琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

琵琶湖でのドローン飛行は許可が必要?

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

琵琶湖でドローンを飛ばす際には許可が必要なのでしょうか。琵琶湖でのドローン飛行に関する許可について解説します。

 

琵琶湖の湖岸でドローンを飛ばす場合

琵琶湖の湖畔でドローンを飛ばす場合には、法律や条例上の規制はありません。ドローン飛行に関する基本的な法律は遵守する必要はありますが、許可を取らなくてもドローンを飛ばすことは可能です。

 

一方で、琵琶湖の湖畔にある湖畔緑地は都市公園であるため、事前申請をしないとドローンの飛行が認められていません。

 

琵琶湖の水泳場でドローンを飛ばす場合

琵琶湖には数多くの水泳場があります。各水泳場には設置者がおり、そのほとんどが各地の市町村です。

 

市町村が水泳場の管理責任を持っているため、市町村の規定次第でドローン飛行の際の許可の有無が異なります。水泳場でドローンを飛ばす際は、水泳場の市町村窓口に一度確認してみてください。

 

琵琶湖の河川でドローンを飛ばす場合

ドローンは河川での飛行については禁止されています。そのため、許可の有無に関わらず河川でドローンを飛ばすことはできません。

 

あくまでも、琵琶湖湖畔でのみドローン飛行は可能と考えておきましょう。

 

ドローン飛行の許可が必要な場合もある

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

琵琶湖湖畔でドローンを飛ばす際には許可を得る必要はありません。しかし、以下の条件に該当する場合は、許可を得る必要があります。

 

・地表または水面から高さ150m以上の空域を飛行する

・緊急用務空域に指定されている

・夜に琵琶湖上空で飛ばす

・モニターやゴーグルに映し出された画面を見ながら飛行させる

・30m未満の距離に第三者がいる状況で飛行させる

 

ドローンを飛行させるうえで基本的な法律は遵守しなければいけません。法律で許可が必要ないと定められているケースのみ、許可なしでドローン飛行が可能と考えておきましょう。

 

 滋賀県のドローン規制とは?

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

琵琶湖でドローンを飛ばす際には、滋賀県のドローン規制に順しなければいけません。滋賀県のドローン規制の内容について確認していきましょう。

一時的に制限が課せられる場合もある

琵琶湖湖畔でのドローン飛行は基本的に許可は必要ありません。しかし、伊勢志摩サミットやG20大阪サミットなどが開催された際には、一時的に制限が設けられました。

 

今後も大きなイベントがある際には、制限が課せられる可能性があります。そのため、琵琶湖でドローン飛行をする際には、念の為、市町村に確認しておいた方が良いでしょう。

違反すると懲役・罰金刑が課せられる

滋賀県のドローン規制に違反すると、1年以下の懲役・50万円以下の罰金が課せられます。気付かぬうちに違反してしまう可能性もあるため、十分に注意しましょう。

 

琵琶湖でのドローン飛行は許可が必要な場合もある

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

琵琶湖でのドローン飛行は許可が必要な場合もあります。琵琶湖の周辺でドローンを飛ばす場合は自治体に確認をして、必要であれば必要な手順を踏んで許可を取得しましょう。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部

ドローンのレベル4飛行における課題とは?条件も併せて紹介

ドローンのレベル4飛行における課題と条件について紹介します。2022年12月から、都市部の有人区域を飛行できる「レベル4飛行」が施行されました。業務拡大が期待される反面、課題点も解決しなければいけません。ドローンのレベル4飛行に定められた条件についても併せて紹介します。

  ドローンガイド編集部