ドローンの係留方法は?注意点や役立つシーンを紹介

ドローンの係留方法や注意点を紹介します。ドローン係留とは、ある固定地点とドローンを紐やワイヤーで結び付ける方法です。飛行場所や時間によって、適した係留方法とシーンが異なるので、本記事を参考にしてドローン係留を取り入れるようにしてみてください。

ドローン係留とは

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローン係留とは、ドローン本体と固定地点を硬いワイヤーなどでつなぎ留めた状態で飛行させる方法です。飛行範囲を一定にすることで、バッテリー不足や天候によるトラブルが起きた際に、落下による紛失を防げるようになります。

 

係留には「1点係留」「2点係留」「多点係留」の3種類があり、固定地点が多いほど飛行範囲を限定しやすくなるのが特徴。飛行させる際には、飛行範囲をカラーコーンで囲み、周囲に人が立ち入らないようにすることで、激突による事故を防げます。

ドローン係留が役立つシーン

建物などの点検

イメージ画像

https://pixta.jp

 

家やビル、橋などの構造物を、作業員を準備せずに無人点検できるメリットがあります。目視外飛行が多くなりがちな点検で係留すれば、万が一の落下や操縦不能による落下リスクを減らせるのが特徴です。

夜間飛行、目視外飛行

イメージ画像

https://pixta.jp

 

特定飛行にあたる夜間飛行や目視外飛行をおこなう際には、国土交通省に必要書類を提出しなければいけません。しかし、ドローン係留を活用すれば、一定条件を満たすことで、申請なしでドローン飛行が可能になります。

 

飛行許可申請を免除するには、「第三者の立ち入り制限」「固定地点から30m以内の飛行」の条件を両方クリアする必要があります。面倒な申請を省きながら、低リスクで飛行できる方法です。

 

イベント時の空撮

イメージ画像

https://pixta.jp

 

スポーツ大会や音楽イベントなどの会場上空で空撮をおこなう際にも、ドローン係留を活用してみましょう。観客の頭上を飛行する行為は禁止されており、操縦ミスや強風などの影響で観客の上空を誤って飛行してしまう可能性も考えられます。

 

事前にドローンと固定地点を繋ぐことで、定めた飛行範囲内での飛行をおこなえるのが特徴です。このように、指定範囲内でドローン飛行させたいときにも、ドローン係留は大きな役割を担います。

ドローン係留を事業に取り入れよう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの係留方法や注意点を紹介しました。飛行場所や時間帯によって、とても便利に空撮できるようになるので、本記事を参考にして、ドローン係留を事業に取り入れてみましょう。

 

関連記事

ドローン飛行は雨の日でも大丈夫?防水ドローンや悪天候時の注意点も紹介!

本記事では「ドローンは雨の日でも飛ばせるのか」という疑問や、雨の日に飛ばした際に起こりうるリスクについて解説。万が一、水に濡れてしまったときの対処法や防水ドローンについても紹介します。ドローンを雨の日でも使いたいと考えている方は、リスクや問題点をしっかり把握しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンは鳥に襲われる?カラスやトンビなどへの注意点と対処法を解説

本記事では「ドローンは鳥に襲われるのか?」という疑問について徹底解説。ドローン飛行時にとくに注意したい鳥や、襲われた時の対処法についても紹介します。「ドローンを飛ばしたいけど、鳥に遭遇してしまわないか心配」と考えている方は、事前に危険性を確認しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンの電波が届く距離は?干渉を防ぐ方法や電波法について解説

ドローンの電波が届く距離や特徴を理解して、適切にドローン飛行を行うことが大事です。電波干渉があると、電波が届く距離は通常より短くなってしまいます。本記事では、ドローンの電波の距離や電波干渉を防ぐ方法についてわかりやすく解説するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

アメリカでのドローン飛行は許可が必要?法律や機内持ち込みの注意点について解説

アメリカにおけるドローン飛行の法律について、レクリエーション目的と商業目的の2つに分けて解説します。ドローンを飛行機に持ち込む際の注意点も紹介するので、アメリカでのドローン飛行を目指す方は本記事を参考に準備を整えてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンから出る音の大きさはどのくらい?静かに飛行させるポイントを紹介

ドローンから発せられる騒音や、静かに飛行させるためのポイントを紹介します。初めてドローンを飛行させるときに、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。比較的静かに飛行を楽しむための方法や、おすすめのドローンを紹介するので、本記事を参考に予測できるトラブルを回避しましょう。

  ドローンガイド編集部