ドローンのモニターとは?種類や選び方・おすすめ製品を紹介

ドローンのモニターには大きく3つの種類があり、機種や目的によって適切なものを選ぶ必要があります。本記事では、ドローンのモニターの種類や選び方、おすすめ製品などを紹介します。ドローンのモニターを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンのモニターとは

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの飛行では、操縦時にドローンの状況を確認するためのモニターを使用します。送信機にモニターを取り付けることで、機体の状況確認や空撮映像の確認、カメラの設定変更などが可能です。

ドローンのモニターの種類

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンのモニターにはさまざまな種類がありますが、大きく以下の3つに分けられます。

 

・コントローラー一体型(カメラ・モニター付きのドローン)

・外部モニター

・スマホ・タブレットで代用

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

コントローラー一体型(カメラ・モニター付きのドローン)

コントローラー一体型のモニターは、ドローンを操縦するコントローラーに直接モニターが取り付けられている製品です。モニターとコントローラーを別で接続する必要がなく、荷物も嵩張らないため便利ですが、販売されている種類が少ない点がデメリットとして挙げられます。

外部モニター

外部モニターを使用する場合、ドローンのコントローラーとは別でモニターを用意して、ケーブルなどで接続して映像を写します。接続が可能であればテレビやPC用のモニターも使用できるため、飛行状況やカメラの映像を大きな画面で確認したい場合は便利です。

 

スマホ・タブレットで代用

ドローンのメーカーによっては、スマホやタブレットをモニターとして使用できるアプリを提供しているところもあります。そういった場合は、コントローラーと接続することで、スマホやタブレットを代用しましょう。

 

スマホやタブレットでの代用は持ち運びが簡単であるほか、新たにモニターを購入せずにすむメリットがあります。一方で、環境や機種によっては作動が重くなる場合もあるため、用途や目的に応じて使い分けるとよいでしょう。

ドローンのモニターの選び方

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンのモニターには種類がたくさんあるため、どれを選べばよいかわからない方もいるかもしれません。ここでは、ドローンのモニターの選び方を紹介します。

 

・液晶の大きさで選ぶ

・解像度で選ぶ

・使いやすさで選ぶ

液晶の大きさで選ぶ

液晶の大きさによって、操作のしやすさが変わってきます。持ち運びや軽量感を重視したい場合はコンパクトな一体型やスマホ、タブレットを使用するようにして、大きな画面に写して細かな確認をしたい場合は液晶の大きい外部モニターを選ぶのがおすすめです。

解像度で選ぶ

ドローンの場合、違和感なく操作するにはフルHD以上が望ましいでしょう。それ以下でも支障ない場合もありますが、低解像度のものではドローンの操作がしづらくなる可能性があります。

使いやすさで選ぶ

モニターにはさまざまなタイプのものがありますが、いちばんの方法は自分にとって使いやすいものを選ぶことです。飛行場所や使用目的によって重視すべきポイントは異なるため、状況に応じて使い分けるのも1つ。

 

また、ものによっては映像に遅延が生じる可能性もあるため、正確に作動するものを選ぶようにしましょう。

 

ドローンのモニターおすすめ5選!

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ここからは、ドローンのモニターでおすすめのアイテムを紹介します。

 

  1. IPSパネルハイビジョンフィールドモニター
  2. Feelworld FW279 フィールドモニター
  3. FPVモニター ドローンクワッドコプター用FPVレシーバー
  4. ARRIS 5.8G無線FPV空撮用モニター
  5. FPV空撮用モニター FPVレシーバーモニター

1. IPSパネルハイビジョンフィールドモニター

「IPSパネルハイビジョンフィールドモニター」は画像の解像度が高くて扱いやすい、コンパクトな5インチのモニターです。

 

軽量で持ち運びやすく、利用シーンを問わずアクティブシーンでも活用できます。携帯性だけでなく実用性も兼ね備えており、多彩な用途にこれ1つで対応可能。ドローン用モニターを初めて購入する方にもおすすめのアイテムです。

2. Feelworld FW279 フィールドモニター

「Feelworld FW279」は、フォーカスアシストやヒストグラム、イヤホンジャックなど多彩な機能を持つフィールドモニター。リーズナブルでコストパフォーマンスのよいモニターを探している方におすすめです。映像も鮮やかなうえ、7インチとコンパクトなので実用性にも優れています。

 

3. FPVモニター ドローンクワッドコプター用FPVレシーバー

より持ち運びのしやすさを重視するなら、4.3インチの「FPVモニター ドローンクワッドコプター用FPVレシーバー」がおすすめ。屋外でも使いやすいほか、長時間の利用にも耐えうる作りとなっています。

4. ARRIS 5.8G無線FPV空撮用モニター

 

「ARRIS 5.8G無線FPV空撮用モニター」は、空撮用のモニターなのでドローンでの使用にぴったり。HD映像をリアルタイムで確認できるほか、7インチのほどよいサイズ感で持ち運びにも困りません。ドローンを空撮で頻繁に使用する方や、利便性を重視する方におすすめのモニターです。

5. FPV空撮用モニター FPVレシーバーモニター

「FPV空撮用モニター FPVレシーバーモニター」も7インチのサイズで、屋外での利用でも綺麗な映像を映し出すことが可能です。解像度も高く、臨場感溢れるあざやかな映像を楽しめます。こちらも空撮用モニターなので、空からの映像を綺麗に撮影したい方は要チェックです。

自分にぴったりなドローンのモニターを見つけよう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンのモニターについて解説しました。コントローラー一体型のものや外部モニターを使用するほか、スマホやタブレットで代用する方法もあります。ドローンを使用する目的や求める大きさ、解像度などによって選ぶべきモニターは異なるため、自分に合った種類のものを選ぶようにしましょう。

関連記事

ドローンの練習場おすすめ5選!探し方も解説

ドローンの練習場を探している方向けに、無許可で飛ばせる場所の探し方を解説します。屋外で練習場として使える場所は限られているため、ドローンの練習場を活用するのもおすすめです。後半では関東近郊でおすすめの練習場も紹介するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローン×高圧洗浄機で広がる可能性!ドローン高圧洗浄実証実験レポート

今や屋外清掃の主役と言っても過言ではない高圧洗浄機!使ったことのある人はあの汚れが落ちていく快感がクセになるという人も少なくないんじゃないでしょうか? そんな高圧洗浄機がドローンに搭載され、人の手がなかなか届かない部分を […]

  楠本達也

日本で注目される最新のドローン活用 水空合体ドローンにも注目!

ドローンの活用分野と市場規模の拡大 ドローンは近年、その多機能性や便利さから様々な分野で活用されるようになり、市場規模も拡大しています。ドローンの活用分野は、空撮や農業、災害対応、建設業、点検業務、物流・配送など多岐にわ […]

  ドローンガイド編集部

建築業界でドローンの活用が進む理由とは?メリットや活用例を紹介

建築業界でドローンの活用が進む理由について解説。人手不足が叫ばれる建設業界において、上空から建物の点検をしたりデータを収集したりできるドローンの活躍が進んでいます。本記事では、建築業界でのドローンの活用事例から、導入するメリット、また活用時の注意点まで紹介します。建築業界でドローンの導入を考えている方や、労働力不足を解決したいという方は必見です。

  ドローンガイド編集部

ドローンの災害救助の活用方法!メリットやデメリットの解説

ドローンを使って災害救助をする際のメリットやデメリットを紹介します。活用方法を学んで、正しく災害救助を行いましょう。気を付けなければいけないポイントが多いので、事前にしっかり準備をすることが大切です。本記事を参考に、ドローンの災害救助の活用方法をおさえましょう。

  ドローンガイド編集部