ドローンを静音で飛ばすコツ|静かなドローンも紹介

ドローンを静音で飛ばす方法や、静音性の高いおすすめドローンを紹介します。ドローンはその性質上、現代の技術においては無音で飛ばすことはできません。本記事ではドローンの音が気になる方に向けて、できるだけ静音で飛ばせるポイントや対処方法を紹介!ぜひ、静かにドローンを飛行させる工夫をしてみてください。

無音・静音のドローンはある?

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

実際に体験するとわかりやすいですが、ドローンは飛行の際にプロペラと空気との間で摩擦音が生じます。この音はそれなりに大きいため、中には無音や静音のドローンを探している方もいるかもしれません。

 

ドローンの構造上、無音で飛行可能なドローンはありません。しかし、静音性の高いドローンを使ったり、できるだけ静音で飛行させる工夫をしたりすることは可能です。

 

ドローンを静音で飛ばすコツ

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

まずはドローンを静音で飛ばすコツを見てみましょう。

 

・静音設計のパーツを活用する

・静音性の高いドローンを使用する

 

それぞれについて解説します。

静音設計のパーツを活用する

1つ目の方法は、ドローンを静音設計のパーツを用いてカスタマイズすることです。飛行時の音のボリュームを左右するドローンのパーツは、主に以下の2種類です。

 

・モーター

・プロペラ

 

モーター

モーターには、ブラシ付きのタイプとそうでないモーター(ブラシレスモーター)の2種類があります。静音を重視する場合、比較的動作音が小さなブラシレスモーターを選ぶとよいでしょう。

メーカーでいうと、DJIのドローンであれば初めからブラシレスモーターのタイプが採用されているものがほとんどです。また、他社製品の場合も、高価格帯のドローンであれば基本的にブラシレスモーターを採用している場合が多くなっています。

 

プロペラ

使用するプロペラによって、飛行時の回転音の大きさが変わります。静音性が気になる場合は、静音設計のプロペラを選ぶとよいでしょう。

中には静音設計のプロペラのみで別売りしているメーカーもあるため、他の機能を重視して、後から付け替えることも可能です。

 

静音性の高いドローンを使用する

自分でカスタマイズするのではなく、初めから静音性の高いドローンを購入するのも1つの手段です。商品説明欄に静音性についての記載があるものを選んだり、口コミや評価を参考にして購入したりするとよいでしょう。

ただし、どの程度の音量なのかは実際に飛行させないととわかりづらいため、練習場やスクールなどに機種があれば、飛行体験してみるのもおすすめです。

 

静音性の高いドローン3選

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

ここからは、静音性の高いドローンのおすすめをピックアップして紹介します。静音性の高いドローンのおすすめは以下の通りです。

 

・Rexi

・ZEROTECH DOBBY

・Pocket drone

 

それぞれの魅力や特徴について紹介します。

Rexi

「Rexi」は、屋内での利用を想定したトイドローンです。室内でも飛行可能な静音設計で、無音ではないものの比較的静かに飛行させることが可能。カメラや自律飛行といった機能の搭載はありませんが、宙返りも可能な仕様で操作性もばっちりです。

インドアでのドローン飛行を気兼ねなく楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

 

詳細はこちら

 

ZEROTECH DOBBY

「ZEROTECH DOBBY」は、自撮り用の撮影ドローンです。一般的な空撮の場合はパソコンによる編集処理を想定していますが、自撮りの映像はそのまま楽しむ場合が多いです。そのため、騒音をできるだけカットできるようにノイズ低減のプロペラも別売りで販売しています。

 

詳細はこちら

別売りのプロペラはこちら

 

Pocket drone

「Pocket drone」は、ノイズが気になりづらいマイクロドローン。コンパクトサイズなので、発生する飛行音も小さくなっています。小さいボディながら安定飛行が可能なので、初めてドローンを購入する際にもおすすめ。比較的リーズナブルに購入できるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

詳細はこちら

音が気になる場合の対処法

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

静音性の高いドローンを使用しても、多少のノイズは生じてしまいます。ここでは、ドローンの飛行時に音が気になる場合の対処法について解説するので、参考にしてみてください。

 

・関係者に事前説明をおこなう

・練習場やスクールを利用する

 

関係者に事前説明をおこなう

ドローンの音に関するトラブルが気になる場合は、周囲の方に対して事前に説明するのがおすすめです。

イベント等でドローンを飛行させる場合は、関係者に対して飛行音の説明をするとよいでしょう。場合によっては、近隣住民に対して説明が必要となる場合もあるかもしれません。そのような場合は、決められた許可のもと、周囲へ配慮した上で適切にドローンを飛ばしていることを真摯に伝えましょう。

 

練習場やスクールを利用する

単純に「練習がしたい」「ドローンを飛行したい」という場合には、練習場やスクールの利用もおすすめです。練習場やスクールであれば、飛行音が出ても問題ありません。

また、それ以外の場所でも、騒音が気にならないような場所でドローンを飛行させるのも手段の1つです。

 

音が気になる場合は静音性の高いドローンを使用しよう

イメージ画像

出典:https://pixta.jp

 

本記事では、ドローンの静音性について解説しました。ドローンの音が気になる場合は、静音性の高いドローンを活用してみてください。また、無音のドローンはないため、ドローンを飛ばす前に事前説明を行ったり、飛行させる場所を工夫したりするとよいでしょう。

関連記事

スマホでドローン操縦をするメリットとは?おすすめの機体や注意点も紹介

ドローンの操縦と聞くと、コントローラーでの操作をイメージする方がほとんどでしょう。しかし機体によっては、スマホでの操縦が可能です。本記事では、スマホでドローン操縦をするメリットについて解説!さらに、おすすめの機体や注意点についても紹介します。

  ドローンガイド編集部

テラドローン、自社開発の国産UAVレーザの新製品「Terra Lidar Dual」「Terra Lidar R」発売

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下 テラドローン)は、自社開発の国産UAVレーザ『Terra Lidar』シリーズとして『Terra Lidar Dual(以下、TLD)』と『Ter […]

  yoshi

最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO202 […]

  yoshi

DJIが全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』を発表

DJI JAPAN株式会社が、2024年5月17日に新商品として全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』の発表をしました。 『Zenmuse H30T』と『Zenmuse H30 […]

  yoshi

ドローンの機体認証とは?やり方・種類・型式認証との違いも解説

ドローンの機体認証について、やり方や種類、型式認証との違いについて解説します。機体認証にかかる費用やよくある質問についてもまとめているので、ドローンの機体認証を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部