ドローンに期待できる未来や将来性とは?活用事例や今後の可能性を解説

活躍の幅が拡大し続けているドローンは、今も徐々に整備や開発が進んでいます。物流や農業をはじめ、さまざまな利用シーンに明るい未来が期待されているのが特徴。本記事では、ドローンに期待できる未来や将来性、活用事例を紹介します。抱えている課題点についても解説するので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

ドローンの市場規模は高まり続けている

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

インプレス総合研究所が発表している「ドローンビジネス調査報告書2019」では、市場規模が約1,450億円の2019年に比べて、2024年には市場規模が約5,000億円を超えると予想されています。(※)

 

ドローンの市場規模は今も上がり続けており、物流や農業など、さまざまな業界でドローンビジネスの需要が高まっているのが現状です。コスト削減や人手不足などの問題を解決するための糸口になると期待されています。

 

※参照:インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2019」

レベル4飛行で有人地帯の目視外飛行が可能になった

2022年12月5日から国土交通省が、有人地帯での目視外飛行を許可するレベル4飛行を開始しました。(※)ドローンの活用範囲を広げることを目的に、保守点検や配送、空撮などあらゆる場面での活躍が見込まれています。

 

無人航空機飛行許可申請を国土交通省に提出することで、目視外飛行や夜間飛行が可能になるのが特徴です。レベル4飛行を事業に取り入れることで、業務をより効率化できるようになると予想されています。

 

※参照:国土交通省「無人航空機」レベル4飛行ポータルサイト 

ドローンの活躍が見込まれている活用事例

イメージ画像

出典:pixta.jp

ここからは、今後ドローンの活躍が見込まれている活用事例を紹介します。どのような分野でドローンの活躍が期待されているのかを確認してみましょう。これからドローンビジネスの導入を検討している方も、ぜひ参考に目を通してみてください。

建築

土地の測量や土量の把握、工事の進捗や歪みの確認など、人手では確認が難しい場所でも、ドローンを活用することで、低コストかつ効率的にデータを得られます。赤外線カメラを搭載したドローンを使用すれば、温度の異常もすぐに察知できるので、未然に事故を防げるようになるのがメリットです。

防災

災害発生時に、被害状況を迅速に把握するためにドローンが活用されています。素早く広範囲の被害状況を確認できるので、救助や支援対策を組みやすくなるのがメリット。人手では二次災害のリスクが懸念される場所でも、ドローンなら自由に出入りできるので、二次災害のリスクを低下できます。

農業

高齢化問題が進行している農業では、広大な田んぼや畑の農薬散布にドローンが活用されています。手元の操作だけで素早く的確に農作散布できるので、身体的な疲労を軽減できるのがメリット。人手と比べて時間もかからないので、業務効率化にも期待されています。

保守点検

ビルや高架橋、送電線など保守点検に時間がかかり危険性のある現場でも、ドローンが大きな役割を果たしています。手元の操作で迅速にデータを得られるので、コスト削減や人手不足の解消に期待されているのがメリット。作業にかかる時間も大幅に削減できるので、短時間で保守点検を完了できるようになります。

鳥獣害対策

人里に降りてきてしまった動物が街中に出現した際、ドローンで遠くからカメラで姿を捉えて、音を発して追い払うこともあります。農作物や人間に被害が及ばないように、鳥獣害対策にもドローンが活用されているのです。

文化財保存

貴重な文化財を撮影した映像、レーザー測量で得たデータを保管することで、自然災害で消失、破損した際に修復しやすくなります。ドローンを使用してあらゆる角度からデータを残すことで、万が一に備えられるので、文化財保存でも重要な役割を果たしているのが特徴です。

監視

近年、密漁や不審船が日本の海域で発見されることがあります。目視外飛行で遠くから撮影することで、侵入した船や国の特定、さらには犯人の姿を捉えられるかもしれません。ほかにも、立入禁止場所への侵入が発生した際にも、ドローンが犯人を追跡することで、警察と連携をとりやすくなります。

 

今後ドローンに期待されている可能性

イメージ画像

出典:pixta.jp

続いて、今後ドローンに期待されている可能性を紹介します。現在の労働環境や人手不足、コスト削減、業務効率化など、ドローンを活用することで解決を図っている問題を学びましょう。

商品の配送時間を大幅に短縮

インターネットで購入した商品の配送では、注文から到着まで数日かかるのが一般的ですが、ドローンを活用することで配達時間を大幅削減できるようになります。

注文を受けたら商品をドローンに積載し、上空を通過して一直線に荷物を運搬できるようになるかもしれません。配達に使用していたトラックの運転も必要ないので、維持費や人件費の削減にも繋がります。

すぐに被災地の状況を把握

自然災害が発生した際には、ヘリコプターや捜索員を現地に送ることで多くのコストと救助時間を要していました。ドローンを活用することで、上空から素早く被害状況を把握して、救助者の発見も効率的に進められます。

荷物を積載できるドローンを飛行させれば、被災者に救援物資を届けることも可能になるのが特徴。災害時にも、ドロ―ンは大きな役割を担います。

精密な農業管理

人手不足や高齢化問題を抱える農業では、農薬や肥料をドローンに積載してすることで、散布のばらつきを失くし収量を増加させています。作業時間を大幅に削減しながら、カメラを使用して生育状況を把握、管理できるのがメリットです。

人が出入りしづらい場所でも防除作業を効率よく進められるので、農業用ドローンを導入する方も増えています。軽量かつ小型の機体が多いので、手軽に持ち運びやすく、小回りが利くので操作しやすいです。

 

ドローンが抱える課題点

イメージ画像

出典:pixta.jp

さまざまなシーンでの活躍が期待されているドローンですが、現場で活用するためにはいくつかの問題を抱えているのが現状です。ここからは、ドローンが抱える課題点を紹介します。

インフラ整備を進める

目視外飛行による事故を避けるためには、インフラ整備が必要不可欠です。ドローン運用管理システムを活用して、飛行時に通るルートを事前に計画することで、同じ時間帯に同じ空域を通過しないようにスケジュール管理されています。

誰もが好きなように飛行してしまうと、何度も衝突事故が発生してしまうため、ドローン運用管理システムは、未然に事故を防止するための対策として広く知られているのが特徴です。

操縦者の飛行スキル

レベル4飛行では、有人地帯での目視外飛行が可能になります。そこで懸念されている課題点はドローン同士の接触事故。ドローンを事業に取り入れるためには、一定の基準以上の飛行スキルを持っている操縦者の育成が欠かせません。

操縦ライセンスを取得している操縦者を育成することで、事業のあらゆるシーンでドローンの活用を検討してみてください。

 

ドローンの未来は明るい

イメージ画像

出典:pixta.jp

ドローンに期待される未来や将来性について紹介しました。さまざまな利用シーンで活躍が見込まれていて、事業ではコスト削減のために積極的に活用されています。操縦技術を高めれば目視外飛行も可能になるので、よりドローンが身近で便利な存在になるでしょう。明るい未来に向けて、ぜひドローン飛行を始めてみてください。

関連記事

非破壊検査にドローンを活用するメリットとは?実施するポイントも紹介

空撮や農薬散布、配達などさまざまな用途で使用されるドローンですが、非破壊検査にもおすすめです。本記事では、非破壊検査でドローンを活用するメリットについて紹介します。さらにドローンによる非破壊検査を実施する際のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンの農薬散布って実際需要があるの?実際に農薬散布を行っているプロに聞いてみた

農薬散布も手掛けるドローンスクール「Bestドローンスクール」 今回お話をお伺いしたのは、愛媛県と香川県でドローンスクールを展開し、実際に農薬散布事業も行っている「BESTドローンスクール」代表の尾花さん。ドローンにおけ […]

  楠本達也

ドローンの世界的に有名なメーカーは?市場規模や現状を解説

ドローンの世界的に有名なメーカーや市場規模、事業の現状を解説します。市場規模が広がり続けているドローン業界の現状を知ることで、事業への導入を検討してみてください。世界各国から注目されているドローンについて、本記事を通して学んでみましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンマーケティングの概要と活用シーン|注目される理由についても解説

本記事では、ドローンマーケティングの概要や活用シーンについて解説。さらにドローンマーケティングが注目される理由と効果的に行う方法についても紹介します。ドローンを活用した販促活動を検討している企業の担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンがゴルフ業界で注目されている理由とは?具体的な活用シーンも紹介

さまざまな業界で活躍しているドローン。産業用ドローンはゴルフ業界でも有効活用されています。本記事では、ゴルフ業界でドローンが注目されている理由や、具体的な活用シーンをピックアップしてわかりやすく紹介。ドローンとゴルフに関するよくある質問と答えも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部