ドローンの点検方法や費用は?メリットやデメリットを紹介

ドローン点検の方法や費用について紹介します。点検が難しい場所が多く人手不足に困っている方は、ぜひ本記事を読んでドローン点検を取り入れましょう。土木、建設業で幅広く利用されていて、業務効率化を図りたいときにもおすすめです。

ドローン点検とは?

イメージ画像

https://pixta.jp

ドローンの空撮を利用して設備点検やインフラ点検をおこなう企業が増えています。これらをドローン点検と呼び、業務の効率化や人員不足解消などを促進させられるのが魅力。本記事では、ドローン点検のメリットやデメリット、費用などを具体的に紹介します。

 

ドローン点検を取り入れるメリット

人員不足を補える

イメージ画像

https://pixta.jp

ドローン点検を取り入れることで、人員不足を補えるようになります。点検業務に今まで複数人を充てていたところを、ドローン1台で危険な場所まで楽に点検できるのが嬉しいポイント。

大幅にコスト削減できるほか、ICTを組み合わせて活用すれば、自治体ごとの点検スキルの差をなくし、より統一されたクオリティを目指せます。

 

危険な場所でも点検しやすい

イメージ画像

https://pixta.jp

点検業務の際に、人が点検するには危険な高所や立ち入れない区域も、ドローンを使えば楽に点検できるようになります。点検業務での怪我を防止できるのもメリット。

さらに、可燃性ガスや水蒸気のように、爆発のリスクが伴う場所でも点検しやすくなります。危険な場所の撮影はドローンに任せて、落ち着いて点検業務を遂行しましょう。

 

高精度な撮影で業務効率化を図れる

イメージ画像https://pixta.jp

ドローン点検を活用することで、目視では見つけられなかった不備や損傷を見つけやすくなります。高精度な撮影で業務効率化を図れるほかにも、AI技術で損傷個所を自動検出も可能。

そのため、点検業務後の報告書を作成する際も、効率よく記入できるようになります。

コスト削減につながる

イメージ画像

https://pixta.jp

作業車両や高所の点検には、莫大なコストがかかってしまいます。ドローン点検を活用すれば、人件費や設備費を大幅に減らせるので、コスト削減に大きく貢献できるのがメリット。

また、点検時に設備を停止しなければならない船舶や電力会社、プラントなどの場所でもドローンを使って、設備を動かしたまま点検できるようになります。

 

ドローン点検を取り入れるデメリット

操縦ライセンスが必要になる

イメージ画像https://pixta.jp

ドローン点検を自社でおこなう場合は、必ず操縦ライセンスが必要になります。高い操縦技術と、点検に必要な知識や技術を身につけなければいけません。そのため、点検業務にドローンを活用したい場合は、スクールに通って資格講習を受講するとよいでしょう。

 

GPSが届かない場所は撮影が難しい

イメージ画像https://pixta.jp

非GPS環境下でのドローン操縦は難易度が高く、安定した飛行が難しくなります。そのため、高い操縦技術が求められるのがデメリット。トンネルや橋梁下のような場所では、GPSに頼らない操縦を求められるので、自社でドローン点検を取り入れる際は、操縦技術を十分に磨く必要があります。

 

バッテリーの持ち時間が短い

イメージ画像https://pixta.jp

ドローンはバッテリーの持ち時間が短く、長時間の飛行が難しいのもデメリットとして挙げられます。1日中ドローン点検をする場合は、替えのバッテリーを事前に複数用意する必要があるので注意しましょう。

 

飛行日誌を記録しよう

イメージ画像https://pixta.jp

飛行日誌とは、ドローンのような無人航空機を飛行させる際に、飛行内容や機体の状態について記録するものです。主に「飛行記録」「日常点検記録」「点検整備記録」の3種類に分けられます。

空港周辺の上空や高度150m以上などの特定飛行をおこなう場合は、飛行日誌と携行が必須になるので注意しましょう。違反時には罰金を科せられることもあります。

 

ドローン点検にかかる費用

イメージ画像https://pixta.jp

ドローン点検で建物や設備を目視点検する際にかかる費用は、約5,000円~6万円が目安になります。設備費をかけずに手軽に利用できるからこそ、低コストで点検が可能です。短時間で目視点検を終えられるのもメリットです。

 

ドローン点検の依頼費用

イメージ画像https://pixta.jp

点検場所によって費用は変動しますが、依頼費用は約5~100万円になります。住宅の屋根のように手軽に点検できる場所は低価格ですが、橋梁やダムのような点検が難しい場所の依頼には莫大な費用がかかります。

自社でドローン点検を遂行できるようになれば、点検のたびに依頼費用がかかる心配もありません。

 

ドローン点検で効率よく働こう

イメージ画像https://pixta.jp

ドローン点検の方法や費用について紹介しました。屋根やマンションなどの外壁、橋や鉄道など幅広い場所で活用できるのが魅力。本記事を読んで、ドローン点検のメリットとデメリットを学んだら、早速業務にドローン点検を取り入れて効率よく働きましょう。

関連記事

非破壊検査にドローンを活用するメリットとは?実施するポイントも紹介

空撮や農薬散布、配達などさまざまな用途で使用されるドローンですが、非破壊検査にもおすすめです。本記事では、非破壊検査でドローンを活用するメリットについて紹介します。さらにドローンによる非破壊検査を実施する際のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンの建築分野活用方法とは?事例や始め方を紹介

ドローンの建築分野における活用方法を紹介します。人員不足や労働環境の悪化、莫大なコストなど建築業界で問題視されていることも、ドローンを活用することで解決に繋げられるかもしれません。具体的な活用事例や始め方も紹介するので、本記事を参考にドローンを事業に取り入れましょう。

  ドローンガイド編集部

ドローン空撮を仕事にするためには?仕事の取り方と注意点を解説

ドローン空撮を趣味にしている方の中には、“仕事にしてみたい”と考えている方もいることでしょう。本記事では、ドローン空撮を仕事にするためのポイントについて解説!仕事の取り方はもちろんのこと、注意点についても触れていきます。

  ドローンガイド編集部

ドローンの使い道9選!活用の具体例やメリットを紹介

ドローンの使い道は、空撮だけではありません。点検や警備、調査など、さまざまな分野において今後の活躍が期待されています。本記事ではドローンの主な使い道や、ドローンを活用するメリットについて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを使った屋根の点検のメリットとデメリットを紹介!方法や注意点も解説

ドローンを使った屋根の点検のメリットとデメリットを紹介します!家屋にとって大切な屋根の部分は、常に雨や風に晒されているため定期的な点検や修繕が必要。そんな屋根の点検は、ドローンを活用して行うことができます。本記事では、ドローンを使った点検の方法から、メリット・デメリットまで詳しく解説します。

  ドローンガイド編集部