ドローンによる8K撮影の方法|機体購入と撮影依頼した場合を比較!

ドローンによる8K撮影は可能です。動画撮影の方法は機体を購入して自身で撮影するか、業者に依頼する方法の2つがあります。本記事では両者の費用を比較し、単発で撮影を行う場合どちらがお得なのか紹介します。高画質な空撮動画を撮影したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンによる8K撮影を行うには

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンの8K撮影を行うためには主に以下の方法があります。

 

  • 自分で撮影する
  • 業者に依頼する

 

撮影技術を持っており知識がある方は自分で撮影することが可能ですが、ドローンの知識がない方は業者に依頼する方法がおすすめです。これから動画撮影を行いたい方のために、それぞれについて解説します。

自分で撮影する

8K撮影が行えるドローンを購入して、撮影する方法があります。プロが使用する8K撮影対応のドローンはかなり高額です。ネットでかなりお安く売られているケースもありますが、中には粗悪品も多いので気を付けてください。値は張りますが、確実な信頼できるメーカー製のドローンを選んだ方が良いと思います。

DJI Inspire 3

言わずと知れた世界最大のドローンメーカーDJIの看板機種「DJI Inspire 」3はレンズ交換型のフルサイズセンサー搭載「Zenmuse X9-8K Air ジンバルカメラ」を採用し、鮮やかな8K映像を記録できるドローンです。プロペラが付いた脚部が上下に昇降する機構により、カメラ角度を上方80度まで傾けて撮影できるため、撮影対象の下部から機体の映り込みなしで撮影することも可能です。

 

被写体にフォーカスを合わせ続ける「Spotlight Pro」という機能を搭載しており、人や車を認識して撮影することが可能になっています。

 

製品のくわしい情報はこちら

 

業者に依頼する

プロ用の高価な機材による、映像のクオリティにこだわりたい方は業者に依頼する方法がおすすめです。撮影だけではなく編集も行ってくれるところもあるため、品質を保った上ですべての作業を代行してもらうことも可能です。依頼相場は5万円~20万円となっているので、予算に合わせて検討しましょう。

 

ドローンでは難しい空域の撮影はヘリなら可能

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

8Kカメラを搭載したドローンの飛行が難しい高度や、風が強い海上の撮影の場合はヘリコプターによる撮影なら対応可能です。費用はドローン撮影より高く、予算相場は30万円以上となっています。

 

ドローンの8K撮影を安く済ませるなら業者の方がおすすめ

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

プロ用のDJI Inspire 3の価格は約176万円であり、撮影依頼費用は5万円~20万円となっていることを考えると予算だけを考えると業者へ依頼する方がコストを抑えることができます。

 

高画質の動画撮影を依頼するなら「ジュエ株式会社」がおすすめです。同社では8K以上の高解像度のさまざまな空撮を実施しており、最大16K120fpsのドローン空撮が依頼可能です。依頼は以下のリンクから行いましょう。

 

公式サイトはこちら

ドローンの8K撮影は費用がかかる

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

現状では8K撮影が可能なドローンは高額であり、自身で操縦して撮影したい場合ではない限り業者に依頼するのがおすすめです。機体代は業者への依頼費用の数倍であり、興味本位で撮影するような価格帯ではありません。動画の撮影を考えている方は、本記事を参考に撮影目的や費用を検討し、動画作成に臨んでみてください。

関連記事

国際ドローン協会、約1,000Haの農地をドローンによる空中散布の実施成功を発表(千葉県東庄町)

一般社団法人国際ドローン協会(本社:東京都江東区、代表理事:榎本幸太郎)(以下、IDA)は、千葉県東庄町において、約1,000ヘクタールの農地で日本初の試みとして、有人ヘリコプターからドローンの空中散布への全面切り替えを実施した事を発表した。

  yoshi

ORSO社、「お家で練習できる」”新しいドローン国家試験向け練習用ドローンセット『DRONE STAR TRAINING』を発売開始

DRONE STARブランドを手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂本義親)(以下、ORSO社)は、ドローン国家試験向けにビジョンセンサーON/OFF機能を搭載した、「お家で練習できる」 新しい練習機セットとして『DRONE STAR TRAINING』を2024年7月17日(水)より公式オンラインストアにて販売開始したことを発表した。

  yoshi

DJIのドローンがお得に買える!?Amazon プライムデーで『DJI Air 3』『DJI Mini 3』がセール対象に!!

DJI JAPAN 株式会社は、2024年7月16日(火)から7月17日(水)まで、Amazonで開催されるビッグセール「Amazon プライムデー」にて、ドローン・アクションカメラ・ポータブル電源・スタビライザーなどのカテゴリーの対象製品をセール価格にて販売する事を発表した。 また、「Amazon プライムデー」に先立ち開催される「プライムデー先行セール(2024年7月11日(木)から7月15日(月)まで)」でも、対象製品を先行して特別価格で購入できることも同時に発表している。

  yoshi

FullDepth社、国産産業用の新型水中ドローン『DiveUnit KAI』『DiveUnit 300 Lite』『DiveUnit HAYATE』3機種の販売開始を発表

国産の水中ドローン『DiveUnit300』を用いた水中デジタル化技術の開発・販売を行ってきた株式会社FullDepth(フルデプス、所在地:茨城県つくば市、代表取締役社長:吉賀 智司)(以下「FullDepth社」)は、 4年ぶりとなる新型の水中ドローン3機種を販売開始する事を発表した。 この3機種は、水中デジタル化の高度化を想定して用途別に進化した製品となっているとのこと。

  yoshi

ドローンによる火山調査の目的とその成果|使用機体の特徴も解説

2024年に発足した「火山調査研究推進本部」により、国内の火山調査が進行中です。危険な火山調査に遠隔操作が可能なドローンが活用され、役立つデータを届けてくれています。今回はドローンによる火山調査の目的や成果について詳しく解説!防災対策におけるドローン活用に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部