最新の水中ドローン『CHASING X』。最新デザインで日本初公開中!

株式会社スペースワン(東京営業所:台東区上野、代表取締役:小林康宏)は、最新水中ドローン『CHASING X』を2024年5月22日から幕張メッセで開催されている「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO2024)」にて公開しています。

『CHASING X』とは

イメージ画像

『CHASING X』は、最深350m潜航できる性能を持ち、洋上風力発電や港湾施設の保守点検など、幅広い産業での活用が期待されています。
2024年3月、ロンドンのオーシャノロジーインターナショナルで世界初公開されると、洋上風力発電や海底ケーブルに関連する海洋土木をはじめとした水中点検を実施するユーザーから多く問い合わせが寄せられている期待の水中ドローンとなっています。

『CHASING X』の特徴

イメージ画像

これまでのCHASING水中ドローンの中で最も大型機種となる『CHASING X』。
海洋土木や、オフショア環境での運用にも適応できる仕様となり開発されています。

ここからは、2024年5月22日時点で判明している性能面について見ていきましょう。

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

・水深350mを可能にする耐水圧構造
・最大前進速力4.5ノット
・バッテリー容量1000wh。給電システムも使用可
・新仕様のカメラを搭載。よりクリアな画質 
・電子ジンバルカメラ(オプション搭載)により下方部も広く撮影可能
・複数の拡張オプションを搭載可能
・12000lmライトを標準搭載
など

CHASINGシリーズで最も高性能で、最大水深350mの耐水圧構造。
自重もあることから海中や流れのある水中での安定性も増し、より幅広い水中点検の用途への活用が期待される機体となっています。

出典

関連記事

ドローンによる8K撮影の方法|機体購入と撮影依頼した場合を比較!

ドローンによる8K撮影は可能です。動画撮影の方法は機体を購入して自身で撮影するか、業者に依頼する方法の2つがあります。本記事では両者の費用を比較し、単発で撮影を行う場合どちらがお得なのか紹介します。高画質な空撮動画を撮影したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンのバッテリーの寿命は?処分方法も解説!

ドローンのバッテリーには主に2種類あり、それぞれ特徴が異なります。ドローンのバッテリーを購入する際は、種類による違いについて理解しておきましょう。本記事では、ドローンのバッテリーの寿命や処分方法についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

【新製品リリース】高品質なドローン映像がリアルタイムにどこからでも見られる『Moviewby(ムービーウォービー)powered by JIZAIPAD』

株式会社ジザイエ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中川 純希、以下「ジザイエ」)は、HDMIを挿すだけでドローン映像を高品質のままリアルタイムにどこへでも伝送できる出力サービス『Moviewby(ムービーウォービー)powered by JIZAIPAD』を発表。 建設の施工現場での巡視業務をすでに開始しており、今後は様々な業界で利用されているドローンへの導入拡大を予定しているとのこと。

  yoshi

【リリース】99gの空飛ぶAIカメラ。ZERO ZERO ROBOTICS社の『HOVERAir X1 Smart』が一般販売開始!!

『HOVERAir X1 Smart』は、日本市場向けに99gに軽量化した限定モデルのAI搭載型のドローン。 航空法上求められる許可・承認が必要なく、気軽に楽しむことができます。 この『HOVERAir X1 Smart』の一般販売が5月28日に開始します。

  yoshi

【リリース】株式会社プロドローンが離着水・海上航行可能な海洋観測ドローン『Penta-Ocean Vanguard-DroneAqua(POV-DA)』を開発

日本発の産業用ドローン専門メーカーである株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:戸谷俊介)と、五洋建設株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:清水琢三)は、離着水ならびに海上航行が可能な海洋観測ドローン『Penta-Ocean Vanguard-DroneAqua』(以下POV-DA) の開発をしたことを発表しました。

  yoshi