ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

ドローンを使った節税とは?

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンを使った節税とはどのような仕組みだったのでしょうか。具体的なドローンを使った節税方法について解説します。

 

全額購入時の経費として計上できた

ドローンを使った節税とは「一単位あたり10万円未満の少額の減価償却資産」を全額経費計上できる制度を使ったスキームです。具体的には事業の利益が多くなった際に、ドローンを購入して経費計上することで節税ができました。

 

ドローンは一機あたりの購入費用が約9万円だったため、全額経費計上が可能。複数台購入することも可能だったため、大幅な節税効果を得ることもできました。

 

ドローンによる収益が数年間にわたって得られた

もちろん、ドローンによる利益が得られなければ、ドローン購入費用が無駄になってしまいます。しかし、ドローン投資はドローンのレンタル事業と組み合わせることで、継続的に利益を得ることができました。

 

そのため、法人税を減らしつつ、ドローンによる利益が得られるスキームとして投資家の間では注目されていました。

 

ドローン節税のメリット

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

節税には数多くの方法があります。その中でドローン節税ならではのメリットについて確認していきましょう。

 

購入費用が一括で損金になる

ドローン節税は購入費用を全額損金として取り扱うことができます。経費は数年間にわたって計上しなければいけない場合もあるため、一括で損金にできるドローンはその年の法人税の節税に役立ちやすいといえるでしょう。

 

投資利回りが確定している

ドローンを購入した後は貸し出しを行って利益を得ます。貸し出す相手さえ見つかれば、継続的な利益が確定するため、利回りが明確なのがドローン投資の強みといえるでしょう。

 

税制改正によってドローン節税はできなくなった

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローン節税をやってみたいと思った方もいるでしょう。しかし、2022年に行われた税法の改正によって、「主要な事業ではない貸し付けに用いられる資産」については、法定耐用年数に基づいて徐々に経費計上をしなければならなくなりました。

 

そのため、本記事で紹介したようなドローン節税は行うことはできません。厳密にいえば多少の節税効果はありますが、以前と同じような効果は得られないと考えておきましょう。

 

ドローン節税に似たスキームはある?

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

コインランドリー

コインランドリーを営業することで節税を行うことが可能です。ドローン節税と同様に、購入した資産をほぼ全額即時償却可能であり、継続的なリターンも得られます。

 

従業員も必要ない経営モデルではありますが、出店する場所次第では赤字になる恐れもあるため注意しましょう。

 

キャンピングカー

中古のキャンピングカーを購入して、12ヵ月で減価償却を行うことで節税が可能です。運用期間はある程度自由に選択でき、毎月リターンを得ることができます。

 

個人であれば5年以上保有することで、長期譲渡所得に該当するため、売却益がほとんどかからないのもメリットといえるでしょう。

 

ドローンで税金の節約はできない

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

現在の法律ではドローンによって税金を節約することはできません。ドローン節税に似たスキームは数多くあるため、節税目的でドローンの購入を検討している方は、ぜひ他のスキームに目を向けてみてください。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部

ドローンのレベル4飛行における課題とは?条件も併せて紹介

ドローンのレベル4飛行における課題と条件について紹介します。2022年12月から、都市部の有人区域を飛行できる「レベル4飛行」が施行されました。業務拡大が期待される反面、課題点も解決しなければいけません。ドローンのレベル4飛行に定められた条件についても併せて紹介します。

  ドローンガイド編集部