ドローンの練習場おすすめ5選!探し方も解説

ドローンの練習場を探している方向けに、無許可で飛ばせる場所の探し方を解説します。屋外で練習場として使える場所は限られているため、ドローンの練習場を活用するのもおすすめです。後半では関東近郊でおすすめの練習場も紹介するので、参考にしてみてください。

ドローンの練習場に使える場所

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンを許可なしに飛ばせる練習場には、一例として以下のような場所があります。

 

・私有地(飛行禁止区域ではない)

・河川敷(飛行禁止区域ではない)

・屋内

・ネット等で囲われた屋外施設

・ドローン練習場

・ドローンスクール

 

ただし、ドローンの飛行は、「航空法」や「小型無人機等飛行禁止法」をはじめさまざまな法律により規制されています。そのため、たとえ敷地内や公園などの場所であってもいきなり確認なしにドローンを飛行させるのは危険です。

 

ドローンを無許可で飛ばせる練習場所の探し方

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの飛行を練習するにはドローン練習場やドローンスクールの利用が便利ですが、できれば無料で使える練習場を探したい方もいるかもしれません。まずは、ドローンを無許可で飛ばせる練習場所の探し方を解説します。

 

  1. 人口集中地区(DID)の確認
  2. 飛行禁止区域の確認
  3. 該当エリアの条例やルールの確認

1. 人口集中地区(DID)の確認

はじめに、「航空法」により規制のある「人口集中地区(DID)」を確認しましょう。都心部などで指定されている人口集中地区(DID)では、ドローンを無許可で飛ばすことはできません。

 

どのエリアが人口集中地区に該当するかは、国土地理院が提供している「地理院地図」から確認してみましょう。

2. 飛行禁止区域の確認

人口集中地区に該当しない場合であっても、飛行禁止区域の場合は練習場所には使えません。「ドローンフライトナビ」「SORAPASS」など、飛行禁止区域をチェックできるWebサイトやアプリが提供されています。これらを活用して、飛行禁止区域に該当しない場所を探しましょう。

3. 該当エリアの条例やルールの確認

人口集中地区と飛行禁止区域の範囲外であっても、都道府県や市区町村が独自に条例を定めていることがあります。練習場所に使えそうな場所が見つかったら、「無人航空機の飛行を制限する条例等」で飛行可否を調べてみましょう。

 

また、該当エリアや管理者のルールも確認が必要です。河川敷や公園、海岸などでは、条例は定められていなくても管理者側がルールを設けていることがあります。

 

いずれにも該当しない場合、その場所でドローンを無許可で飛行させることが可能です。

 

ドローン専用の練習場を使うのもおすすめ

イメージ画像

https://pixta.jp

 

無許可でドローンを飛行させられる場所であっても、屋外である以上は多少の気が張ってしまうものです。気兼ねなくドローンの練習がしたい初心者の方などは、練習場の利用がおすすめ。

 

「本当にドローンを飛行させてよいのか不安」「慣れるまでは屋内で操縦の練習がしたい」といった方は、次項で紹介するドローンの練習場を参考にしてみてください。

 

【関東】ドローンの練習場おすすめ5選

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ここからは、関東でおすすめなドローンの練習場を紹介します。

 

  1. 横浜サニーエアロパーク
  2. 荒川河川敷ドローンテストフィールド
  3. リバーフィールド古河
  4. 市原ドローンフィールド
  5. LIONS FACILITY

1. 横浜サニーエアロパーク

『横浜サニーエアロパーク』は、都心部からアクセスしやすいドローンの練習場です。比較的リーズナブルに利用できるほか、屋内と屋外の練習場が用意されています。天候に左右されずに練習できるため、初心者の方にもおすすめ。

 

企業向けの団体プランや各種スクールも整っているので、さまざまな用途に利用できます。

 

公式HPはこちら

2. SAITAMAドローン練習場

『SAITAMAドローン練習場』はさいたま市内にあり、広大な敷地をもつ練習場。屋外練習場を探している方におすすめです。当日の利用も可能ですが、事前に予約しておくことをおすすめします。

 

公式HPはこちら

3. リバーフィールド古河

茨城県古河市の『リバーフィールド』は、渡良瀬川の河川敷にある広大なスポーツレクリエーション施設です。中でも「芝生の丘」はドローン練習場として利用でき、初心者の方でも気兼ね無く練習できます。

 

上空から渡良瀬遊水地を撮影できるので、ドローンを使って空撮に挑戦したい方にもおすすめです。

 

公式HPはこちら

4.コードベースキミツ

イメージ画像

コードベース キミツは閉校となった学校を、「新しい時代に必要となる資質や能力を学べる場所」として再生させます。ドローンスクールやドローンの個人練習にも利用でき、半日利用で3300円ほどで利用可能、複数人で合同練習をすればリーズナブル。

 

施設内にはKDDIのドローンスクールも入っており、免許取得やドローンの体験なども可能です。

 

公式HPはこちら

 

5. LIONS FACILITY

『LIONS FACILITY』は、プロのスタッフ立ち合いのもとで操縦を体験しながら、その場でドローンを購入可能な練習場。初回のお試しフライトであれば無料でできるので、まずは体験してみたいという方にもおすすめです。

 

カフェやバーも併設されており、軽食を楽しみながらドローンを楽しめるのが大きな特徴。気軽に情報交換できるため、ドローンについて勉強中の方や初心者の方にもおすすめです。

 

公式HPはこちら

 

ドローンの練習場を活用して操縦に慣れよう!

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの練習場について解説しました。エリアによっては、無許可でドローンを飛ばせる場所もありますが、初心者の方や操縦に不安のある方は専用の練習場を使ってみるのもおすすめです。ドローンの練習場を活用して、操縦技術を上達させましょう。

関連記事

ドローンのモニターとは?種類や選び方・おすすめ製品を紹介

ドローンのモニターには大きく3つの種類があり、機種や目的によって適切なものを選ぶ必要があります。本記事では、ドローンのモニターの種類や選び方、おすすめ製品などを紹介します。ドローンのモニターを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローン×高圧洗浄機で広がる可能性!ドローン高圧洗浄実証実験レポート

今や屋外清掃の主役と言っても過言ではない高圧洗浄機!使ったことのある人はあの汚れが落ちていく快感がクセになるという人も少なくないんじゃないでしょうか? そんな高圧洗浄機がドローンに搭載され、人の手がなかなか届かない部分を […]

  楠本達也

日本で注目される最新のドローン活用 水空合体ドローンにも注目!

ドローンの活用分野と市場規模の拡大 ドローンは近年、その多機能性や便利さから様々な分野で活用されるようになり、市場規模も拡大しています。ドローンの活用分野は、空撮や農業、災害対応、建設業、点検業務、物流・配送など多岐にわ […]

  ドローンガイド編集部

建築業界でドローンの活用が進む理由とは?メリットや活用例を紹介

建築業界でドローンの活用が進む理由について解説。人手不足が叫ばれる建設業界において、上空から建物の点検をしたりデータを収集したりできるドローンの活躍が進んでいます。本記事では、建築業界でのドローンの活用事例から、導入するメリット、また活用時の注意点まで紹介します。建築業界でドローンの導入を考えている方や、労働力不足を解決したいという方は必見です。

  ドローンガイド編集部

ドローンの災害救助の活用方法!メリットやデメリットの解説

ドローンを使って災害救助をする際のメリットやデメリットを紹介します。活用方法を学んで、正しく災害救助を行いましょう。気を付けなければいけないポイントが多いので、事前にしっかり準備をすることが大切です。本記事を参考に、ドローンの災害救助の活用方法をおさえましょう。

  ドローンガイド編集部