世界初エベレストでのドローン輸送実験、DJI社ら成功

ドローンメーカーの「DJI」は、ネパールのドローンサービス会社の「Airlift」・映像制作会社の「8KRAW」、ネパール公認山岳ガイドの「Mingma Gyalje Sherpa(ミンマ・ギャルジェ・シェルパ)」と協力し、エベレスト山(チョモランマ)で世界初の輸送ドローンの試験飛行を実施。 エベレストの極限の高度・環境条件下で、『DJI FlyCart 30』が15kgの積載量を運ぶという実験が成功した事を発表しました。

エベレストで行われたドローン輸送実験

イメージ画像

今回のテストが行われたのは2024年4月。
酸素ボトル3本とその他の物資1.5kgをエベレストベースキャンプから第1キャンプ(海抜5,300~6,000 m)まで空輸。
復路では、ゴミの持ち帰りも行っています。

スタッフコメント

DJIシニアコーポレート ストラテジーディレクターChristina Zhang氏は、「4月末から、チームはエベレストの清掃活動をより安全で効率的にするための画期的な取り組みに着手してきました。」と述べています。
「DJI FlyCart 30が任務を無事達成できたことを嬉しく思います。ドローンを使用して、機材・物資・廃棄物を安全に輸送することができるということは、エベレスト登山のロジスティクスに革命をもたらし、ゴミ清掃活動の促進、関係者全員の安全性向上に関する可能性を秘めていることを意味します。」と続けています。

今回行われたドローン輸送実験内容

イメージ画像

ドローンによるエベレストのべースキャンプと第1キャンプ間の機材・ゴミの往復輸送に初めて成功しました。
これらのキャンプ地は、登山中、最も危険なステージであるクンブ氷瀑によって隔てられています。

理論上はヘリコプターでも同じ飛行作業が可能なのですが、危険性とコストの高さを考慮すると容易に取られる手段ではありません。

輸送飛行に着手する前に、DJIのエンジニアも「-15℃〜5℃の温度範囲」「最大15m/sの風速」「海抜6,000mを超える高度」などのエベレストの過酷な環境条件が考慮されました。
その後、今回の実験で使用された『DJI FlyCart 30』での無負荷時ホバリング試験、風圧抵抗試験、耐低温試験、および徐々に重くなる積載量での重量容量試験を含む厳格な試験が実施されました。

より安全な山岳活動の実現へ

エベレストでの物資の輸送とゴミの撤去については、従来はシェルパ族のガイドの責任でした。
しかし、酸素ボンベ・ガスボンベ・テント・食料・ロープなどの物資を輸送するために、30回以上もクンブ氷瀑を渡らなければならないシーズンもあるのだとか。
この氷瀑を歩くのには毎日6~8時間もかかり、昨年は3名のメンバーを命を失う事故が起きている、と今回の実験に協力したMingma Gyalje Sherpaのメンバーは述べています。

クンブ氷瀑を通る危険な登山は、気温が最も低く、氷が最も安定している夜間に行われるのが通常です。
しかし、DJIの輸送ドローンなら、特別な改造が施されていなくとも、キャンプ地間を昼夜を問わず往復12分で15kgの荷物を運ぶことができます。

エベレスト山ゴミ清掃活動

エベレストには、登山者1人あたり8kgのゴミが残されると推定されています。
清掃活動の甲斐もなく、推定何トンものゴミがエベレストの斜面に残されているのが現状です。

DJIは、今回の実験を踏まえ『DJI FlyCart 30』はゴミや排泄物を効率的に山から運び出すことができる上、現地ガイドをするシェルパがクンブ氷瀑を通る回数を減らすことができると、今回の実験成功の発表リリースの中で述べています。

ドローン輸送の未来

イメージ画像

エベレストの登山シーズンは4月と5月に制限されています。
それ以外の期間は、悪天候のため入山はもちろんドローンテストをはじめとしたあらゆる活動が制限されています。
しかし、試験が成功したことを受けて、ネパール政府は地元のドローンサービス会社と契約して5月22日からエベレスト南斜面でドローンによる輸送業務を開始したとのこと。

標高が高い地域での輸送ドローンの導入は、厳しい環境下での安全性と効率性の向上を約束するだけではありません。
環境保全と登山業界の持続可能な発展における輸送ドローンの重要性を浮き彫りにするものです。

2024年1月に全世界で発売された『DJI FlyCart 30』は、日本なら林業の苗木運搬や電力架線工事を、メキシコでは太陽光発電設備のイノベーションを、ノルウェーなら山火事救助活動の支援、南極においては科学研究活動の改善などに活用されています。

出典

関連記事

ドローンで繋ぐ襷レース開幕!6月22日に『ドローン駅伝2024 日本GP in 豊根村』を中京テレビが放送

中京テレビ放送株式会社(本社:名古屋市中村区 代表取締役社長:伊豫田 祐司)は、ドローンに関連する特別番組となる『ドローン駅伝2024 日本GP(グランプリ) in 豊根村』(以下、『ドローン駅伝2024』)の放送を発表。 放送日は2024年6月22日(土)です。

  yoshi

アメリカ連邦航空局、SkyDrive社によるeVTOL機「SKYDRIVE(SD-05型)」型式証明申請を受理

愛知県豊田市に本社を置く株式会社SkyDriveは、日本の国土交通省航空局を通じてアメリカ連邦航空局に「空飛ぶクルマ」の型式証明を申請。 4月29日に本申請が受理されたことを発表しました。 型式証明の審査対象は、「SKYDRIVE(SD-05型)」とのことです。

  yoshi

東京都初の物流施設併設型ドローン実証実験用『板橋ドローンフィールド』の開設決定。物流施設「MFLP・LOGIFRONT東京板橋」内に

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:植田 俊、以下「三井不動産」)と、日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:三輪 正浩、以下「日鉄興和不動産」)は、2024年9月末に竣工予定の街づくり型物流施設「MFLP・LOGIFRONT東京板橋」内に併設する形でドローンの実証実験できる環境を用意。 その名称が『板橋ドローンフィールド(以下「板橋DF」』に決定したことを発表しました。

  yoshi

ドローン配送の新時代へ!長崎県が日本初の『絆特区』に指定

長崎県は、6月4日(火)に福島県と共に全国初となる「新技術実装連携“絆”特区」に国家戦略特別区域諮問会議において指定されることが決定しました。

  yoshi

新年(旧正月)を祝う各地のドローンショーがスゴイ!

ドローンの活用方法としてもはや一般的になって来た「ドローンショー」。 プロモーション手法として大注目を集めていますが、また凄すぎるドローンショーの様子が話題になっています! 旧正月のお祝いで 今回ご紹介するのはsamim […]

  2BET