建築業界でドローンの活用が進む理由とは?メリットや活用例を紹介

建築業界でドローンの活用が進む理由について解説。人手不足が叫ばれる建設業界において、上空から建物の点検をしたりデータを収集したりできるドローンの活躍が進んでいます。本記事では、建築業界でのドローンの活用事例から、導入するメリット、また活用時の注意点まで紹介します。建築業界でドローンの導入を考えている方や、労働力不足を解決したいという方は必見です。

建築業界でドローンの活用が進んでいる理由とは?

イメージ画像

https://pixta.jp

 

空を自由自在に飛び回るドローン。そんなドローンが建築業界で活用されはじめています。

 

昨今ドローンの活用が進んでいる理由は、現場の作業員を危険に晒さずに効率的に状況や進捗を確認できたり、建物の点検ができるため。長年人手不足に苦しんでいた建築業界にとって、ドローンの導入は一石二鳥以上の恩恵を期待できるといえます。

 

建築業界でのドローン活用方法を紹介

イメージ画像

https://pixta.jp

建築業界でのドローンの活用方法はさまざま。ここからは、活用方法を紹介していきます。

 

工事の施工管理

イメージ画像

https://pixta.jp

 

工事がスケジュール通りに進捗しているか、設計図面の通りに施工されているか、品質基準を満たしているか、など施工管理にはさまざまな確認が生じます。これまでの施工管理では、管理者や現場監督が現場を巡回する必要があり、時間や手間がかかる作業でした。

 

ドローンを活用すれば、ドローンが撮影した動画や画像を見て進捗状況を確認できるため、現場を巡回する必要がなく、時間の短縮ができます。また、上空から現場の状況を俯瞰して見ることができるので、進捗状況も一目瞭然。

 

時間短縮や作業の軽減だけでなく、正確に状況を捉えることができるのもメリットです。

 

建設現場の測量

イメージ画像

https://pixta.jp

 

建築物を建設する前に必要になる測量も、ドローンを活用することで時間や労力を削減できます。

 

測量は人が歩き回って行う必要があり、山林などの急斜面で行う場合には数週間から数ヶ月もかかってしまうもの。ですが、ドローンで上空から測量することで、必要となる人員を削減できる他、時間も大幅に削減ができます。

点検作業

イメージ画像

https://pixta.jp

 

雨や風に常に晒される住宅は、定期的な点検や修繕が必要。そんな住宅の点検作業も、ドローンを活用することで効率化されています。

 

従来は職人が屋根の上に乗って点検をしていた作業も、ドローンを活用し上空から点検を行うことが可能。作業にかかる時間を短縮できるだけでなく、職人の安全も確保できたり、顧客と破損状態を一緒に確認ができたりと、さまざまな利点があります。

 

建築業界でドローンを活用するメリット

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ここからは、実際にドローンを活用する具体的なメリットを紹介していきます。

 

危険が伴う作業ができる

 

建築業界において、ドローンを活用するメリットの1つは、現場の作業員に代わって危険が伴う作業ができること。

 

ドローンを活用し、人が足場を組んで高い位置から建設の進捗を確認したり、点検をしたりする場面を減らすことで、労働環境を改善したり、事故を減らしたりすることができるでしょう。

 

人材不足の軽減

ドローンの導入することで、建築業界の人材不足が軽減する点もメリットの1つ。

 

施工管理や測量、点検など、本来であれば人員と時間の工数がかかる作業も、ドローンを導入することで人数の削減や時短ができます。ドローンの導入により効率化を図れる点がもメリットといえます。

ドローン利用時の注意点

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンを利用する際には、法律や注意点をチェックしておく必要があります。詳しく解説していきます。

 

法令の確認が必要

ドローンは、飛行可能な場所や条件が定められています。また、使用する場所により、適用される法律や許可の承認元が異なります。

 

無断でドローンの飛行をした場合には、法律に触れる恐れもあるので、しっかりと事前に管轄の警察署に確認をしましょう。承認には時間がかかる場合もあるので、余裕をもって申請することをおすすめします。

天候に左右される

ドローンは、雨や強風の日には基本的には向いていません。悪天候の日に飛行させると、最悪の場合は墜落したり建物などに衝突したりする恐れがあり、事故につながる危険性があります。

 

ドローンを使用した点検や測量、撮影などは天候がよい日に行いましょう。

 

建設業界で活躍するドローンの導入を検討しよう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

本記事では、建築業界でドローンが活用されている理由から活用方法、メリットや注意点まで紹介しました。

 

ドローンを導入することで、これまで人が行っていた作業をドローンで代わりに実施することができ、事故を減らしたり、人材不足の軽減につなげられたりします。建築業界でドローンの導入を検討している方は、ぜひメリットや注意点も参考にして導入してみてください。

関連記事

ドローンの練習場おすすめ5選!探し方も解説

ドローンの練習場を探している方向けに、無許可で飛ばせる場所の探し方を解説します。屋外で練習場として使える場所は限られているため、ドローンの練習場を活用するのもおすすめです。後半では関東近郊でおすすめの練習場も紹介するので、参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンのモニターとは?種類や選び方・おすすめ製品を紹介

ドローンのモニターには大きく3つの種類があり、機種や目的によって適切なものを選ぶ必要があります。本記事では、ドローンのモニターの種類や選び方、おすすめ製品などを紹介します。ドローンのモニターを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローン×高圧洗浄機で広がる可能性!ドローン高圧洗浄実証実験レポート

今や屋外清掃の主役と言っても過言ではない高圧洗浄機!使ったことのある人はあの汚れが落ちていく快感がクセになるという人も少なくないんじゃないでしょうか? そんな高圧洗浄機がドローンに搭載され、人の手がなかなか届かない部分を […]

  楠本達也

日本で注目される最新のドローン活用 水空合体ドローンにも注目!

ドローンの活用分野と市場規模の拡大 ドローンは近年、その多機能性や便利さから様々な分野で活用されるようになり、市場規模も拡大しています。ドローンの活用分野は、空撮や農業、災害対応、建設業、点検業務、物流・配送など多岐にわ […]

  ドローンガイド編集部

ドローンの災害救助の活用方法!メリットやデメリットの解説

ドローンを使って災害救助をする際のメリットやデメリットを紹介します。活用方法を学んで、正しく災害救助を行いましょう。気を付けなければいけないポイントが多いので、事前にしっかり準備をすることが大切です。本記事を参考に、ドローンの災害救助の活用方法をおさえましょう。

  ドローンガイド編集部