気象観測用ドローンとは|特徴や社会実装に向けた活動についても解説

気象観測においてドローンが活用され始めていることをご存じでしょうか。気象庁の検定を取得した高性能な気象観測用ドローンというものが存在しており、今まで観測できなかった場所での気象データ取得が期待されています。本記事では気象観測用ドローンの特徴と用途、気象観測用ドローンの社会実装について解説していきます。

気象観測用のドローンとは

イメージ画像

https://pixta.jp/photo/

 

気象庁検定を取得した「風向風速計、温度・湿度計、気圧計」といったパーツを搭載した、気象観測が行えるドローンのことです。気象データを地上のシステムに送信してリアルタイムで天気を観測することができます。

 

気象観測用ドローンの用途

気象観測用ドローンの用途には以下のようなものがあります。

 

  • 風力発電施設等の風況調査
  • 発電所等燃焼施設の大気拡散状況把握(逆転層の把握等)
  • ロケット打ち上げ時の事前調査
  • 天気予報の基礎データ収集
  • 風力発電施設等の風況調査
  • ビル周辺の風環境変化把握
  • 風の影響を受けるスポーツ・レクリエーション時の上空風の状況確認
  • 航空気象観測

 

主に産業で利用する場所の気候をピンポイントで観測するために役立てられています。

気象観測用ドローンの価格

気象観測用ドローンの価格ははっきりと明記されていないため確認できませんが、産業用ドローンの価格は約100万円(※)とされており、気象用としての用途から数百万円〜数千万円であることが予想されます。

”カトウAM公式HP”参照

 

普及には安価な気象観測用のドローンの開発が求められる

イメージ画像

https://pixta.jp/photo/

 

「大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立極地研究所」では汎用ドローンを応用して気象用ドローンを開発しています。

 

北海道陸別町において上記のドローンを利用し、晴れた明け方に地表付近が冷えて上空にいくほど気温が高くなる「接地逆転層」といった極地特有の観測に成功(※)しています。

 

本実験は気象観測への課題を目的としていますが、高価な気象用ドローンを社会実装するための問題解決にも役立つことが期待されています。

 

”国立極地研究所公式HP”参照

気象観測用ドローンの今後の発展に期待

イメージ画像

https://pixta.jp/photo

 

気象観測用のドローンはさまざまな飛行条件を満たす高い性能が求められるため、非常に高価であり社会実装するためには費用対効果の点がネックとなっています。気象観測用ドローンの活用のために汎用型のドローンで気象観測ができるように実験が行われており、興味を持った企業や団体が協力することで広く普及される可能性があります。ドローンを活用した気象観測の今後の発展に期待しましょう。

関連記事

スマホでドローン操縦をするメリットとは?おすすめの機体や注意点も紹介

ドローンの操縦と聞くと、コントローラーでの操作をイメージする方がほとんどでしょう。しかし機体によっては、スマホでの操縦が可能です。本記事では、スマホでドローン操縦をするメリットについて解説!さらに、おすすめの機体や注意点についても紹介します。

  ドローンガイド編集部

テラドローン、自社開発の国産UAVレーザの新製品「Terra Lidar Dual」「Terra Lidar R」発売

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下 テラドローン)は、自社開発の国産UAVレーザ『Terra Lidar』シリーズとして『Terra Lidar Dual(以下、TLD)』と『Ter […]

  yoshi

最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO202 […]

  yoshi

DJIが全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』を発表

DJI JAPAN株式会社が、2024年5月17日に新商品として全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』の発表をしました。 『Zenmuse H30T』と『Zenmuse H30 […]

  yoshi

ドローンの機体認証とは?やり方・種類・型式認証との違いも解説

ドローンの機体認証について、やり方や種類、型式認証との違いについて解説します。機体認証にかかる費用やよくある質問についてもまとめているので、ドローンの機体認証を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部