ドローンの適切な処分方法4選!押さえるべき注意点も解説

ドローンの処分方法について、適切な処分方法や処分時の注意点をまとめました。特に事業用に使用していたドローンは産業廃棄物にあたるため、処分時は細心の注意を払う必要があります。ドローンのバッテリーや、機体の廃棄方法に悩んでいる方は、本記事を参考にしてみてください。

ドローンは「産業廃棄物」にあたる?

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンを処分する際、まずは産業廃棄物にあたらないかどうか注意しましょう。

 

産業廃棄物とは、事業活動で発生する廃棄物のうち、廃棄物処理法で指定された廃棄物のことを指します。個人事業主や企業などがビジネスを目的にドローンを使用していた場合、産業廃棄物としての処分となるため注意が必要です。

 

一方、趣味で使用していたドローンは一般廃棄物となります。処分の際は自治体の定めたルールに従って廃棄しましょう。

 

ドローンの処分方法5選

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ここからは、具体的なドローンの処分方法を紹介します。

 

  • 自治体のルールに従って廃棄する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • ネットオークションやフリマアプリで売却する
  • 買取業者の査定に出す

 

それぞれ解説していきます。

 

自治体のルールに従って廃棄する

壊れてしまったドローンや老朽化のひどいドローンなどは、廃棄するしかない場合があります。ドローンを廃棄する際は、必ず自治体のルールに従いましょう。

 

一般廃棄物にあたる場合

趣味で使っていたドローンを「一般廃棄物」として処分する場合、各自治体の定めたルールに従って処分しましょう。

自治体によって処分方法が異なる可能性があるため、必ず該当エリアの規定を確認するようにしてください。不明点がある場合は、自治体に問い合わせるようにしましょう。

 

産業廃棄物にあたる場合

事業で使っていたドローンを「産業廃棄物」として処分する場合、処分費用を支払って産業廃棄物処理業者に依頼する方法があります。産業廃棄物に対応している業者は以下の通りです。

 

  • 産業廃棄物収集運搬業者
  • 産業廃棄物処分業者

 

それぞれ許可を得ている業務が異なるため、依頼時は注意してください。認可済みの産業廃棄物処理業者は、各自治体のホームページから確認できる場合が多いためチェックしてみましょう。

 

不用品回収業者に依頼する

引っ越しや家の掃除などでドローン以外にも不用品が出る場合は、処分費用を支払って不用品回収業者に依頼する方法もあります。お金がかかりますが、実物を見て、まだ使えそうなものや人気メーカーのドローンなどは買取ってくれる不用品回収業者もあるのでチェックしてみてください。

 

ただし、不用品回収業者とのやり取りはトラブルが起きやすいため、見積もり金額の認識に相違がないか事前にしっかり確認しましょう。また、一部の不用品買取業者には悪徳なところもあるため、口コミや評判も調べてから依頼するとよいでしょう。

 

ネットオークションやフリマアプリで売却する

故障していないドローンなら、ネットオークションやフリマアプリへの出品もおすすめです。ドローンを必要としている方へ販売できるため、処分に費用がかからないだけでなく、不要なドローンをお金に変えられます。購入から時期の経っていないものや、状態のよいドローンであれば、高値で買い取ってもらえる場合も多いでしょう。

 

例えば、以下のようなネットオークションやフリマアプリがあるので参考にしてみてください。アカウントを作成すれば、誰でも不用品を販売できるようになります。

 

  • mercari(メルカリ)
  • Yahoo!オークション
  • 楽天ラクマ

買取業者の査定に出す

手間をかけずに売却したい場合は、買取業者の査定に出すのも1つです。

店頭での買取のほかに、スタッフが自宅まで来てくれる「出張買取」や、自宅から発送するだけで査定してもらえる「宅配買取」を行っている業者もあります。近くに店舗がない場合や持ち込みが難しい場合は、出張や宅配に対応している業者を選ぶとよいでしょう。

 

ドローンの処分における注意点

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ここからは、ドローンの処分における注意点を解説します。

 

  • バッテリーの廃棄方法に注意
  • 機体を紛失した場合は警察へ報告

 

それぞれ見ていきましょう。

バッテリーの廃棄方法に注意

ドローンを廃棄する際は、本体に搭載されたバッテリーの取り外しを忘れないようにしましょう。ドローンの多くにはリチウムポリマーバッテリーが使用されていて、これは一般ゴミとしての処分が推奨されていません。

 

自治体のルールに従って、正しい廃棄方法を確認しましょう。また、一部の家電量販店に設置されている「リサイクルボックス」を利用するのも1つです。

機体を紛失した場合は警察へ報告

ドローンを飛行中に墜落やトラブルなどで機体ごと紛失してしまった場合、回収できないからといってそのまま放置することはNGです。必ず管轄の警察へ届出ましょう。その後、空港事務所や国土交通省、保険会社、敷地所有者などへ適宜報告します。

 

ドローンは適切に処分しよう

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンの処分方法について、適切な処分方法や処分時の注意点を解説しました。ドローンを処分する際は、適切な業者に依頼したり、フリマアプリで出品したりする方法があります。ドローンの正しい処分方法を知って、不要になった際は適切に処分しましょう。

関連記事

国際ドローン協会、約1,000Haの農地をドローンによる空中散布の実施成功を発表(千葉県東庄町)

一般社団法人国際ドローン協会(本社:東京都江東区、代表理事:榎本幸太郎)(以下、IDA)は、千葉県東庄町において、約1,000ヘクタールの農地で日本初の試みとして、有人ヘリコプターからドローンの空中散布への全面切り替えを実施した事を発表した。

  yoshi

ORSO社、「お家で練習できる」”新しいドローン国家試験向け練習用ドローンセット『DRONE STAR TRAINING』を発売開始

DRONE STARブランドを手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂本義親)(以下、ORSO社)は、ドローン国家試験向けにビジョンセンサーON/OFF機能を搭載した、「お家で練習できる」 新しい練習機セットとして『DRONE STAR TRAINING』を2024年7月17日(水)より公式オンラインストアにて販売開始したことを発表した。

  yoshi

DJIのドローンがお得に買える!?Amazon プライムデーで『DJI Air 3』『DJI Mini 3』がセール対象に!!

DJI JAPAN 株式会社は、2024年7月16日(火)から7月17日(水)まで、Amazonで開催されるビッグセール「Amazon プライムデー」にて、ドローン・アクションカメラ・ポータブル電源・スタビライザーなどのカテゴリーの対象製品をセール価格にて販売する事を発表した。 また、「Amazon プライムデー」に先立ち開催される「プライムデー先行セール(2024年7月11日(木)から7月15日(月)まで)」でも、対象製品を先行して特別価格で購入できることも同時に発表している。

  yoshi

FullDepth社、国産産業用の新型水中ドローン『DiveUnit KAI』『DiveUnit 300 Lite』『DiveUnit HAYATE』3機種の販売開始を発表

国産の水中ドローン『DiveUnit300』を用いた水中デジタル化技術の開発・販売を行ってきた株式会社FullDepth(フルデプス、所在地:茨城県つくば市、代表取締役社長:吉賀 智司)(以下「FullDepth社」)は、 4年ぶりとなる新型の水中ドローン3機種を販売開始する事を発表した。 この3機種は、水中デジタル化の高度化を想定して用途別に進化した製品となっているとのこと。

  yoshi

ドローンによる火山調査の目的とその成果|使用機体の特徴も解説

2024年に発足した「火山調査研究推進本部」により、国内の火山調査が進行中です。危険な火山調査に遠隔操作が可能なドローンが活用され、役立つデータを届けてくれています。今回はドローンによる火山調査の目的や成果について詳しく解説!防災対策におけるドローン活用に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部