ドローンレースの賞金はどれくらい?相場や賞金獲得のポイントも紹介

日本国内や海外などで、各エリアにてドローンレースが繰り広げられています。プロのドローンレーサーを目指している方の中には、どれくらいの賞金がもらえるのか気になるところでしょう。本記事では、ドローンレースではいくらぐらいの賞金がもらえるのか紹介します。さらに相場や賞金獲得のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

世界のドローンレースの賞金相場とは?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

世界で開催されているドローンレースの賞金相場は、大会によって異なります。大規模な大会の場合は、1,000万円以上の賞金が獲得できるのも魅力の1つ。2016年に開催されたドバイの大会では、賞金総額3,000万円にも及んだそうです。

 

ドローンレースでかなりの賞金額がもらえるのは、ドローンレーサーにとっては夢のある話といえるでしょう。

 

気になる日本国内のドローンレースの賞金相場

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

日本でも、賞金をかけたドローンレースが行われています。海外ほどの高額賞金ではないですが、大会によっては10,000円以上もらえることもあります。2016年に開催された兵庫のFPVのドローンレースでは、1位が50,000円、2位が30,000円、3位が20,000円とランキングに応じて賞金が渡されました。(※)

 

※“カイトコーポレーション 公式HP”参照

 

ドローンレースで賞金を獲得するためのポイント

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンレースでの賞金獲得は、簡単なものではありません。ドローンレースで勝ち抜くためには、飛行スキルを磨くことはもちろんのこと、戦術を練ることも求められます。具体的に、どのような対策を取るべきなのか見ていきましょう。

 

飛行スキルを磨く

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンレースで優勝するためには、飛行スキルを磨く必要があります。上位に上がってくる選手はかなりの操縦テクニックがあるので、スピード感に加え複雑な動きも取る必要があります。

 

もし自力でドローンの操縦スキルを磨くのが難しい場合は、プロから教わってみるのがおすすめです。

 

相手選手の戦術を分析する

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンレースで優勝するためには、相手選手の戦術も分析することが大切です。大会にはいろいろな選手が参加してくるので、それぞれのドローンの動きを分析することで具体的な戦術方法が練りやすくなります。

 

もしかしたら相手候補の動きを元に、勝ち抜くヒントが得られるかもしれません。

 

レース用のドローンを用意する

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンレースで勝ち抜くためには、機体選びにもこだわりましょう。ドローンの種類には、レース用のものもあり、タイプによってアクロバティックな飛行ができます。とくにマイクロドローンやFPVドローンなどは、ドローンレースに活用されている機体なのでおすすめです。

 

マイクロドローン ・超小型のドローン

・重量は約30~50g

・アクロバティックな操縦やスピード感のある飛行が可能

・細かい動きがしやすい

・小型であるがゆえに機体のバランスを取るのが難しい

FPVドローン ・専用のゴーグルを装着し操縦するタイプのドローン

・ドローン視点から飛行が可能

・FPV飛行をする際は無線免許の取得や無線局の開局申請が必要

・障害物センサーなしだと周囲の障害物に衝突するリスクがある

 

もしドローン整備に慣れている方であれば、アクロバティックに飛行できるようカスタマイズしてみるのもよいでしょう。

 

おすすめのレース用ドローンをピックアップしてみたので、気になる機体があればチェックしてみてください。

 

DJI Avata 2 FPVドローン

イメージ画像

出典:Amazon

 

「DJI Avata 2 FPVドローン」は、スタイリッシュなデザインが魅力のFPVドローン。難易度の高いアクロバティック飛行を得意としており、ドローンレースでもスムーズな飛行ができます。

 

さらに、コントローラーは片手で操作できるモーションコントローラー!指先の操作だけでドローンを飛ばせるので、まるでコックピットにいるような臨場感が味わえます。簡単に操作できるので、初心者にもおすすめです。

 

Amazonで見てみる

 

楽天市場で見てみる

 

Yahooショッピングで見てみる

 

BETAFPV Cetus Pro

イメージ画像

出典:Amazon

 

「BETAFPV Cetus Pro」は、かわいいデザインが魅力のミニドローン!約33gの軽量ドローンとなっており、スムーズな動きができます。こまわりが利きやすい機体となっているので、障害物が多いレースに役立つでしょう。

 

さらに万が一墜落し逆さまになった場合、自力で立ち上がることが可能!裏返しの状態でもそのまま飛行を再開できます。

 

Amazonで詳細を見てみる

 

楽天市場で見てみる

 

Holy Stone ドローン

イメージ画像

出典:Amazon

 

「Holy Stone ドローン」は、色鮮やかな青が魅力のドローン!シンプルなデザインが特徴となっていますが、宙返りや高速旋回、軌跡飛行などアクロバティックな飛行を得意としています。軽量な重さとなっているので、小回りの利いた飛行も可能です。

 

さらに、持ち運びがしやすいのもポイント!折り畳み式となっているため、移動の際はスムーズに収納できます。

 

操縦しやすいドローンなので、初心者におすすめです。

 

Amazonで見てみる

 

楽天市場で見てみる

 

Yahooショッピングで見てみる

 

ドローンレースの詳細は公式HPで要チェック

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

2024年にも、賞金をかけたドローンレースが開催予定です。大会によって贈呈される賞金内容が異なるので、大会の詳細と合わせてチェックしてみてください。

 

第2回ドローンアスレチックレース2024の詳細

 

JAPAN DRONE LEAGUE

 

ドローンレースで賞金を獲得しよう

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

本記事では、ドローンレースの賞金相場について解説しました。ドローンレースで賞金を獲得するためには、飛行スキルを磨いたり戦術を練ったりというような工夫が必要です。国内のみならず海外のレースでも、賞金獲得を目指して挑戦してみてください。

関連記事

国際ドローン協会、約1,000Haの農地をドローンによる空中散布の実施成功を発表(千葉県東庄町)

一般社団法人国際ドローン協会(本社:東京都江東区、代表理事:榎本幸太郎)(以下、IDA)は、千葉県東庄町において、約1,000ヘクタールの農地で日本初の試みとして、有人ヘリコプターからドローンの空中散布への全面切り替えを実施した事を発表した。

  yoshi

ORSO社、「お家で練習できる」”新しいドローン国家試験向け練習用ドローンセット『DRONE STAR TRAINING』を発売開始

DRONE STARブランドを手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂本義親)(以下、ORSO社)は、ドローン国家試験向けにビジョンセンサーON/OFF機能を搭載した、「お家で練習できる」 新しい練習機セットとして『DRONE STAR TRAINING』を2024年7月17日(水)より公式オンラインストアにて販売開始したことを発表した。

  yoshi

DJIのドローンがお得に買える!?Amazon プライムデーで『DJI Air 3』『DJI Mini 3』がセール対象に!!

DJI JAPAN 株式会社は、2024年7月16日(火)から7月17日(水)まで、Amazonで開催されるビッグセール「Amazon プライムデー」にて、ドローン・アクションカメラ・ポータブル電源・スタビライザーなどのカテゴリーの対象製品をセール価格にて販売する事を発表した。 また、「Amazon プライムデー」に先立ち開催される「プライムデー先行セール(2024年7月11日(木)から7月15日(月)まで)」でも、対象製品を先行して特別価格で購入できることも同時に発表している。

  yoshi

FullDepth社、国産産業用の新型水中ドローン『DiveUnit KAI』『DiveUnit 300 Lite』『DiveUnit HAYATE』3機種の販売開始を発表

国産の水中ドローン『DiveUnit300』を用いた水中デジタル化技術の開発・販売を行ってきた株式会社FullDepth(フルデプス、所在地:茨城県つくば市、代表取締役社長:吉賀 智司)(以下「FullDepth社」)は、 4年ぶりとなる新型の水中ドローン3機種を販売開始する事を発表した。 この3機種は、水中デジタル化の高度化を想定して用途別に進化した製品となっているとのこと。

  yoshi

ドローンによる火山調査の目的とその成果|使用機体の特徴も解説

2024年に発足した「火山調査研究推進本部」により、国内の火山調査が進行中です。危険な火山調査に遠隔操作が可能なドローンが活用され、役立つデータを届けてくれています。今回はドローンによる火山調査の目的や成果について詳しく解説!防災対策におけるドローン活用に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部