ドローン操縦ライセンス制度とは?国家資格の概要を紹介

ドローン操縦ライセンス制度や概要について紹介します。2022年12月から施行され、国家資格の取得を促す動きが始まりました。飛行制限や範囲が異なり、業務の幅を拡大するために、ドローン操縦ライセンスを取得する企業が増えています。本記事では、一般的な民間資格との違いも併せて紹介します。

ドローンの操縦ライセンスがないと飛行できない?

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン飛行をするためには、操縦ライセンスが必須だと思っている方は多いでしょう。しかし、現時点の規則では国家資格を取得していなくてもドローン飛行できます。

初めてドローン飛行をする方は、屋内での飛行か広大で開けた空間で楽しむようにしましょう。ドローンの操縦ライセンスは国家資格にあたるので、身分証明書として利用するために取得する方も少なくありません。

 

ドローン操縦ライセンス制度の背景

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン操縦ライセンスは、2022年12月から創設されて、第三者上空での目視外飛行を補助者なしで実現させる目的で開始しました。無人航空機操縦士の資格を得ることで、飛行可能区域が広がり、事業に取り入れる動きが活発になり始めています。

労働における人員不足解消やコスト削減

運送業や建設業において、年々深刻になっている人員不足やコスト問題を削減するために、ドローンを事業に取り入れる企業が増えています。

 

ドローンで業務効率化を図ることで、怪我や事故のリスクを下げる役割も果たすのが特徴です。人手で数日かけておこなっていた業務も、ドローンを使用することで数時間で完了します。

国土交通省への申請量の削減

一定の環境下でドローン飛行をおこなう際に、国土交通省へ包括申請が必要になります。申請数が年々増加していることから、定められた水準をクリアした操縦士を増やすことで、申請数を減らして業務効率化を目指しています。

一等資格と二等資格の違い

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

続いて、一等資格と二等資格の違いを紹介します。違いを説明するために、まずは飛行レベルの概要をおさえましょう。

 

レベル1:目視内で操縦飛行

レベル2:目視内で自立飛行

レベル3:無人地帯での目視外飛行

レベル4:有人地帯での目視外飛行

 

上記項目のうち、二等資格ではレベル3までの飛行が許可されています。一等資格ではすべての飛行レベルが許可されているので、資格の種類によって飛行場所が異なるのが特徴です。

民間資格との違い

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

民間資格は、民間の事業者が認定する飛行資格を指します。国家資格と異なり、民間の団体や企業が審査基準を定めているのが特徴。ビジネスや業務に繋がる資格もあれば、特定の職業に就職するために必須の資格まで幅広い種類があります。

ドローン操縦ライセンスの取得方法

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ここからは、ドローン操縦ライセンスの取得方法について紹介します。自分の生活に合った方法で勉強して、試験合格を目指しましょう。

ドローンスクールで取得する

ドローン操縦ライセンスを丁寧に取得したい人は、ドローンスクールに通って勉強するのがよいでしょう。専門知識を持ったスタッフが、法律から飛行方法まで幅広く教えてくれるので、初心者の方でも順を追ってライセンス取得を目指しやすいです。

 

わからないことがあれば、その場ですぐに質問できるので、ノウハウや経験を得るのに役立つのが特徴!同じスクールに通っている方とコミュニケーションを取りながら、楽しくドローンについて学べます。

一発試験で取得する

操縦技術に自信があって、ドローンに関する知識が豊富な方は一発試験で取得を目指す方法もあります。飛行方法やドローン機体の重さによって試験科目が異なるので、自分がどの試験を受けることになるのかを事前に確認しておきましょう。

 

試験科目は、主に以下の4種類に分かれます。

  1. 昼間飛行と目視内飛行
  2. 離陸重量25kg以上の無人航空機
  3. 夜間飛行
  4. 目視外飛行

 

試験科目によっては、受験にあたって遠方の会場まで足を運ばないといけない場合も考えられます。自宅からアクセスしやすい試験会場があるかどうかも、事前に確認できているとよいでしょう。

ドローン操縦ライセンスを取得しよう

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン操縦ライセンス制度や概要について紹介しました。取得することで飛行範囲を拡大し、より幅広い業務をドローンに任せられるようになります。実技と座学をしっかり学んで、ドローン操縦ライセンスを取得してみましょう。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部