術がない状態では、安定したフライトは非常に困難になります。ドローン操縦ライセンスを国家資格として取得できる制度が整っているので、自社での運用を検討している場合は必ず取得するようにしてください。

ドローン活用の今後の展望

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

最後に、ドローンを活用することで、国内外でどのような展望が考えられるかを紹介します。さまざまな可能性を考えて、ドローンが普及することで広がる未来を考えてみましょう。

災害時の支援

災害が発生した際に、避難者へ救援物資を運搬したり、被災地の状況を素早く把握できるような活動が考えられます。人が立ち入れない場所に人員を派遣せずにドローンを利用すれば、二次災害を防ぎながら効率よく救助を進められるのがメリットです。

迅速かつ的確な配送

インターネットで購入した商品を倉庫に集めてトラックで運搬せずに、ドローンを使って直接配送先まで運搬できるようになります。人件費やトラックにかかる維持費を抑えながら、効率よく業務を遂行できるようになるのがメリットです。

農作物の品質管理や集荷

高性能カメラや赤外線センサーが搭載されているドローンを使えば、農作物の品質管理や集荷も効率よく進められるようになります。生育状態を把握しながら、害虫も素早く発見して、的確に防除や肥料を施せるのがメリットです。いつかドローンが農作物を自動集荷して、生産者に届ける時代も来るかもしれません。

ドローン導入を検討してみましょう

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン開発の歴史や今後の展望について紹介しました。インフラ設備をはじめとした飛行環境が整うことで、ドローンはより活躍の幅を広げていくでしょう。事業に導入することで、コスト削減や人員補助などのメリットもあるので、ぜひドローン導入を検討してみてください。

関連記事

ドローン飛行は雨の日でも大丈夫?防水ドローンや悪天候時の注意点も紹介!

本記事では「ドローンは雨の日でも飛ばせるのか」という疑問や、雨の日に飛ばした際に起こりうるリスクについて解説。万が一、水に濡れてしまったときの対処法や防水ドローンについても紹介します。ドローンを雨の日でも使いたいと考えている方は、リスクや問題点をしっかり把握しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンは鳥に襲われる?カラスやトンビなどへの注意点と対処法を解説

本記事では「ドローンは鳥に襲われるのか?」という疑問について徹底解説。ドローン飛行時にとくに注意したい鳥や、襲われた時の対処法についても紹介します。「ドローンを飛ばしたいけど、鳥に遭遇してしまわないか心配」と考えている方は、事前に危険性を確認しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンの電波が届く距離は?干渉を防ぐ方法や電波法について解説

ドローンの電波が届く距離や特徴を理解して、適切にドローン飛行を行うことが大事です。電波干渉があると、電波が届く距離は通常より短くなってしまいます。本記事では、ドローンの電波の距離や電波干渉を防ぐ方法についてわかりやすく解説するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

アメリカでのドローン飛行は許可が必要?法律や機内持ち込みの注意点について解説

アメリカにおけるドローン飛行の法律について、レクリエーション目的と商業目的の2つに分けて解説します。ドローンを飛行機に持ち込む際の注意点も紹介するので、アメリカでのドローン飛行を目指す方は本記事を参考に準備を整えてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンから出る音の大きさはどのくらい?静かに飛行させるポイントを紹介

ドローンから発せられる騒音や、静かに飛行させるためのポイントを紹介します。初めてドローンを飛行させるときに、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。比較的静かに飛行を楽しむための方法や、おすすめのドローンを紹介するので、本記事を参考に予測できるトラブルを回避しましょう。

  ドローンガイド編集部