【新製品リリース】高品質なドローン映像がリアルタイムにどこからでも見られる『Moviewby(ムービーウォービー)powered by JIZAIPAD』

株式会社ジザイエ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中川 純希、以下「ジザイエ」)は、HDMIを挿すだけでドローン映像を高品質のままリアルタイムにどこへでも伝送できる出力サービス『Moviewby(ムービーウォービー)powered by JIZAIPAD』を発表。 建設の施工現場での巡視業務をすでに開始しており、今後は様々な業界で利用されているドローンへの導入拡大を予定しているとのこと。

『Moviewby powered by JIZAIPAD』開発背景

イメージ画像

高品質なドローン映像は容量が非常に大きいです。
そのため、リアルタイムで高品質な映像を見るには現場のコントローラーで見る必要がありました。

イメージ画像

そこでジザイエ社が株式会社竹中工務店(本社:大阪府大阪市、取締役社長:佐々木 正人、以下「竹中工務店」)と共同で開発を行ったのが『Moviewby powered by JIZAIPAD』。
この製品は、独自の映像伝送圧縮技術を活用することでドローンにHDMIを挿すだけでインターネット接続し高品質な映像をリアルタイムに見ることができます。

ドローンの映像を、高解像度・高フレームレートかつ低遅延に圧縮する独自の技術を活用し、リアルタイムにインターネットを通じてどこへでも伝送できるHDMI出力サービスで、初期設定不要のため現場で直ぐに利用が可能となっています。
また、HDMIを通じて接続する機器は小型かつ軽量のため、斜めがけポーチで持ち運びができます。

既に竹中工務店が手がける施工現場での巡視業務に導入されており、今後も複数現場への導入が予定されています。

『Moviewby powered by JIZAIPAD』の特徴

イメージ画像

・様々な映像デバイスに接続可能なHDMI出力
・複数拠点へ低遅延でリアルタイム映像配信
・利用現場や映像の用途に応じて任意で変更可能な映像画質設定
・映像データを利活用しやすい録画機能
・コンセント電源不要のバッテリー充電式デバイス
・屋外現場で負担にならないコンパクトな機材サイズ
・通信環境が悪いケースでも録画データの欠損を抑制するバックアップ機能

利用シーンの一例

イメージ画像

・プラントでの設備点検、パトロール業務
・建設・土木現場での遠隔業務(施工管理・安全点検)
・建設・土木現場での情報共有(作業員・監督者間等)

出典

関連記事

ドローンによる8K撮影の方法|機体購入と撮影依頼した場合を比較!

ドローンによる8K撮影は可能です。動画撮影の方法は機体を購入して自身で撮影するか、業者に依頼する方法の2つがあります。本記事では両者の費用を比較し、単発で撮影を行う場合どちらがお得なのか紹介します。高画質な空撮動画を撮影したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンのバッテリーの寿命は?処分方法も解説!

ドローンのバッテリーには主に2種類あり、それぞれ特徴が異なります。ドローンのバッテリーを購入する際は、種類による違いについて理解しておきましょう。本記事では、ドローンのバッテリーの寿命や処分方法についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

【リリース】99gの空飛ぶAIカメラ。ZERO ZERO ROBOTICS社の『HOVERAir X1 Smart』が一般販売開始!!

『HOVERAir X1 Smart』は、日本市場向けに99gに軽量化した限定モデルのAI搭載型のドローン。 航空法上求められる許可・承認が必要なく、気軽に楽しむことができます。 この『HOVERAir X1 Smart』の一般販売が5月28日に開始します。

  yoshi

【リリース】株式会社プロドローンが離着水・海上航行可能な海洋観測ドローン『Penta-Ocean Vanguard-DroneAqua(POV-DA)』を開発

日本発の産業用ドローン専門メーカーである株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:戸谷俊介)と、五洋建設株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:清水琢三)は、離着水ならびに海上航行が可能な海洋観測ドローン『Penta-Ocean Vanguard-DroneAqua』(以下POV-DA) の開発をしたことを発表しました。

  yoshi

【リリース】エバーブルーテクノロジーズ社、小型無人除雪機の製品モデル『除雪ドローン🄬V3』の開発とサービスインに向けた仮予約の受付開始を発表

エバーブルーテクノロジーズ株式会社(本社:東京都調布市、代表取締役CEO:野間 恒毅、以下エバーブルー)は、開発中の小型無人自動除雪機の製品モデルとなる『除雪ドローン🄬V3』を発表。 併せて、2026年のサービスインに向けて仮予約の受付も開始する事も発表しました。

  yoshi