ドローンの活用事例を紹介!活用している国やドローンの歴史も

近年、世界でドローンやAIロボットによる機械化が進んでおり、ドローンは人手不足や人件費の削減、労働環境の改善に繋がります。今回は、ドローンによる活用事例を紹介するので、ぜひ参考にしてドローンの導入を検討してみてください。

ドローンの活用事例

イメージ画像

https://pixta.jp

「ドローン」と聞くと、空中飛行して楽しむ娯楽のイメージが強い人も多いと思いますが、近年ドローンを活用したビジネスが注目をあつめています。今後、どのように発展していくのか、どのようなビジネスに活用できるのか活用事例を紹介します。

 

監視・警備

イメージ画像https://pixta.jp

ドローンの活用事例1つめは、監視・警備です。警備業界も人手不足や人件費の削減、警備員の高齢化も問題視されています。ドローンによる監視・警備では、ドローンの機能にもよりますが、不審者を感知したらサーチライトで照らしたり、スピーカーで警告することもできので、犯罪を未然に防ぐ効果も期待できます。

また、ドローンは上から広範囲を監視できるため、人間の目や防犯カメラでは行き届かない死角も捕えることが可能です。

 

農林水産業

イメージ画像https://pixta.jp

ドローンの活用事例2つめは、農林水産業です。農業では、農薬や肥料を散布できたり、空撮によって生育状況や害虫状況を調べ、分析することも可能です。人の手だと時間と労力が必要となりますが、ドローンを活用すれば短時間かつ重労働も軽減されます。

また、林業では、植木や草刈り、間伐などの調査や管理がドローンで活用できます。水業では、水中や海中の状況確認や餌やり、害鳥予防にも活用できます。

 

点検・測量

イメージ画像https://pixta.jp

ドローンの活用事例3つめは、点検・測量です。点検・測量ではタンクボイラーや橋梁、配管や下水道、エレベーターなどさまざまな面で活躍します。人間では入りにくい狭い場所や高い場所による事故のリスクや、有毒ガスのリスクを排除できます。また、点検・測量する際の稼働を停止する時間を短くできたり、コストの削減にも繋がります。

 

土木・建設

ドローンの活用事例4つめは、土木・建設です。土木・建設では、測量から施工管理、点検、運搬などのメリットが得られたり、作業日程を短縮できたり人件費を削減できます。工事車両が不要になったり、一般車両の通行止めなどをなるべく減らせるといったメリットもあります。

搬送・物流

イメージ画像https://pixta.jp

ドローンの活用事例5つめは、搬送・物流です。ドローンによって品物を倉庫内で管理や移動ができたり、上空から品物を配送できたりするため、短時間で素早く、人件費も解消できるといわれています。また、病院に行きたいが自分で行くには困難な人は、オンライン診療を受けると処方箋がドローンで配達される未来もあるでしょう。

救助活動

イメージ画像

ドローンの活用事例6つめは、救助活動です。救命胴衣や消火剤、ハシゴ、浮き輪などをドローンで投下したり、物資を届けたりすることに活躍します。また、広範囲を捕えられるため、救助が必要な人を感知できたり、有毒ガスを探知することで救助活動の優先順位を効率よく考えられます。雨や風が強いと人間での救助だと限りがある際にもドローンによる救助活動が必要とされます。

 

エンターテイメント

イメージ画像https://pixta.jp

ドローンの活用事例最後の7つめは、エンターテイメントです。ドローンを活用してより迫力のある撮影ができたり、ライブ映像をその場にいるかのような感覚を届けられます。東京オリンピックではドローンを使用した「ドローンショー」が演出されました。

 

ドローンを活用している国

イメージ画像https://pixta.jp

日本ではまだ普及が少なく実証実験されているドローンですが、海外ではすでに実用化されている国もあります。アメリカでは、Amazonやセブンイレブンがドローンを使用した配達サービスを提供していたり、ニュージーランドではドミノピザがドローンを使用したデリバリーを行っています。

また、スウェーデンでは国境を超えた配達実験が成功していたり、多くの国でドローンの活用が増えてきています。

ドローンの歴史

イメージ画像https://pixta.jp

最後に、そもそもドローンはどのように誕生したのか知らない人も多いでしょう。ドローンが誕生したのは今から約80年以上前(第二次世界大戦中)のことで、主にアメリカとイギリスで研究が始まり、軍事目的で開発されたんだとか。しかし、実用には至らず、軍事機密のため開発者も非公開とされているようです。

そして、小型化や高機能化のドローンの開発が進み、1980年代に産業用のドローン、2000年代には農薬散布用のドローン、2010年代にはスマホで操縦できるドローンが次々と開発され、今も発展途中です。

ドローンの活用事例を参考にして取り入れてみましょう

イメージ画像https://pixta.jp

ドローンは、農業、災害対応、物流、撮影など多岐にわたる分野で活用されています。これらの事例からは、ドローン技術が如何に社会に新しい価値と可能性をもたらしているかが伺えます。特に、アクセスが困難な場所での作業や、人の手が届かない高所での点検など、ドローンが活躍するシーンは多岐にわたります。これらの事例を通じて、ドローン技術の進化が今後どのような未来を切り開くのか、その可能性に目を向けていきましょう。

関連記事

ドローン飛行は雨の日でも大丈夫?防水ドローンや悪天候時の注意点も紹介!

本記事では「ドローンは雨の日でも飛ばせるのか」という疑問や、雨の日に飛ばした際に起こりうるリスクについて解説。万が一、水に濡れてしまったときの対処法や防水ドローンについても紹介します。ドローンを雨の日でも使いたいと考えている方は、リスクや問題点をしっかり把握しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンは鳥に襲われる?カラスやトンビなどへの注意点と対処法を解説

本記事では「ドローンは鳥に襲われるのか?」という疑問について徹底解説。ドローン飛行時にとくに注意したい鳥や、襲われた時の対処法についても紹介します。「ドローンを飛ばしたいけど、鳥に遭遇してしまわないか心配」と考えている方は、事前に危険性を確認しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンの電波が届く距離は?干渉を防ぐ方法や電波法について解説

ドローンの電波が届く距離や特徴を理解して、適切にドローン飛行を行うことが大事です。電波干渉があると、電波が届く距離は通常より短くなってしまいます。本記事では、ドローンの電波の距離や電波干渉を防ぐ方法についてわかりやすく解説するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

アメリカでのドローン飛行は許可が必要?法律や機内持ち込みの注意点について解説

アメリカにおけるドローン飛行の法律について、レクリエーション目的と商業目的の2つに分けて解説します。ドローンを飛行機に持ち込む際の注意点も紹介するので、アメリカでのドローン飛行を目指す方は本記事を参考に準備を整えてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンから出る音の大きさはどのくらい?静かに飛行させるポイントを紹介

ドローンから発せられる騒音や、静かに飛行させるためのポイントを紹介します。初めてドローンを飛行させるときに、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。比較的静かに飛行を楽しむための方法や、おすすめのドローンを紹介するので、本記事を参考に予測できるトラブルを回避しましょう。

  ドローンガイド編集部