ドローンの飛行日誌の書き方|コツや対象になる項目を紹介します

ドローンの飛行日誌の書き方やコツについて紹介します。飛行日誌は、ドローンで特定飛行を行う人が必ず書かなければいけません。特定飛行をしたのに提出が見受けられなかった場合、罰則を受けることもあるので注意しましょう。

飛行日誌とは

イメージ画像

https://pixta.jp

飛行日誌とは、ドローンを含む無人航空機を使って特定飛行をした際に、飛行実績や点検結果、改造内容などの情報を書き記したものです。航空法で定められた特定飛行にあたる飛行をおこなった際には、必ず提出しなければいけません。

 

特定飛行するなら飛行日誌は義務

イメージ画像

https://pixta.jp

特定飛行とは、「地上高150m以上の飛行」「空港や病院等重要施設の上空での飛行」「夜間飛行」「目視外飛行」など、航空法によって定められた飛行空域や方法でドローン飛行をおこなうことです。

 

積載物の輸送やイベント会場の上空での飛行も原則禁止されています。特定飛行を行う際に飛行日誌を提出しなければ、罰則対象になるので注意してください。

ドローンの飛行日誌の書き方

飛行記録

イメージ画像

https://pixta.jp

飛行日誌は全部で三項目によって構成されていて、一つ目は「飛行記録」です。これは、特定飛行をおこなった日付、操縦者氏名、目的や経路など、飛行実績を細かく記す項目になります。

総飛行時間も記載するので、いつから飛行させたのか記録しておくことが大切です。

 

日常点検記録

イメージ画像

https://pixta.jp

二つ目は「日常点検記録」です。ドローンの登録記号や型式認証書番号、製造番号など、特定飛行で使用したドローンの状態を記載する項目になります。

損傷や歪みの有無など細かく把握しなければいけないため、普段からドローンの状態を把握するようにしておきましょう。

 

点検整備記録

イメージ画像

https://pixta.jp

三つ目は「点検整備記録」です。ドローンの点検や修理の内容や実施理由、機体認証後の飛行時間など、定期的なメンテナンスや修理の詳細について記載する項目になります。

特定飛行をおこなった機体が、過去にどのような修理をしたのかを常に把握しておくことが大切です。

 

飛行日誌を提出しなかったらどうなる?

イメージ画像

https://pixta.jp

 

特定飛行をおこなったのに関わらず、飛行日誌を提出しなかった場合は、航空法第157条11にしたがって、10万円以下の罰金(※)を科せられます。特定飛行をしない場合でも、できるだけ飛行日誌を記録するようにしましょう。

業務にドローンを取り入れる際には、ほとんどの場合特定飛行をおこなうと思いますので、導入前にきちんと飛行日誌について勉強しておくことをおすすめします。

“国土交通省 公式HP”参照

ドローンの飛行日誌を正しく書こう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの飛行日誌の書き方やコツについて紹介しました。ドローンで特定飛行をおこなう際は、本記事で紹介したポイントをしっかりおさえるようにしてください。正しく飛行日誌を書いて申請に困らないように準備することが大切です。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部