ドローンでのバードストライクを避けるためには?予防策を解説

ドローンを操縦する際、鳥との衝突事故が発生するバードストライクは避けたいところ。バードストライクが発生することにより、場合によっては墜落事故にもつながりやすくなります。本記事では、ドローンでのバードストライク対策について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

鳥と衝突するバードストライクの危険性

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

バードストライクの代表的な事故と言えば、飛行機のエンジンに鳥が吸い込まれるケースを思い浮かべるでしょう。ドローンにおいても例外ではなく、飛行中の衝突事故のリスクがあります。

 

鳥によっては縄張り意識が高い種類もいるので、ドローンに対して接近することは珍しくありません。衝突時の落下地点によっては人やものにぶつかる可能性もあるので、飛行時の空の環境には注意が必要です。

 

ドローンでのバードストライクを避ける方法

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

では、ドローンでのバードストライクを防止するためには、どのような対策が必要なのか気になるところ!ここからは、ドローンでのバードストライクを避ける方法を紹介します。

 

周辺空域の確認

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ドローンでのバードストライクを回避する方法としては、事前に周辺空域を確認することが重要です。周辺の空を確認し、鳥の群れがいないか確認しましょう。

 

さらに空のみならず、周辺の木々にも注目するのがポイント!鳥が木の陰に隠れている可能性もあるため、油断できません。風や音などちょっとした衝撃でも警戒する鳥はいるので、不意打ちで飛び出してくると回避するのが難しいでしょう。

 

空域や木々周辺に鳥が大量にいないか確認し、ドローンを飛ばしましょう。

 

急上昇による飛行回避

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

万が一ドローンに鳥が接近してきた場合は、急上昇により飛行回避がおすすめです。鳥は下降飛行を得意としていますが、上昇飛行は苦手です。そのため鳥が接近してきた場合は、急上昇を試みることで衝突事故を回避できる可能性があります。

 

ドローンのローターの回転数を上げれば安定的に上昇飛行が可能になるので、ぜひ試してみてください。

 

低い高度でドローン飛行

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

バードストライクの対策には、低い高度での飛行も有効です。高い場所の場合は鳥との衝突リスクが高いですが、頭上でドローンを飛ばす際はバードストライクの危険性は低くなります。

 

目線の高さであれば鳥もドローンや人に近づくことは少ないので、目の届く範囲で操縦しましょう。

 

鳥が現れた際に飛行を中止する

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

最初は鳥がいなかったものの、途中から現れるかもしれません。途中で鳥の群れやドローンを狙ってくる鳥が現れた場合は、飛行を止めて様子を見ましょう。

 

もし時間が経過しても鳥がいなくならない場合は、ドローンの飛行を中止するか、ほかのエリアに移動しドローンを飛ばしてみてください。

鳥がいる場所を選ばない

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

バードストライクのリスクを下げるには、最初から鳥がいる場所を選ばないのがベスト!頻繁に鳥の群れが現れるスポットは、衝突リスクが高くドローンの飛行には好ましくないです。

 

より安全にドローンを飛行するためにも、鳥が少ないエリアを選びましょう。

 

鳥がいないエリアでドローンを安全に飛ばそう

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

本記事では、ドローンでのバードストライク対策について解説しました。ドローンを飛ばす際は、建物や木々への衝突はもちろんのこと、鳥との衝突事故にも注意しなければなりません。バードストライクが発生してしまうと、ドローンの落下によって車両や人などへの衝突の二次被害の可能性もあります。

 

バードストライクの危険性を下げるためには、鳥がいない場所でドローンを飛ばすのが望ましいです。上空の状況を把握した上で、安全にドローンを飛ばしましょう。

関連記事

ドローン飛行は雨の日でも大丈夫?防水ドローンや悪天候時の注意点も紹介!

本記事では「ドローンは雨の日でも飛ばせるのか」という疑問や、雨の日に飛ばした際に起こりうるリスクについて解説。万が一、水に濡れてしまったときの対処法や防水ドローンについても紹介します。ドローンを雨の日でも使いたいと考えている方は、リスクや問題点をしっかり把握しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンは鳥に襲われる?カラスやトンビなどへの注意点と対処法を解説

本記事では「ドローンは鳥に襲われるのか?」という疑問について徹底解説。ドローン飛行時にとくに注意したい鳥や、襲われた時の対処法についても紹介します。「ドローンを飛ばしたいけど、鳥に遭遇してしまわないか心配」と考えている方は、事前に危険性を確認しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンの電波が届く距離は?干渉を防ぐ方法や電波法について解説

ドローンの電波が届く距離や特徴を理解して、適切にドローン飛行を行うことが大事です。電波干渉があると、電波が届く距離は通常より短くなってしまいます。本記事では、ドローンの電波の距離や電波干渉を防ぐ方法についてわかりやすく解説するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

アメリカでのドローン飛行は許可が必要?法律や機内持ち込みの注意点について解説

アメリカにおけるドローン飛行の法律について、レクリエーション目的と商業目的の2つに分けて解説します。ドローンを飛行機に持ち込む際の注意点も紹介するので、アメリカでのドローン飛行を目指す方は本記事を参考に準備を整えてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンから出る音の大きさはどのくらい?静かに飛行させるポイントを紹介

ドローンから発せられる騒音や、静かに飛行させるためのポイントを紹介します。初めてドローンを飛行させるときに、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。比較的静かに飛行を楽しむための方法や、おすすめのドローンを紹介するので、本記事を参考に予測できるトラブルを回避しましょう。

  ドローンガイド編集部