ドローンの防犯対策とは|防犯用ドローンのメリットとデメリットを解説

さまざまな産業やビジネスで活用が見込まれているドローンですが、防犯対策への活用も進んでいます。人的リソースが必要な監視業務が、ドローンの活用により変化を見せています。今回は防犯用ドローンを活用した防犯対策の内容とメリットとデメリットについて解説します。ドローンの活用に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンによる防犯対策とは

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンによる防犯対策とは、ドローンを利用して上空から追跡、監視を行う新しい防犯システムのことです。生身の人間が行う従来の警備方法より広範囲の警備が行いやすくなります。

AIを活用した防犯用ドローンが開発されている

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

防犯用ドローンの実用化に向けてAIを活用した防犯用ドローン「セコムドローンXX」が開発されており、以下のポイントを中心に製品の特徴を解説していきます。

 

  • 自律飛行が可能
  • 離着陸から充電まで全自動

自律飛行が可能

開発されたドローンは人や車両を検知する画像AIを搭載し、オペレーターが指定した不審者・不審車両と判断した物体を自動で追跡および撮影することが可能です。巡回監視機能や侵入監視機能を搭載しており、状況に応じてモードを切り替えることができます。

 

機体の飛行性能の向上により最大で半径約6kmのエリアを警備することが可能で、耐風性能の向上、赤外線カメラ搭載により、悪天候時や夜間における監視を可能としています。

離着陸から充電まで全自動

新たに開発したドローン格納庫により、ドローンの格納や離着陸だけではなくバッテリー交換や充電、機体のセルフチェックを全自動で行うことが可能です。従来の製品では再飛行まで約2時間の充電時間を要していましたが、自動でバッテリーを交換する方式に改善したことにより約3分で再飛行できるようになっています。

 

セコムドローンXXのくわしいスペックや情報については、以下のリンクを参照してみてください。

 

セコム株式会社公式HP

ドローンによる防犯のメリット

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

以下のドローンによる防犯対策のメリットについて解説します。

 

  • 人手不足の解消
  • 警備員のリスクを低減できる
  • 人では対応できない場所も監視できる

 

人手不足の解消

ドローンが警備の役割を担うことにより、人手不足を解消することができます。上空から警備することで広範囲を監視することが可能なため人員の削減につながります。

警備員のリスクを低減できる

ドローンによる追跡なら不審者と直接対峙する必要がないため、警備員のケガのリスクを低減することができます。動画による撮影を行いながら監視を続け、警察の到着を待つこともできます。

人では対応できない場所も監視できる

足場が悪い場所や、高所など人間では監視しにくい場所でも、ドローンなら警備することが可能です。暗視カメラを搭載することで、人の目では発見しにくい状況でも異常を感知することができます。近年増加している果実の盗難にも役立っており、今後さらなる活用が予想されます。

ドローンによる防犯のデメリット

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

以下のドローンによる防犯対策のデメリットについて解説します。

 

  • 資格が必要
  • 天候の影響を受ける

資格が必要

ドローンによる警備を行うためには、公安委員会が交付している警備用機械の運用や監督を行うための「機械警備業務管理者」という資格が必要です。警備に対する一定のクオリティを確保するために、取得が定められた資格で、監視カメラやセキュリティシステムを利用する警備業務を行う上で必要となる資格です。

天候の影響を受ける

ドローンの性能によりますが、一般的にドローンは天候の影響を受けるものです。悪天候時は晴天時と比べて警備の難易度が上がるため、ある程度天候の影響を受けます。悪天候時は運用方法の変更やオペレーターによる対応が求められます。

ドローンによる防犯の発展に期待

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンによる防犯対策には、人手不足の解消や侵入者に接近するリスクを減らして追跡できるなど、さまざまなメリットがあります。実際に全自動で監視、追跡が可能な防犯ドローンが開発されており、ドローン飛行の法整備が進めば一気に実用化が進むはずです。天候による影響を受けるといったデメリットも存在しますが、ドローンによるセキュリティ技術の今後の発展に期待しましょう。

関連記事

国際ドローン協会、約1,000Haの農地をドローンによる空中散布の実施成功を発表(千葉県東庄町)

一般社団法人国際ドローン協会(本社:東京都江東区、代表理事:榎本幸太郎)(以下、IDA)は、千葉県東庄町において、約1,000ヘクタールの農地で日本初の試みとして、有人ヘリコプターからドローンの空中散布への全面切り替えを実施した事を発表した。

  yoshi

ORSO社、「お家で練習できる」”新しいドローン国家試験向け練習用ドローンセット『DRONE STAR TRAINING』を発売開始

DRONE STARブランドを手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂本義親)(以下、ORSO社)は、ドローン国家試験向けにビジョンセンサーON/OFF機能を搭載した、「お家で練習できる」 新しい練習機セットとして『DRONE STAR TRAINING』を2024年7月17日(水)より公式オンラインストアにて販売開始したことを発表した。

  yoshi

DJIのドローンがお得に買える!?Amazon プライムデーで『DJI Air 3』『DJI Mini 3』がセール対象に!!

DJI JAPAN 株式会社は、2024年7月16日(火)から7月17日(水)まで、Amazonで開催されるビッグセール「Amazon プライムデー」にて、ドローン・アクションカメラ・ポータブル電源・スタビライザーなどのカテゴリーの対象製品をセール価格にて販売する事を発表した。 また、「Amazon プライムデー」に先立ち開催される「プライムデー先行セール(2024年7月11日(木)から7月15日(月)まで)」でも、対象製品を先行して特別価格で購入できることも同時に発表している。

  yoshi

FullDepth社、国産産業用の新型水中ドローン『DiveUnit KAI』『DiveUnit 300 Lite』『DiveUnit HAYATE』3機種の販売開始を発表

国産の水中ドローン『DiveUnit300』を用いた水中デジタル化技術の開発・販売を行ってきた株式会社FullDepth(フルデプス、所在地:茨城県つくば市、代表取締役社長:吉賀 智司)(以下「FullDepth社」)は、 4年ぶりとなる新型の水中ドローン3機種を販売開始する事を発表した。 この3機種は、水中デジタル化の高度化を想定して用途別に進化した製品となっているとのこと。

  yoshi

ドローンによる火山調査の目的とその成果|使用機体の特徴も解説

2024年に発足した「火山調査研究推進本部」により、国内の火山調査が進行中です。危険な火山調査に遠隔操作が可能なドローンが活用され、役立つデータを届けてくれています。今回はドローンによる火山調査の目的や成果について詳しく解説!防災対策におけるドローン活用に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部