ドローンの夜間飛行は可能?許可に必要な基準と申請方法ついて解説

ドローンの夜間飛行に必要な許可や基準について解説。100g以上のドローンに関わる航空法や許可を得るために必要な申請書やマニュアルの作成方法についても紹介します。ドローンの夜間飛行や撮影を考えている方は覚えておくべき内容です。

ドローンの夜間飛行は許可を得れば可能

イメージ画像

https://pixta.jp

 

100g以上のドローンの飛行可能時間は航空法で「日出から日没までの間において飛行させること」(※)と定められており、夜間飛行は原則禁止となっています。しかし一定の基準を満たし、許可を得れば可能です。

 

(※)参考:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=327AC0000000231

 

ドローン夜間飛行の許可を得る方法

イメージ画像

https://pixta.jp/

 

ドローンを夜間飛行させるために必要な以下のことについて解説します。

 

  • ドローンの飛行許可・承認手続きを行う
  • ドローンのライトなど夜間飛行に関する基準を満たす

ドローンの飛行許可・承認手続きを行う

オンラインサービス「ドローン情報基盤システム(DIPS)」での申請を行いましょう。ドローンの許可承認申請には「マニュアル」と「申請書」の2つの書類が必要です。

ドローンのライトなど夜間飛行に関する基準を満たす

ドローンの飛行に必要な基本的な審査基準に加えて、夜間飛行に関する追加の基準を満たす必要があります。

 

満たすべき追加基準は以下の通りです。

 

  • ドローンに機体の向きを判別できるライトを搭載する(飛行範囲が明るい場合は不要)
  •  飛行高度と同じ距離の半径の範囲内に、第三者が存在しない
  •  一定以上の飛行能力を有する
  •  日中に経路や障害物を下調べし、最適な飛行ルートを決めておく
  •  ドローンの特性を理解した補助者を配置する
  •  明るい場所で離着陸させる

マニュアルと申請書の作成方法

イメージ画像

https://pixta.jp

 

申請書とマニュアルの作成方法について解説します。

申請書

個別申請の際に申請書に以下5つを明記しましょう。

 

  • 飛行日時
  • 飛行場所
  • 夜間飛行エリアの策定
  • 補助員の配置図
  • 安全対策の要件

 

ドローン情報基盤システムの申請方法に関しては以下のリンクのマニュアルを参考にしてみてください。

ドローン情報基盤システム 操作マニュアル

マニュアル

マニュアルは国土交通省が用意している「標準マニュアル」か、自分で作成する「独自マニュアル」のどちらかを使用して作成しましょう。標準マニュアルのリンクは以下です。

 

航空局標準マニュアル02

独自マニュアルが必要なパターン

イメージ画像

https://pixta.jp

 

標準マニュアルの条件で飛行できない以下のパターンがあります。

 

  • 人口密集地区での夜間飛行
  •  目視外での夜間飛行
  •  飛行高度と同じ距離の半径の範囲内に第三者がいる場合の夜間飛行

 

上記に当てはまる飛行の場合、独自マニュアルの作成が必要です。はじめての場合は作成が難しいため、以下の国土交通省「無人航空機ヘルプデスク」に問い合わせるのがおすすめです。

 

無人航空機ヘルプデスク

電話:050-5445-4451

受付時間:平日 9時から17時まで(土日・祝・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)

 

無許可で夜間飛行した場合の罰則

イメージ画像

https://pixta.jp

 

無許可でドローンを夜間飛行させた場合、航空法第157条の6第4号(※)により、50万円以下の罰金が課せられます。

 

(※)参考:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=327AC0000000231

法律を守ってドローンの夜間飛行を行おう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

基本的にドローンの飛行には法律が関わっているため、いかなる場合でも注意が必要ですが、夜間飛行の場合はさらにルールが厳しくなります。一定以上の操作能力や機体にライトを設置するといった追加基準を満たさないと飛行させることができません。夜間のドローン撮影や飛行を行う方は、法令を遵守して実施しましょう。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部