ドローンの飛行レベル3と新設されるレベル3.5の内容について解説

ドローンのレベル3飛行が緩和されることについて解説。現状の飛行レベル3の内容と新設される飛行レベル3.5の内容や規制緩和により期待されることについてわかりやすく紹介します。

ドローンのレベル3飛行が緩和される

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンには飛行する際のルールが法律によって決められており、事業に活用する上で規制の緩和が事業者から求められた結果、現在のレベル3飛行(無人航空機の目視外飛行)の規制が緩和(※)されることになりました。

 

(※)”国土交通省公式HP”参照

レベル3飛行とは

ドローンのレベル3飛行とは補助者を配置せずに、住民や歩行者がいない無人地帯を目視できない範囲まで飛行させる際の飛行規制のこと(※)です。

 

(※)”国土交通省公式HP”参照

緩和の目的

事業者の要望である「立入管理措置(補助者、看板、道路横断前の一時停止)の緩和」が目的です。事業として運用する上で道路や線路の上を飛行させるのが難しいため、今後の運用を見据えた新しいルール作りが望まれています。

新設されるレベル3.5の内容

イメージ画像

https://pixta.jp

 

以下の3つを条件にこの立入管理措置を撤廃し、飛行レベル3.5(※)が新設されました。

 

  • 操縦ライセンスの保有
  • 保険への加入
  • 機上カメラによる歩行者等の有無の確認

 

(※)”国土交通省公式HP”参照

レベル3飛行の緩和により期待されること

イメージ画像

https://pixta.jp

 

物流業界の人手不足の解消に一役買うことが期待されています。過疎化した地域や山間部といった地上からの配送が難しい地域でもドローンなら空から輸送することが可能です。無人地帯でのドローン活用を積極的に進める狙いがあります。

レベル3飛行の緩和による今後の発展に期待

イメージ画像

https://pixta.jp

 

今回実施されるドローンの飛行レベル3の緩和によって、物流業界のリソース不足が解決に向かうことが期待されています。人員不足といった問題をドローンを社会的に実装することで新たな輸送手段として活用し、解決を図るのが狙いです。ドローン業界の動向による社会の発展に期待が集まります。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部