ドローンレースは初心者でも参加できる?始め方や費用、大会情報を紹介

ドローンレースの始め方や費用、大会情報を紹介します。本記事を参考にして、ドローンレースをこれから始めたい方や大会に参加するための手順を学んでください。ドローンレーサーになりたい方も必見です。さまざまな種類や規模のレースがあり、国内外で広く盛り上がりを見せています。気になる方はぜひ読んでみてください。

ドローンレースとは?

イメージ画像https://pixta.jp

ドローンレースは、操縦者がレーサーになって、決められたコースをドローンで飛行させてタイムを競う競技です。個人戦や団体戦によって、ラップライムを競う大会もあれば、各レーサーの合計タイムで競う大会もあります。

ドローンレースの多くは年齢制限がなく、小学生から老若男女まで幅広い方が参加しています。性別や年齢に関係なく操縦技術があれば誰でも楽しめるのがドローンレースの魅力です。

 

ドローンレースの種類

目視レース

イメージ画像https://pixta.jp

目視レースは、操縦者がドローンを直接見ながら操縦して、あらゆる障害物を避けながらゴールを目指すレースです。目視レースでは航空法の規制対象にならない重さ100g未満のドローンを使用することがほとんど。(※)

飛行免許の取得や開局手続きも必要ないので、初心者でも気軽にドローンレースを始められるのが魅力です。

航空法第十一章 参照

 

目視外(FPVドローン)レース

イメージ画像https://pixta.jp

目視外(FPVドローン)レースは、専用のゴーグルを装着し、カメラから映し出される映像を見ながら操縦するレースです。まるで自分が空を飛んでいるような感覚になりながらドローンレースを楽しめるのが魅力。

目視外(FPVドローン)レースに参加する前には、無線免許の取得や開局申請の手続きを必ずおこなう必要があります。初心者にとって、参加までのハードルが少し高いかもしれません。

 

レーシングドローンの大きさ

イメージ画像https://pixta.jp

大会で使用するレーシングドローンは、参加するレースによって異なります。マイクロドローンレースなどで主に使われるのは、重さ100g以下でプロペラサイズが2インチ以下の物が多いです。

さらにプロペラの対向間によって65サイズレース、75サイズレースなど種類もさまざま。目視外(FPVドローン)レースの場合は、重さ100g以上のドローンを使います。

 

ドローンレースにかかる費用

イメージ画像https://pixta.jp

まず、ドローン本体の購入に約1~20万円かかります。参加するドローンレースによって必要になる費用は大きく異なり、目視レースのように誰でも気軽に参加できるレースならば、約1万円程度のドローンでも大丈夫です。

目視外(FPVドローン)レースになると、ドローン本体以外にも専用ゴーグルを購入しなければならず、セットで約10万円以上のものがほとんど。

さらに、大会参加費に約1万円、無線免許を取得する場合は約3万円が追加でかかってきます。ドローンレースに参加したい方は、まず費用と所持金を確認して無理のない範囲で楽しむようにしてください。

 

ドローンレースに参加する手順

ドローンレース情報を調べる

参加する前に、必ずインターネットなどでドローンレース情報を調べましょう。開催地域や開催時間をしっかり把握して、予定を抑えることが大切です。用事や仕事などと日程が被らないように、しっかりドローンレースの概要を抑えてください。

各レースの規約を確認する

イメージ画像https://pixta.jp

開催されているレースの種類や参加費用、必要な資格が異なるのでお気に入りのドローンレースを見つけましょう。初めてドローンレースに参加する人は、初心者でも参加可能なレースを探してください。

 

当日使用するドローンを用意する

イメージ画像https://pixta.jp

参加するドローンレースが決まったら、早速ドローンを購入しに行きましょう。ほとんどの目視レースでは、重さ100g未満のマイクロドローンを使用することがほとんどです。大会によってはドローンのレンタルをしている場合もあります。

 

日本で注目されているドローンレース

JAPAN DRONE LEAGUE

イメージ画像https://pixta.jp

JAPAN DRONE LEAGUEは国内最大級のドローンレースで、操縦レベルに合わせてオープン、エキスパート、プロの3種類があります。目視外(FPVドローン)レースのみで、年に5~6回開催しているので、操縦技術に自信がある方はぜひ参加してみてください。

 

SUPER DRONE CHAMPIONSHIP

イメージ画像https://pixta.jp

SUPER DRONE CHAMPIONSHIPは、超軽量型ドローンを使った目視外(FPVドローン)レースです。全国各地で開催されており、総合優勝者には賞金100万円が贈られます。実力派のレーサーが集う大会なので、こちらもドローンの操縦技術に腕がある、よりすごいレーサーに出会いたい方は、ぜひ参加してみてください。

 

ドローンレースに参加して楽しもう!

イメージ画像https://pixta.jp

ドローンレースの始め方や費用、大会情報を紹介しました。国内外でさまざまなレースが開催されていて、初心者でも気軽に参加しやすいものもあります。ドローンレースに参加したい方は、本記事を参考にして準備を進めてみましょう。

関連記事

ドローン飛行は雨の日でも大丈夫?防水ドローンや悪天候時の注意点も紹介!

本記事では「ドローンは雨の日でも飛ばせるのか」という疑問や、雨の日に飛ばした際に起こりうるリスクについて解説。万が一、水に濡れてしまったときの対処法や防水ドローンについても紹介します。ドローンを雨の日でも使いたいと考えている方は、リスクや問題点をしっかり把握しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンは鳥に襲われる?カラスやトンビなどへの注意点と対処法を解説

本記事では「ドローンは鳥に襲われるのか?」という疑問について徹底解説。ドローン飛行時にとくに注意したい鳥や、襲われた時の対処法についても紹介します。「ドローンを飛ばしたいけど、鳥に遭遇してしまわないか心配」と考えている方は、事前に危険性を確認しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンの電波が届く距離は?干渉を防ぐ方法や電波法について解説

ドローンの電波が届く距離や特徴を理解して、適切にドローン飛行を行うことが大事です。電波干渉があると、電波が届く距離は通常より短くなってしまいます。本記事では、ドローンの電波の距離や電波干渉を防ぐ方法についてわかりやすく解説するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

アメリカでのドローン飛行は許可が必要?法律や機内持ち込みの注意点について解説

アメリカにおけるドローン飛行の法律について、レクリエーション目的と商業目的の2つに分けて解説します。ドローンを飛行機に持ち込む際の注意点も紹介するので、アメリカでのドローン飛行を目指す方は本記事を参考に準備を整えてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンから出る音の大きさはどのくらい?静かに飛行させるポイントを紹介

ドローンから発せられる騒音や、静かに飛行させるためのポイントを紹介します。初めてドローンを飛行させるときに、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。比較的静かに飛行を楽しむための方法や、おすすめのドローンを紹介するので、本記事を参考に予測できるトラブルを回避しましょう。

  ドローンガイド編集部