ドローンのモーター制御に欠かせないESCとは?種類や選び方も解説!

ドローンを安定して飛行させるためにはESCというモーターを制御するためのパーツが必要です。ESCには種類があり、間違ったものを選ぶとモーターが破損したりドローンが熱暴走するなどの危険があります。本記事ではドローンのESCの概要と選び方について解説します。ドローンの自作をこれから考えている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

ドローンのモーターとESCについて

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのESCとはモーターの回転をコントロールするパーツのことです。接続するモーターの仕組みによってESCの種類が変わり、制御の仕方も変わります。ドローンを自作する際にはモーターに合わせたESCを選びましょう。

 

ドローンのモーターの種類

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのモーターには種類があり、制御するESCもモーターに合わせて選ぶ必要があります。まずは以下のモーターの種類について理解していきましょう。

 

  • ブラシモーター
  • ブラシレスモーター

 

それぞれについて解説していきます。

ブラシモーター

ブラシモーターとはモーターの回転数に影響を与えるブラシが内蔵されたモーターのことです。ブラシレスモーターに比べてシンプルな構造であるものの、ブラシの摩耗が起こるためパーツの交換が必要でありメンテナンスに手間がかかります。

ブラシレスモーター

ブラシレスモーターとは文字通りブラシがない構造のモーターのことで、トランジスタと呼ばれるパーツにより電流の切替を行う仕組みになっています。ブラシがないためメンテナンス性が高く、静音性が高いというメリットがあります。

ESCの選び方

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

以下のESCの選び方について解説します。

 

  • 安全に使うための機能があるか
  • 用途に合っているか
  • 最大出力値がモーターに合っているか

 

安全に使うための機能があるか

バッテリー切れによる墜落を防ぐために電圧低下時に自動で電圧をカットする機能である「カットオフ機能」があるものや、ESCに熱が蓄積するのを防ぐ「クーリング機能」があるものを選びましょう。安全に使用するための機能が搭載されているか、チェックしておきましょう。

用途に合っているか

ドローンにカメラやマイクといったパーツを装着したい場合は、「BEC機能」が搭載されたものがおすすめです。また、モーターの回転の立ち上がりを調整する「スタートパワー」といった機能があるなど、自身が目指す飛行方法に合わせたESCを選びましょう。

最大出力値がモーターに合っているか

ESCの最大出力値がモーターに合っているか確認して選ぶことが重要です。ESCのスペック表をみれば出力値を確認できますが、一般的な使用方法の場合30A~50Aのものを選べば問題なく使用できるはずです。

 

ドローンのESCが故障した場合

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ESCが故障が疑われる場合は、テスターなどでチェックすることも可能ですが、一般的には交換するのが一般的です。ESCの故障は外部からわかりにくく、飛行中に判明することがあるので、不調を感じたら墜落を避けるために早めに交換しましょう。

 

ESCはドローンを動かすのに欠かせないパーツ

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのプロペラを回転させるモーターの制御はESCによって行われており、安定した飛行を行うためにはモーターに合ったESCを選択する必要があります。安全面に重要なカットオフやクーリング機能といった点をはじめ、飛行方法やモーターとの適合を考えることが重要です。これからドローンの自作を行う方は、本記事を参考にESCを選んでみてください。

 

関連記事

国際ドローン協会、約1,000Haの農地をドローンによる空中散布の実施成功を発表(千葉県東庄町)

一般社団法人国際ドローン協会(本社:東京都江東区、代表理事:榎本幸太郎)(以下、IDA)は、千葉県東庄町において、約1,000ヘクタールの農地で日本初の試みとして、有人ヘリコプターからドローンの空中散布への全面切り替えを実施した事を発表した。

  yoshi

ORSO社、「お家で練習できる」”新しいドローン国家試験向け練習用ドローンセット『DRONE STAR TRAINING』を発売開始

DRONE STARブランドを手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂本義親)(以下、ORSO社)は、ドローン国家試験向けにビジョンセンサーON/OFF機能を搭載した、「お家で練習できる」 新しい練習機セットとして『DRONE STAR TRAINING』を2024年7月17日(水)より公式オンラインストアにて販売開始したことを発表した。

  yoshi

DJIのドローンがお得に買える!?Amazon プライムデーで『DJI Air 3』『DJI Mini 3』がセール対象に!!

DJI JAPAN 株式会社は、2024年7月16日(火)から7月17日(水)まで、Amazonで開催されるビッグセール「Amazon プライムデー」にて、ドローン・アクションカメラ・ポータブル電源・スタビライザーなどのカテゴリーの対象製品をセール価格にて販売する事を発表した。 また、「Amazon プライムデー」に先立ち開催される「プライムデー先行セール(2024年7月11日(木)から7月15日(月)まで)」でも、対象製品を先行して特別価格で購入できることも同時に発表している。

  yoshi

FullDepth社、国産産業用の新型水中ドローン『DiveUnit KAI』『DiveUnit 300 Lite』『DiveUnit HAYATE』3機種の販売開始を発表

国産の水中ドローン『DiveUnit300』を用いた水中デジタル化技術の開発・販売を行ってきた株式会社FullDepth(フルデプス、所在地:茨城県つくば市、代表取締役社長:吉賀 智司)(以下「FullDepth社」)は、 4年ぶりとなる新型の水中ドローン3機種を販売開始する事を発表した。 この3機種は、水中デジタル化の高度化を想定して用途別に進化した製品となっているとのこと。

  yoshi

ドローンによる火山調査の目的とその成果|使用機体の特徴も解説

2024年に発足した「火山調査研究推進本部」により、国内の火山調査が進行中です。危険な火山調査に遠隔操作が可能なドローンが活用され、役立つデータを届けてくれています。今回はドローンによる火山調査の目的や成果について詳しく解説!防災対策におけるドローン活用に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部