ドローンのリモートIDとは?免除条件や期限を紹介

ドローンの機体登録制度が設けられたことをきっかけに、登録機体に対してリモートID機能実装を求められています。しかし、なかにはリモートIDを詳しく知らず、実装方法がわからない人も少なくありません。本記事では、ドローンにリモートIDを実装するための方法や、免除になるケースについて紹介します。

ドローンのリモートIDとは

イメージ画像 出典:https://pixta.jp

リモートIDとは、ドローン機体の識別情報を発信する機能です。100g以上のドローンすべてにリモートID登録が義務付けられています。車のナンバープレートと考えるとわかりやすいでしょう。不審な飛行の有無を確認するために義務付けられています。

リモートID機能の実装義務とは

イメージ画像出典:https://pixta.jp

リモートIDは、2022年6月20日から施行され始めた機体登録制度です。機体登録システムにドローン機体を登録後、付与される登録記号を明示する必要があります。

リモートID機能によって発信される情報には、登録番号や製造番号などの「静的情報」と、飛行時の速度や位置、高度や飛行時刻などの「動的情報」の2種類に分けられます。

リモートID機能を実装する方法

イメージ画像出典:https://pixta.jp

登録を義務付けられているリモートID機能ですが、どうやってドローン機体を登録すればいいかわからない、という人は多いでしょう。ここからは、リモートID機能をドローン機体に実装する方法を紹介します。

 

リモートID機能に対応している機体を購入する

ドローン機体購入時に、前もってリモートID機能に対応している機体を購入する方法があります。予めリモートID機器が備わっているので、購入後に別途登録しなくて済むのが特徴です。初めてドローン機体を購入する際は、既にリモートID機器が備わっているものを購入するようにしてみてください。

リモートID機器を後付けする

ドローン機体にリモートID機器が備わっていない場合は、外付け型リモートID機器を購入して後付けできます。後付けする場合は、国土交通省が定めている規格(※)に適した機体かを確認するようにしてください。

リモートID機器等及びアプリケーションが備えるべき要件 参照

リモートIDが免除されるケースを紹介

イメージ画像出典:https://pixta.jp

ドローン機体のなかには、リモートID機器の実装を免除されるケースもあります。既に購入済の機体が免除されているかどうか、下記に紹介する条件を確認して判断してください。

事前登録期間中に手続きを済ませている機体

事前登録期間として設けられた2021年12月20日(月)から2022年6月19日(月)の間に登録した場合、リモートID機器なしで飛行可能になります。事前登録をしていないドローン機体を所持しているなら、自分でリモートID機器を実装しなければいけません。

リモートID特定区域内で飛行させる

リモートID特定区域でドローンを飛行させる場合、国土交通省への許可申請が済んでいれば、免除対象となります。飛行範囲を示す標識や飛行補助者がいる場合も免除対象です。

係留して飛行させる

ドローンが飛行しても切れない強度の紐(30m以内)を使用して係留飛行する際も、リモートID機能の免除対象です。限定された範囲のみ飛行させることで、識別する必要性が低いと判断されています。

リモートID機能対応機体の確認方法

イメージ画像出典:https://pixta.jp

リモートID機能に対応している機体かを判断する材料には2つ挙げられます。

1つ目は、国土交通省が出している「適合しているとして届出があったリモートID機器等の一覧」に表記があるかを確認する方法です。掲載されている機体であれば、すべてリモートID機能に対応している機種となります。

2つ目は、ドローン機体が販売されているメーカーの公式サイトや店舗で確認する方法です。専門知識を持ったスタッフが丁寧に教えてくれて、不明点や疑問点があればその場で解決できます。

リモートID機能が搭載されたドローンを購入しよう

イメージ画像出典:https://pixta.jp

ドローン機体登録時に求められるリモートID機能について紹介しました。今後も、リモートID機能に対応したドローンの開発が進んでいくと考えられます。これからドローンを購入する方は、リモートID機能に対応している機体を購入するようにしてみてください。

関連記事

スマホでドローン操縦をするメリットとは?おすすめの機体や注意点も紹介

ドローンの操縦と聞くと、コントローラーでの操作をイメージする方がほとんどでしょう。しかし機体によっては、スマホでの操縦が可能です。本記事では、スマホでドローン操縦をするメリットについて解説!さらに、おすすめの機体や注意点についても紹介します。

  ドローンガイド編集部

テラドローン、自社開発の国産UAVレーザの新製品「Terra Lidar Dual」「Terra Lidar R」発売

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下 テラドローン)は、自社開発の国産UAVレーザ『Terra Lidar』シリーズとして『Terra Lidar Dual(以下、TLD)』と『Ter […]

  yoshi

最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO202 […]

  yoshi

DJIが全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』を発表

DJI JAPAN株式会社が、2024年5月17日に新商品として全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』の発表をしました。 『Zenmuse H30T』と『Zenmuse H30 […]

  yoshi

ドローンの機体認証とは?やり方・種類・型式認証との違いも解説

ドローンの機体認証について、やり方や種類、型式認証との違いについて解説します。機体認証にかかる費用やよくある質問についてもまとめているので、ドローンの機体認証を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部