ドローンの飛行時間はどのくらい?飛行時間を長くするコツや注意点も解説

ドローンの飛行時間の目安や、飛行時間の計測方法のほか、長く飛ばすためのポイントも紹介します。これからドローンを操縦する方や、飛行時間が気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

ドローンの飛行時間はどのくらい?

イメージ画像

https://pixta.jp

 

「ドローン」とは、無人航空機の総称のことです。はじめは軍事目的で開発が進められていましたが、2023年11月現在では、産業ドローンやトイドローンなど、さまざまなドローンが登場しています。

 

ここでは、一般的なドローンの飛行時間について詳しく解説。ドローンが飛行できる時間は、機体の性能やつくり、サイズなどによって異なります。

 

トイドローンは飛行時間が短い

トイドローンとは、航空法で模型航空機に分類される100g未満のモデル(※)のことを指します。小型のトイドローンは飛行時間が短いところが特徴。一般的なサイズ・機能のものであれば、最大でも十分程度の飛行時間であることが多いです。

 

“国土交通省 公式HP” 参照 

業務用ドローンは最大数十分飛行可能

ビジネスに利用するのであれば、飛行時間が長いほど使い勝手がよいでしょう。本格的な業務用のドローンを使う場合、最大数十分以上飛行が可能なものもあります。一概にはいえませんが、機体価格と飛行時間は比例していることが多く、高価なドローンになるほどバッテリーの持ちがよいのが特徴です。

ドローンの飛行時間の計測方法

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ここからは、ドローンの飛行時間の計測方法について紹介します。ドローンの飛行時間の計測方法は以下の通りです。

 

・ドローン専用アプリを使用する

・自分で記録する

ドローン専用アプリを使用する

代表的な機種であれば、専用のアプリがリリースされています。ものによって実際の操作方法は異なりますが、一般的にアプリをダウンロードして起動すると、飛行時間や飛行距離、飛行時間などを表示できる仕組みです。

自分で記録する

すべてのドローンが専用アプリに対応しているわけではありません。対応していない機種のドローンを飛行させる場合、アナログな方法ではあるものの、自分でメモにとって飛行時間を記録するのも1つの方法です。

 

しかし、飛行操作中に時計を見たり、メモをとったりするのは難しいため、バッテリーあたりの飛行時間から何個分使ったかで計算するとよいでしょう。

ドローンの飛行時間を延ばす方法

イメージ画像

https://pixta.jp

できるだけドローンの飛行時間を延ばしたいと考える方もいるかもしれません。ここでは、ドローンの飛行時間を延ばす方法について紹介します。

 

・不用な動きは控える

・積載量を減らす

・バッテリーが冷えないようにする

・最大充電容量の多いドローンに買い換える

 

不用な動きは控える

ドローンを長く飛行させたい場合は、できるだけ不要な動きは控えるようにしましょう。ホバリングを使って安定飛行をさせ、なるべくゆっくりと動かすようにすることでバッテリーの消費を抑えられます。

 

急な上昇・下降や急発進などの動きはバッテリーを消耗してしまうので、できるだけ避けるようにしましょう。

積載量を減らす

ドローンに荷物を運ばせている場合、積載量を減らすことでバッテリーの持ちがよくなる場合があります。飛行時間と積載量の優先度によって、積載量を見直してみても良いかもしれません。

バッテリーが冷えないようにする

バッテリーが冷えてしまうと、電気の消耗が激しくなります。特に寒い季節にドローンを飛ばす場合には、バッテリーを冷やさないようにして温めておきましょう。

最大充電容量の多いドローンに買い換える

先に紹介した内容は全て対処療法で、ドローンの最大飛行時間が延びるわけではありません。どうしても飛行時間を優先させたい場合は、思い切って最大充電容量の多いドローンに買い換えてみるのも1つです。

ドローンの飛行時間に関する注意点

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ここからは、ドローンの飛行時間に関する注意点を紹介します。

 

・最大充電容量は徐々に減っていく

・長時間飛行の際は操縦ミスに注意

最大充電容量は徐々に減っていく

例えば最大充電容量が40分の場合、40分間丸々飛行できるわけではありません。最大充電容量は、使用回数を重ねるごとに徐々に減っていくのが基本です。

 

飛行中にバッテリーが尽きてしまうと、ドローンごと墜落してしまい危険です。事前にバッテリーの状態を確認して、飛行中にバッテリー切れにならないよう注意しましょう。

長時間飛行の際は操縦ミスに注意

ドローンの性能によっては、数十分以上の長時間飛行が可能なものも。しかし、ドローンの操縦には神経を使います。集中力の途切れは操縦ミスにつながるので、適度な休憩を取りながら操縦しましょう。

ドローンの飛行時間は数分〜数十分程度!使い方にも気をつけよう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの飛行時間は、トイドローンなら数分程度、産業用ドローンでは数十分程度がおおよその目安です。また、少しでも飛行時間を長くしたい場合は、バッテリーの状態や操縦に気を配るのがポイント。ドローンを飛行する際の参考にしてみてください。

関連記事

ドローン飛行は雨の日でも大丈夫?防水ドローンや悪天候時の注意点も紹介!

本記事では「ドローンは雨の日でも飛ばせるのか」という疑問や、雨の日に飛ばした際に起こりうるリスクについて解説。万が一、水に濡れてしまったときの対処法や防水ドローンについても紹介します。ドローンを雨の日でも使いたいと考えている方は、リスクや問題点をしっかり把握しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンは鳥に襲われる?カラスやトンビなどへの注意点と対処法を解説

本記事では「ドローンは鳥に襲われるのか?」という疑問について徹底解説。ドローン飛行時にとくに注意したい鳥や、襲われた時の対処法についても紹介します。「ドローンを飛ばしたいけど、鳥に遭遇してしまわないか心配」と考えている方は、事前に危険性を確認しておきましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローンの電波が届く距離は?干渉を防ぐ方法や電波法について解説

ドローンの電波が届く距離や特徴を理解して、適切にドローン飛行を行うことが大事です。電波干渉があると、電波が届く距離は通常より短くなってしまいます。本記事では、ドローンの電波の距離や電波干渉を防ぐ方法についてわかりやすく解説するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

アメリカでのドローン飛行は許可が必要?法律や機内持ち込みの注意点について解説

アメリカにおけるドローン飛行の法律について、レクリエーション目的と商業目的の2つに分けて解説します。ドローンを飛行機に持ち込む際の注意点も紹介するので、アメリカでのドローン飛行を目指す方は本記事を参考に準備を整えてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンから出る音の大きさはどのくらい?静かに飛行させるポイントを紹介

ドローンから発せられる騒音や、静かに飛行させるためのポイントを紹介します。初めてドローンを飛行させるときに、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。比較的静かに飛行を楽しむための方法や、おすすめのドローンを紹介するので、本記事を参考に予測できるトラブルを回避しましょう。

  ドローンガイド編集部