ドローンポートとは?利用するメリットやおすすめのメーカーも紹介!

ドローンを飛行させる上で、知っておくべきなのがドローンポートです。ドローンと併せてドローンポートを利用すると、ドローンの利便性が上昇します。本記事では、ドローンポートについて詳しく解説するので、ドローンを利用している方はぜひ参考にしてみてください。

ドローンポートとは?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンポートとはドローンの発着場所のことです。ドローンは本来であれば、好きな場所から飛行させ、好きな場所に着地させることができます。しかし、着地する際の目標がなく、操作がしづらくなるケースも少なくありません。

ドローンポートを利用すれば、狙った場所に着地しやすくなります。あえてドローンポートを設けることで、様々な現場でドローンが活用しやすくなっているといえるでしょう。

 

ドローンポートを利用するメリット

イメージ画像

出典:pixta.jp

ドローンポートを利用するメリットは、以下の5つです。

  • 着陸がしやすくなる
  • 着陸する際の障害がなくなる
  • 運用する際の人手が少なくて済む
  • ドローンの様子を監視しやすくなる
  • 自動的に充電ができる

それぞれ詳しく解説します。

 

着陸がしやすくなる

ドローンポートを利用すれば、着陸場所が固定されます。そのため、どこに着陸するべきか迷う心配がありません。

ドローンポートがなければ、様々な観点から適切な着陸場所を常に探す必要があります。その手間がかからないのは、ドローンポートを利用するメリットといえるでしょう。

 

着陸する際の障害がなくなる

ドローンポートは障害の少ない安全な場所に設置されることが多いです。安全だと思う場所に着陸しようとしても、風や見えなかった障害物によって着陸できないケースは少なくありません。

ドローンポートを利用すれば、比較的安全に着陸ができるため、ドローンが破損するリスクを下げることが可能です。

 

運用する際の人手が少なくて済む

ドローンポートを設置すれば、ドローンの管理がしやすくなります。効率的にドローンの管理ができるようになれば、運用にかかる人手も少なくて済むでしょう。人件費の削減にもドローンポートは効果的です。

 

ドローンの様子を監視しやすくなる

ドローンポートを設置すれば、常に決まったポートからポートにドローンが移動するようになります。そのため、ドローンがどのようにして飛行しているのかを管理しやすくなる点がメリットです。

ドローンは操縦者によって軌道が変わったり、飛行場所が異なったりします。常に異なるルートを飛行していたのでは、監視は難しいでしょう。そういった懸念がないのは、ドローンポートを利用するメリットの1つです。

 

自動的に充電ができる

ドローンポートには充電機能が設けられているものもあります。ドローンポートに着地すれば、自動的に充電が行われるため、ドローンを使う際に充電がないという事態にはなりづらいです。

充電を行う手間を削減できるのも、ドローンポートのメリットといえるでしょう。

 

ドローンポートは物流の現場で導入されている

イメージ画像

出典:pixta.jp

ドローンポートは様々な現場で活用されていますが、中でも物流現場での導入に注目が集まっています。決まった場所から決まった場所にドローンを飛行させることのできるドローンポートは、貨物の輸送がしやすくなる点がメリットです。

まだ導入事例は少ないですが、今後はさらにドローンポートの導入が増えていくと考えられるでしょう。

 

ドローンポートの販売メーカー

イメージ画像

出典:pixta.jp

ドローンポートは、以下のメーカーから販売されています。

  • VFR
  • iPROS

それぞれ詳しく解説します。

 

VFR

VFRは日本のドローンポートメーカーです。2次元バーコードを用いた着陸に対応しているドローンポートを販売しており、自動充電システムによって着陸位置がずれたとしても、ドローンを中央に動かして充電を行うことができます。

全天候に対応しているシェルターが設けられているのも、VFRのドローンポートの特徴です。

 

iPROS

iPROSでは、物流用の固定用ドローンポートだけではなく、災害時に利用できる可搬式ドローンポートを販売しているのが特徴です。様々な用途で利用できるドローンポートを販売しているため、ドローンポートを使ってビジネスをしようと考えている方は、一度チェックしておくべきメーカーといえるでしょう。

 

ドローンポートは人件費の削減に繋がる

イメージ画像

出典:pixta.jp

ドローンポートを活用すると、ドローン飛行における人件費の削減に繋がります。ドローンを導入しているものの、人件費の増加が気になっているという方は、ぜひドローンポートを利用してみてください。

関連記事

スマホでドローン操縦をするメリットとは?おすすめの機体や注意点も紹介

ドローンの操縦と聞くと、コントローラーでの操作をイメージする方がほとんどでしょう。しかし機体によっては、スマホでの操縦が可能です。本記事では、スマホでドローン操縦をするメリットについて解説!さらに、おすすめの機体や注意点についても紹介します。

  ドローンガイド編集部

テラドローン、自社開発の国産UAVレーザの新製品「Terra Lidar Dual」「Terra Lidar R」発売

Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下 テラドローン)は、自社開発の国産UAVレーザ『Terra Lidar』シリーズとして『Terra Lidar Dual(以下、TLD)』と『Ter […]

  yoshi

最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO202 […]

  yoshi

DJIが全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』を発表

DJI JAPAN株式会社が、2024年5月17日に新商品として全天候型マルチセンサー対応ドローン向けペイロード『Zenmuse H30シリーズ』の発表をしました。 『Zenmuse H30T』と『Zenmuse H30 […]

  yoshi

ドローンの機体認証とは?やり方・種類・型式認証との違いも解説

ドローンの機体認証について、やり方や種類、型式認証との違いについて解説します。機体認証にかかる費用やよくある質問についてもまとめているので、ドローンの機体認証を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部