ドローンから出る音の大きさはどのくらい?静かに飛行させるポイントを紹介

ドローンから発せられる騒音や、静かに飛行させるためのポイントを紹介します。初めてドローンを飛行させるときに、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。比較的静かに飛行を楽しむための方法や、おすすめのドローンを紹介するので、本記事を参考に予測できるトラブルを回避しましょう。

ドローンの騒音はどれくらい大きい?

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの機体によって生じる音に差はありますが、約50~80dBの音量が平均数値です。一般的に人間が音を不快に感じるのが50dBとされているので、ドローン機体から生じる音は騒音として耳に入りやすいのが特徴です。

実際に50~80dbの音量は以下のようなイメージになります

50db 室外機や換気扇
60db 洗濯機の稼働音
70db セミの鳴き声
80db 地下鉄の車内

離れた距離を保っていても、ドローンが飛行している音が認識されやすいともいえます。自宅で飛行させる際は、隣人に迷惑にならないように配慮することが大切です。

ドローンのどこから音が鳴る?

イメージ画像

https://pixta.jp

 

飛行時には、必ずプロペラの回転音が鳴ります。風を切る音が生じてしまうので、ドローン飛行を楽しむ際には避けられない音です。

 

プロペラと一緒に、モーターの動作音も避けられません。モーターは飛行している間は常に稼働しています。

 

室内で飛ばすには騒音が気になる機体もあるので、基本的には目視内飛行で外での飛行を楽しむのがよいでしょう。

 

ドローンを静かに飛行させるポイント

トイドローンを使う

イメージ画像

https://pixta.jp

 

トイドローンは、軽量かつ飛行にかかるパワーも少ないので、本格的なドローンと比較すると騒音を抑えられます。手軽に持ち運べて、飛行時に操縦資格も必要ないのもメリットです。

 

低コストでドローン飛行を楽しみたい方にも、トイドローンの購入をおすすめします。こちらのセクションでおすすめのトイドローンを3選ほど紹介してみましょう。

おすすめトイドローン3選!

1. Holy Stone ミニドローン HS420

イメージ画像

出典:Amazon

 

「Holy Stone ミニドローン HS420」は、コンパクトな形状が特徴の子ども用ドローン!約100g未満の軽量重量となっており、ヘッドレスモードや高旋回モードなどの機能で柔軟に飛行できます。機体にはバッテリー3個が備わっているので、約18分の飛行が可能です。

 

「Holy Stone ミニドローン HS420」の魅力は、手投げでテイクオフができるところ!手で軽く投げれば、スムーズに離陸ができます。コントローラーでの離陸操作が苦手な方にとっては、ぴったりのドローンかもしれません。

 

 

2. RYZETECH Tello

イメージ画像

出典:Amazon

 

「RYZETECH Tello」は、スタイリッシュなデザインが魅力のミニドローン!スマートフォンを使って簡単に操作することができ、ドローン初心者の方におすすめです。直感的な操作で自由自在に飛ばせるので、爽快感のある飛行が楽しめるでしょう。

 

さらに搭載されたカメラで空撮ができるのもポイント!室内はもちろんのこと、オフィスや公園などさまざまなスポットで、空撮を楽しんでみてください。

【Ryze Tech】TELLO TLW004(DJI) ドローン・マルチコプター

 

3. ジーフォース LEGGERO GB180

イメージ画像

出典:Amazon

 

「ジーフォース LEGGERO GB180」は、かっこいいブラックカラーが魅力のドローンです。機体には高解像度カメラが搭載されており、レンズを通してクリアな映像を撮影することが可能!専用アプリをインストールすれば、スマホやタブレット越しにリアルタイムの映像も映せるので、まるで実際に空を飛んでいるような感覚が味わえます。

 

さらに持ち運びのしやすさも魅力の1つ!機体をコンパクトに折りたためる専用のケースで持ち運びができるため、移動が楽にできます。子どもと一緒に多くのスポットでドローン空撮を楽しみたい方には、「ジーフォース LEGGERO GB180」はぴったりでしょう。

created by Rinker
¥9,270 (2024/05/26 20:17:21時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

ドローンのうるさい音を抑えられるパーツを購入する

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンから生じる騒音を軽減させたい方は、静音設計が施されたプロペラやモーターパーツを別途購入するとよいでしょう。

 

ただし、どんなドローンにも装着できるわけではないので、事前に手持ちのドローンに合ったパーツを見つけてください。

おすすめ低ノイズパーツ

1.低ノイズプロペラパーツ

created by Rinker
¥2,420 (2024/05/26 20:17:21時点 楽天市場調べ-詳細)

ドローンによっては、低ノイズ用のカスタムパーツとして低ノイズプロペラを付けることが可能です。
付けることで音をつく無くすることが可能です。

2.低ノイズモーター

音の元となるモーターに関しても静音性の高いカスタムパーツが用意されている場合があります。音が気になる場合は低ノイズモーターも検討してみるといいかもしれません。

 

静かに飛行できるドローンは?

イメージ画像

https://pixta.jp

騒音が気になるなら、無音飛行を楽しめるドローンを購入すればいいと考える方は多いでしょう。しかし、技術力や悪用リスクを考慮すると、無音ドローンの実用化は難しいとされています。

無音で飛行に気付かれにくいドローンが実用化すると、盗撮被害などの犯罪行為を手伝ってしまう可能性が高まってしまうのです。

 

騒音が気になるときは事前説明が必要

イメージ画像

https://pixta.jp

室内はもちろん、自宅周辺でドローン飛行をする際に騒音が気になる場合は、事前に近隣の方に飛行目的を事前に説明しましょう。建物の点検をおこなう際に騒音トラブルを起こさないためにも、説明を怠らないように注意が必要です。

ドローンの音を抑えて飛行させよう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンから発せられる騒音や、静かに飛行させるためのポイントを紹介しました。どうしても騒音がひどい場合は、事前に周辺の方々に事情を説明するようにしてください。パーツ購入やドローンの種類によっては騒音をおさえられるので、本記事を参考にして静かな飛行を楽しめる機体を購入しましょう。

関連記事

ドローン飛行は雨の日でも大丈夫?防水ドローンや悪天候時の注意点も紹介!

本記事では「ドローンは雨の日でも飛ばせるのか」という疑問や、雨の日に飛ばした際に起こりうるリスクについて解説。万が一、水に濡れてしまったときの対処法や防水ドローンについても紹介します。ドローンを雨の日でも使いたいと考えている方は、リスクや問題点をしっかり把握しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンは鳥に襲われる?カラスやトンビなどへの注意点と対処法を解説

本記事では「ドローンは鳥に襲われるのか?」という疑問について徹底解説。ドローン飛行時にとくに注意したい鳥や、襲われた時の対処法についても紹介します。「ドローンを飛ばしたいけど、鳥に遭遇してしまわないか心配」と考えている方は、事前に危険性を確認しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンの電波が届く距離は?干渉を防ぐ方法や電波法について解説

ドローンの電波が届く距離や特徴を理解して、適切にドローン飛行を行うことが大事です。電波干渉があると、電波が届く距離は通常より短くなってしまいます。本記事では、ドローンの電波の距離や電波干渉を防ぐ方法についてわかりやすく解説するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

アメリカでのドローン飛行は許可が必要?法律や機内持ち込みの注意点について解説

アメリカにおけるドローン飛行の法律について、レクリエーション目的と商業目的の2つに分けて解説します。ドローンを飛行機に持ち込む際の注意点も紹介するので、アメリカでのドローン飛行を目指す方は本記事を参考に準備を整えてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンでのバードストライクを避けるためには?予防策を解説

ドローンを操縦する際、鳥との衝突事故が発生するバードストライクは避けたいところ。バードストライクが発生することにより、場合によっては墜落事故にもつながりやすくなります。本記事では、ドローンでのバードストライク対策について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部