ドローンの墜落リスクとは?原因と対策を紹介します

ドローンの墜落リスクや原因、防ぐための対策を紹介します。プロペラの巻き込み事故やバッテリー不足など、ドローン飛行にはさまざまな危険性があります。人の頭上や工事中の鉄骨などにドローンが墜落することがないように、本記事を参考に正しい知識を身につけましょう。

ドローンが墜落する原因と対策

1. 操縦ミスによる強制飛行停止

イメージ画像

https://pixta.jp

 

コントローラーにあるスティックに特定の動きを加えると、ドローンが強制飛行停止状態になります。機体によっては、電源を入れてもモーターが動かない状態に設定されてしまい、飛行を継続できなくなってしまうのです。

CSC(コンビネーションスティックコマンド)と呼ばれる動きを入力することで、再度モーターを動かせるようになります。飛行中に誤ってコマンドを入力してしまうと、プロペラが止まりそのまま墜落してしまうので注意してください。

 

2. バッテリー切れ

イメージ画像

https://pixta.jp

ドローンはバッテリーの持ち時間が短く、長時間の飛行には向いていません。点検で長時間飛行をする際は、替え用バッテリーを何本も用意する必要があります。飛行中にバッテリーが尽きて墜落しないように、事前にバッテリーの充填状態を確認しておきましょう。

 

3. プロペラの巻き込み事故

イメージ画像

https://pixta.jp

 

鳥の衝突や枝葉を巻き込んでしまうなど、予測できないトラブルが起きた際にも、ドローンは墜落してしまいます。プロペラに物が当たると動きが停止してしまうので、周囲の状況を常に把握して操縦することが大切です。

 

4. 電波障害やGPSが届かない飛行

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

山の向こう側や高架下など、電波やGPSが届きにくい場所での飛行も危険です。

コントローラーから発信される電波を受け取ってドローンは飛行するので、これらがオフになってしまうと、機体を上手く操縦できず墜落してしまう可能性があります。

 

5. 天候の悪化

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンを飛行させる際には、天候の悪化にも気を付けましょう。多少の風なら問題ありませんが、突風が吹くと思うようにドローンが操縦できず、思わぬ方向に墜落してしまうリスクがあります。

ゲリラ豪雨のように水がドローンに当たると、モーターやプロペラが故障して使用不可になってしまう可能性もあります。

少しでも天候に違和感があれば、すぐにドローン飛行をやめて、機体の確保に努めてください。

 

6. メンテナンス不足

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンは半年から一年に一度のペースでメンテナンスする必要があり、面倒と怠ってしまうと飛行中に故障してしまう可能性もあります。

 

点検など業務で頻繁にドローンを使用する際は、使う前後にドローンの状態をしっかり確認するようにしてください。

 

ドローン墜落を防ぐためにできること

スクールで操縦を学ぶ

イメージ画像

https://pixta.jp

 

全国各地に操縦技術や飛行に関わる法律を学べる「ドローンスクール」があります。初めてドローンを操縦する人は、スクールに通って正しい飛行方法を学ぶとよいでしょう。

 

通うほどの時間がないという方は、スキマ時間を使ってコツコツ操縦の練習をするようにしてください。

 

目視内飛行を心がける

イメージ画像

https://pixta.jp

 

周囲の状況をしっかり確認できるように、目視内でのドローン飛行を心がけるのも大切です。できるだけ見晴らしがよく、ドローンが視認しやすい場所で飛行することで、より墜落リスクを少なくできます。

 

飛行時にアシスタントを配置する

イメージ画像

https://pixta.jp

ドローン飛行をおこなう際に、操縦者とは別にアシスタントをつけるのも選択肢のひとつです。操縦者が見えていない周囲の状況を確認する目があるだけで、墜落リスクを大幅に軽減できます。

 

ドローンの墜落リスクを少なくしよう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの墜落リスクや原因、防ぐための対策を紹介しました。飛行させる際は周囲の状況に十分に注意して、ドローンの墜落リスクを少なくしましょう。腕に自信がないときはスクールに通ったり、専門会社に依頼するようにしてください。

 

関連記事

ドローン飛行は雨の日でも大丈夫?防水ドローンや悪天候時の注意点も紹介!

本記事では「ドローンは雨の日でも飛ばせるのか」という疑問や、雨の日に飛ばした際に起こりうるリスクについて解説。万が一、水に濡れてしまったときの対処法や防水ドローンについても紹介します。ドローンを雨の日でも使いたいと考えている方は、リスクや問題点をしっかり把握しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンは鳥に襲われる?カラスやトンビなどへの注意点と対処法を解説

本記事では「ドローンは鳥に襲われるのか?」という疑問について徹底解説。ドローン飛行時にとくに注意したい鳥や、襲われた時の対処法についても紹介します。「ドローンを飛ばしたいけど、鳥に遭遇してしまわないか心配」と考えている方は、事前に危険性を確認しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンの電波が届く距離は?干渉を防ぐ方法や電波法について解説

ドローンの電波が届く距離や特徴を理解して、適切にドローン飛行を行うことが大事です。電波干渉があると、電波が届く距離は通常より短くなってしまいます。本記事では、ドローンの電波の距離や電波干渉を防ぐ方法についてわかりやすく解説するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

アメリカでのドローン飛行は許可が必要?法律や機内持ち込みの注意点について解説

アメリカにおけるドローン飛行の法律について、レクリエーション目的と商業目的の2つに分けて解説します。ドローンを飛行機に持ち込む際の注意点も紹介するので、アメリカでのドローン飛行を目指す方は本記事を参考に準備を整えてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンから出る音の大きさはどのくらい?静かに飛行させるポイントを紹介

ドローンから発せられる騒音や、静かに飛行させるためのポイントを紹介します。初めてドローンを飛行させるときに、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。比較的静かに飛行を楽しむための方法や、おすすめのドローンを紹介するので、本記事を参考に予測できるトラブルを回避しましょう。

  ドローンガイド編集部