ドローンのバッテリーの寿命は?処分方法も解説!

ドローンのバッテリーには主に2種類あり、それぞれ特徴が異なります。ドローンのバッテリーを購入する際は、種類による違いについて理解しておきましょう。本記事では、ドローンのバッテリーの寿命や処分方法についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンのバッテリーには2種類ある

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのバッテリーには以下の2種類があります。

 

  • リチウムイオンバッテリー
  • リポバッテリー

 

それぞれ詳しく解説します。

 

リチウムイオンバッテリー

リチウムイオンバッテリーは汎用性が高いバッテリーです。ドローン以外にもスマートフォンやパソコンなどにも用いられています。ドローンにも用いられていますが、後述するリポバッテリーと比べると採用率は高くありません。

 

リポバッテリー

リポバッテリーはリチウムイオンバッテリーの一種です。基本的な特徴は一般的なリチウムイオンバッテリーと変わらないのですが、リポバッテリーの方が安全性が高く運用しやすいという特徴があります。

 

ドローンのバッテリーの種類による違い

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

リチウムイオンバッテリーとリポバッテリーには、以下のような違いがあります。

 

  • 寿命の長さ
  • 軽量化のしやすさ
  • 衝撃への耐性
  • 発火のリスク

 

それぞれ詳しく解説します。

 

寿命の長さ

2つのバッテリーの寿命の長さは、大きく変わりません。どちらもバッテリーの中では、比較的長持ちします。もちろん、充放電を繰り返したり高温下で放置したりすると、劣化は早まるため注意しなければいけません。

 

軽量化のしやすさ

リポバッテリーはリチウムイオンバッテリーと比べて、軽い外装を使用しています。そのため、ドローンを軽量化したいのであれば、リポバッテリーの方がおすすめといえるでしょう。

 

衝撃への耐性

リチウムイオンバッテリーの外装の方がリポバッテリーと比べると耐久性が高い素材を使用しているため、衝撃への耐性は優れています。しかし、激しい衝撃に耐えるほどの耐久性はないため、使い方を誤ると破損する可能性があるのは、どちらのバッテリーも変わりません。

 

発火のリスク

リポバッテリーは発熱した際に熱が広がりづらい構造になっています。そのため、リチウムイオンバッテリーと比べると発火のリスクは低いといえるでしょう。しかし、発火のリスクがないわけではないため、取り扱いには注意する必要があります。

 

ドローンのバッテリーはどちらを購入するべき?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのバッテリーはリポバッテリーの方が主流です。そのため、市場に出回っているバッテリーはリポバッテリーの方が多いと考えられます。どのようなドローンを利用するかでバッテリーの種類を選ぶのがおすすめですが、購入しやすいのはリポバッテリーといえるでしょう。

 

ドローンのバッテリーは予備を持っておくのがおすすめ

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのバッテリーは予備を持っておくのがおすすめです。バッテリーの種類に関わらず、急に故障したり劣化したりするのは避けられません。万が一のトラブルが起こる可能性もあるため、常にドローンのバッテリーは予備を保有しておきましょう。

 

ドローンのバッテリーおすすめ3選!

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

具体的にどのようなバッテリーを購入すれば良いかわからない方もいるでしょう。ドローンのバッテリーのおすすめ3選について紹介します。

 

CNHL MiniStar

CNHL MiniStarは急速充電が可能なリポバッテリーです。充電時間をなるべく短縮したいと考えている方にはおすすめといえるでしょう。他にも高電圧を素早く放電できるため、サイクル寿命が長いという特徴もあります。

CNHL MiniStarの詳細はこちら

 

QANYEGN 

QANYEGNは耐久性が高いのが特徴です。劣悪な環境でドローンを飛行させる際には、重宝するリチウムイオンバッテリーといえるでしょう。冬の北海道のような低温下でドローンを飛行させる際には、採用を検討できます。

QANYEGNの詳細はこちら

 

SIGP 3S

SIGP 3Sはヘリコプタータイプのレーシングドローン向けのリポバッテリーです。レーシングドローンに搭載するバッテリーはパワーが重要になるため、出力不足で悩んでいる方にはおすすめといえるでしょう。

SIGP 3Sの詳細はこちら

 

ドローンの予備バッテリーを購入する際の注意点

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンの予備バッテリーを購入する際は、所有しているドローンに対応しているかをチェックしましょう。リポバッテリーにも様々な種類があり、保有しているドローンには対応していない可能性もあります。

 

ドローンのバッテリーの寿命はどれくらい?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのバッテリーの寿命はモデルや使い方によって大きく異なります。容量が大きく寿命が長いバッテリーも存在しているため、なるべく長く使いたい方は容量の大きいバッテリーを購入するのがおすすめです。

 

ドローンのバッテリーの保管方法は?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのバッテリーはなるべく室温で保管をしましょう。高温下、低温下で保存をするとバッテリーに負荷がかかり、劣化が激しくなってしまいます。当然ですが、湿気にも十分に注意をしましょう。

 

すぐにドローンのバッテリーの充電が切れる場合は?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

すぐにドローンのバッテリーの劣化が切れる場合は、劣化が進んでいる可能性が高いです。なるべく早くバッテリーの交換を検討してみてください。

 

ドローンのバッテリーの処分方法とは?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのバッテリーを処分する際は、リサイクル協力店に持ち込むのがおすすめです。発火の危険があるため、一般ゴミと一緒に処分しないように十分注意しましょう。

 

ドローンのバッテリーの取り扱いには注意!

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのバッテリーは、取り扱い方法を間違えると思わぬ事故につながる可能性があります。状態をこまめにチェックしつつ、万が一のトラブルには十分に注意しましょう。バッテリーの劣化が進むとドローンを快適に操縦しづらくなるため、予備のバッテリーを用意しておくのも大切です。

関連記事

ドローンによる8K撮影の方法|機体購入と撮影依頼した場合を比較!

ドローンによる8K撮影は可能です。動画撮影の方法は機体を購入して自身で撮影するか、業者に依頼する方法の2つがあります。本記事では両者の費用を比較し、単発で撮影を行う場合どちらがお得なのか紹介します。高画質な空撮動画を撮影したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

【新製品リリース】高品質なドローン映像がリアルタイムにどこからでも見られる『Moviewby(ムービーウォービー)powered by JIZAIPAD』

株式会社ジザイエ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中川 純希、以下「ジザイエ」)は、HDMIを挿すだけでドローン映像を高品質のままリアルタイムにどこへでも伝送できる出力サービス『Moviewby(ムービーウォービー)powered by JIZAIPAD』を発表。 建設の施工現場での巡視業務をすでに開始しており、今後は様々な業界で利用されているドローンへの導入拡大を予定しているとのこと。

  yoshi

【リリース】99gの空飛ぶAIカメラ。ZERO ZERO ROBOTICS社の『HOVERAir X1 Smart』が一般販売開始!!

『HOVERAir X1 Smart』は、日本市場向けに99gに軽量化した限定モデルのAI搭載型のドローン。 航空法上求められる許可・承認が必要なく、気軽に楽しむことができます。 この『HOVERAir X1 Smart』の一般販売が5月28日に開始します。

  yoshi

【リリース】株式会社プロドローンが離着水・海上航行可能な海洋観測ドローン『Penta-Ocean Vanguard-DroneAqua(POV-DA)』を開発

日本発の産業用ドローン専門メーカーである株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:戸谷俊介)と、五洋建設株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:清水琢三)は、離着水ならびに海上航行が可能な海洋観測ドローン『Penta-Ocean Vanguard-DroneAqua』(以下POV-DA) の開発をしたことを発表しました。

  yoshi

【リリース】エバーブルーテクノロジーズ社、小型無人除雪機の製品モデル『除雪ドローン🄬V3』の開発とサービスインに向けた仮予約の受付開始を発表

エバーブルーテクノロジーズ株式会社(本社:東京都調布市、代表取締役CEO:野間 恒毅、以下エバーブルー)は、開発中の小型無人自動除雪機の製品モデルとなる『除雪ドローン🄬V3』を発表。 併せて、2026年のサービスインに向けて仮予約の受付も開始する事も発表しました。

  yoshi