ドローンのプロペラの選び方は?基礎知識や用途別のポイントも紹介

ドローンのプロペラについて、基礎知識や選び方のポイントを紹介します。ドローンのプロペラは安定飛行に欠かせないため、適切なプロペラを選ぶようにしましょう。後半では用途別のおすすめなドローンのプロペラの特徴も解説するので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

ドローンのプロペラの基礎知識

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

まずは、ドローンのプロペラについて基礎知識を紹介します。

 

  • プロペラの規格
  • プロペラのピッチ
  • プロペラの枚数

 

それぞれについて見ていきましょう。

プロペラの規格

プロペラの規格は、直径とピッチによって表されます。

 

  • 直径…プロペラが回転したときの直径
  • ピッチ…一回転で進む距離

 

ピッチが大きいほど飛行時の推進力が大きくなり、一回転で進む距離が長くなります。

 

プロペラのピッチ

プロペラのピッチには、固定ピッチと可変ピッチがあります。それぞれの特徴を理解して、目的に合ったプロペラを選びましょう。

 

固定ピッチ

固定ピッチは、小型ドローンなどで使用されるプロペラです。ピッチの角度が固定されており、変更できないことが特徴です。説明書などにプロペラについての説明書きが特になければ、固定ピッチが使用されている場合が多いでしょう。

可変ピッチよりも簡単な構造で、比較的安価に入手できます。

 

可変ピッチ

「可変ピッチ」は、ピッチの角度を飛行中に調整できるプロペラです。より性能の高さが求められる、レース用ドローンや産業ドローンなどに使用されます。

 

プロペラの枚数

ドローンのプロペラの枚数はさまざまで、2〜5枚と幅広いタイプがあります。数が増えると安定飛行がしやすくなる一方、本体が重くなるデメリットもあるためバランスを見て選ぶようにしましょう。

 

ドローンのプロペラ選びが重要な理由

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンの飛行を安定させるためには、プロペラ選びはとても重要です。以下では、ドローンのプロペラ選びが重要な理由を解説します。

 

  • ドローン全体のバランスに影響するため
  • バッテリーの持ちに影響するため

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

ドローン全体のバランスに影響するため

プロペラのサイズ、ピッチ、重量はドローンの重心位置に影響を与えます。

不適切なプロペラを選んでしまうと、ドローン全体のバランスが崩れてしまい、飛行中の機体の制御が難しくなってしまうため注意が必要です。また、プロペラ同士のバランスが悪いと、ドローンが横滑りしたり回転したりしてしまう可能性もあります。

安定飛行の実現には、ドローン全体のバランスを適正に保つ必要があり、そのためにもプロペラ選びはとても重要なポイントなのです。

 

バッテリーの持ちに影響するため

プロペラの大きさやピッチの角度は、モーターに与える負荷にも影響します。

プロペラやピッチ角が大きすぎると、モーターへの負荷が過剰にかかってしまい、バッテリーの消耗が激しくなってしまう可能性があるため注意が必要です。また、逆にプロペラが小さすぎても推力が足りず非効率になってしまいます。

バッテリーに対して飛行時間が短くならないよう、適切なプロペラを選ぶようにしましょう。

 

ドローンのプロペラ選びのポイント

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

続いて、ドローンのプロペラ選びのポイントを見てみましょう。

 

  • サイズの合ったプロペラを選ぶ
  • 目的に合ったプロペラを選ぶ

 

1つずつ解説していきます。

 

サイズの合ったプロペラを選ぶ

まずはドローンのサイズやフレームに合ったプロペラを選ぶことが重要です。

プロペラが大きすぎると、フレームや他の部品に干渉したり、重量バランスが悪くなる可能性があります。逆にプロペラが小さすぎると、推力が不足し、十分な飛行性能が得られません。

すでに機体を持っている場合は、ドローンメーカーが推奨しているプロペラサイズを参考にするとよいでしょう。

 

目的に合ったプロペラを選ぶ

ドローンの用途に合わせて、適切なプロペラを選ぶのがポイントです。

例えば、映像撮影や空撮をしたい場合は、プロペラの音が邪魔になる可能性があるでしょう。そのため、低ピッチで低回転数のプロペラを選ぶ方がよいケースがあります。一方、競技目的の高速飛行が目的なら、推力を確保するために高ピッチで高回転数のプロペラを選ぶ必要があるでしょう。

このように、ドローンの用途や目的に合ったプロペラを選ぶことを意識してみてください。

 

【用途別】ドローンでおすすめのプロペラ4選

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

最後に、ドローンでおすすめのプロペラをまとめました。これからプロペラやドローンを選ぼうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

  1. 空撮「DJI 9450Sプロペラ (DJI Phantom 3/4シリーズ用)」
  2. FPVドローン「HQProp 5×4.8×3 V1S プロペラ」
  3. ビジネス用「ビジネス用「Master Airscrew 17×8 Foldingプロペラ」
  4. トイドローン「GEMFANプロペラ」

 

それぞれ特徴を解説します。

 

1. 空撮「DJI 9450Sプロペラ (DJI Phantom 3/4シリーズ用)」

イメージ画像

出典:Amazon.co.jp

 

まず紹介するのは「DJI 9450Sプロペラ (DJI Phantom 3/4シリーズ用)」。安定性が高く軽量なため、空撮に向いているでしょう。比較的低ノイズなので、音を機にする方にもおすすめです。

 

Amazonで購入する

2. FPVドローン「HQProp 5×4.8×3 V1S プロペラ」

イメージ画像

出典:Amazon.co.jp

 

続いて紹介するのは「HQProp 5×4.8×3 V1S プロペラ」です。3つのブレードスタイルと5mmのセンターハブが備わっており、超軽量フレームにぴったりなプロペラとなっています。

 

Amazonで購入する

3. ビジネス用「Master Airscrew 17×8 Foldingプロペラ」

イメージ画像

出典:Amazon.co.jp

 

続いて紹介するのは「Master Airscrew 17×8 Foldingプロペラ」です。プロペラ効率がよく、バッテリー量に対して長く飛行できるため、ビジネス利用などに向いているでしょう。

 

Amazonで購入する

4. トイドローン「GEMFANプロペラ」

イメージ画像

出典:Amazon.co.jp

 

最後に紹介するのはトイドローン向けの「GEMFANプロペラ」です。小型でコストパフォーマンスがよく、耐久性に優れたプラスチック製となっています。

 

Amazonで購入する

目的に合ったドローンのプロペラを選ぼう!

イメージ画像

出典:pixta.jp

 

ドローンのプロペラについて、基礎知識や選び方のポイントを紹介しました。ドローンのプロペラは安定飛行に欠かせないため、適切なプロペラを選ぶ必要があります。本記事を参考に目的に合ったドローンのプロぺラを使用して、ドローンライフを楽しみましょう!

関連記事

国際ドローン協会、約1,000Haの農地をドローンによる空中散布の実施成功を発表(千葉県東庄町)

一般社団法人国際ドローン協会(本社:東京都江東区、代表理事:榎本幸太郎)(以下、IDA)は、千葉県東庄町において、約1,000ヘクタールの農地で日本初の試みとして、有人ヘリコプターからドローンの空中散布への全面切り替えを実施した事を発表した。

  yoshi

ORSO社、「お家で練習できる」”新しいドローン国家試験向け練習用ドローンセット『DRONE STAR TRAINING』を発売開始

DRONE STARブランドを手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂本義親)(以下、ORSO社)は、ドローン国家試験向けにビジョンセンサーON/OFF機能を搭載した、「お家で練習できる」 新しい練習機セットとして『DRONE STAR TRAINING』を2024年7月17日(水)より公式オンラインストアにて販売開始したことを発表した。

  yoshi

DJIのドローンがお得に買える!?Amazon プライムデーで『DJI Air 3』『DJI Mini 3』がセール対象に!!

DJI JAPAN 株式会社は、2024年7月16日(火)から7月17日(水)まで、Amazonで開催されるビッグセール「Amazon プライムデー」にて、ドローン・アクションカメラ・ポータブル電源・スタビライザーなどのカテゴリーの対象製品をセール価格にて販売する事を発表した。 また、「Amazon プライムデー」に先立ち開催される「プライムデー先行セール(2024年7月11日(木)から7月15日(月)まで)」でも、対象製品を先行して特別価格で購入できることも同時に発表している。

  yoshi

FullDepth社、国産産業用の新型水中ドローン『DiveUnit KAI』『DiveUnit 300 Lite』『DiveUnit HAYATE』3機種の販売開始を発表

国産の水中ドローン『DiveUnit300』を用いた水中デジタル化技術の開発・販売を行ってきた株式会社FullDepth(フルデプス、所在地:茨城県つくば市、代表取締役社長:吉賀 智司)(以下「FullDepth社」)は、 4年ぶりとなる新型の水中ドローン3機種を販売開始する事を発表した。 この3機種は、水中デジタル化の高度化を想定して用途別に進化した製品となっているとのこと。

  yoshi

ドローンによる火山調査の目的とその成果|使用機体の特徴も解説

2024年に発足した「火山調査研究推進本部」により、国内の火山調査が進行中です。危険な火山調査に遠隔操作が可能なドローンが活用され、役立つデータを届けてくれています。今回はドローンによる火山調査の目的や成果について詳しく解説!防災対策におけるドローン活用に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部