ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

道路上空のドローン飛行に許可は必要?

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

道路上空のドローン飛行では、一定の条件を満たせば許可が不要な場合もあります。ここでは、道路上空のドローン飛行で「許可を必要としないケース」「許可が必要となるケース」についてそれぞれ解説します。

許可を必要としないケース

道路の上空を飛行するかどうかにかかわらず、機体重量が100g以上のドローンの飛行には「航空法」が適用されます(※)。

まず、以下のいずれにも該当しない場合、国土交通大臣の許可を得る必要はありません。

・空港等の周辺空域

・人または住宅の密集している地域(人口集中地区(地域))

・地表または水面から高さ150m以上の空域

・緊急用務空域に指定された空域

・その他の飛行禁止区域(国会議事堂・内閣総理大臣官邸・外国公館・原子力事業所など)

上記のいずれにも該当せず、かつ次項で紹介する「道路使用許可」が不要な場合のみ、許可なしで道路上空を飛行することが可能です。

“国土交通省 公式HP” 参照 

「道路使用許可」が必要なケース

以下のいずれかに当てはまる場合、ドローンの飛行にあたって「道路使用許可」が必要となります。

  1. 交通の円滑を阻害するおそれがある場合
  2. 一般交通に著しい影響を及ぼす場合
  3. 道路上で離発着をおこなう場合

交通の円滑を阻害するおそれがある場合

交通を制限してドローンを飛行させる場合、道路使用許可が必要です。具体的には、大規模なイベントで空撮をおこなうケースなどがあるでしょう。

一般交通に著しい影響を及ぼす場合

工事をはじめ、計測や土木作業にドローンを飛行させる場合も道路使用許可が必要です。一般交通への影響が考えられる場合は、必ず確認しましょう。

道路上で離発着をおこなう場合

道路上でドローンの離発着をおこなう場合も同様に許可が必要です。飛行理由や場所によっては、許可が得られない可能性もあります。

 

道路上空のドローン飛行に関するよくあるQ&A

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

ここからは、道路上空のドローン飛行に関するよくある質問と回答を紹介します。

  1. 道路上空を通過するだけなら無許可で問題ありませんか?
  2. 道路使用許可の申請先はどこですか?

それぞれ見ていきましょう。

Q. 道路上空を通過するだけなら無許可で問題ありませんか?

道路の上空をドローンが飛ぶこと自体については、法律による規制はありません(※)。通過のみの場合、条件をクリアしていれば無許可でも問題ないでしょう。ただし、不安な場合は適切な機関(警察署など)への確認をおすすめします。

“国土交通省 公式HP” 参照 

Q. 道路使用許可の申請先はどこですか?

該当のエリアや道路を管轄している警察署に申請しましょう。東京都の管轄エリアは警視庁のHPから確認できます(※)。

“警察庁 公式HP” 参照 

 

ドローンを道路上空で飛行させる際は法律に注意しよう

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

ドローンを道路上空で飛行させる際には、航空法で定められた条件を満たしている必要があります。また、道路上で離発着をおこなう場合や、一般交通に影響を及ぼす恐れのある場合は、警察署へ道路使用許可の申請が必要となるため注意しましょう。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部

ドローンのレベル4飛行における課題とは?条件も併せて紹介

ドローンのレベル4飛行における課題と条件について紹介します。2022年12月から、都市部の有人区域を飛行できる「レベル4飛行」が施行されました。業務拡大が期待される反面、課題点も解決しなければいけません。ドローンのレベル4飛行に定められた条件についても併せて紹介します。

  ドローンガイド編集部