Soradynamics社、国産の産業用小型ドローン『Hayate 2』を発表。年内の第二種型式認証を年内に取得を目指す

Soradynamics株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役:イムティアズ・ティー・ラダック)(以下、Soradynamics社)は、高性能な産業用国産ドローンとなる『Hayate 2』の発表を2024年6月24日に行いました。 レベル3対応となる同機体は、重量4kg以下のカテゴリーでは日本で初となる第二種型式認証を年内に取得を目指している。

新型ドローン『Hayate 2』発表

イメージ画像

今回、Soradynamics社が発表した『Hayate 2』は、小型の国産産業用ドローン。
その機体重量は1.35kg、40分の飛行時間を実現しています。

インフラの点検、災害現場の調査、測量などでドローンの使用が進んでいることもあり、今後も拡大が見込まれているドローン市場。
しかし、国内では中国製のドローンが市場の多くを占有していることから、セキュリティ面では懸念点となっています。
実際、アメリカでも中国製ドローンの使用に規制がかかる見通しもある中なので、日本でも性能・品質の高い国産ドローンが求められている状況にあります。

『Hayate 2』は、レベル3対応で、重量4kg以下のカテゴリーでは日本で初となる、第二種型式認証を年内に取得を目指している。
現在、2025年1月からのデリバリー開始を計画中とのこと。

『Hayate 2』機体概要

イメージ画像

軸間距離: 480mm

重量:1.35kg

最大飛行時間:40分

最大飛行速度:21m/s

耐風速度:15m/s

IP等級:IP45

センサー:ビジョンセンサー 6方向/赤外線センサー 下方

通信周波数:2.4GHz、5.7GHz ※
※5.7GHzは、無線局の開局をしたユーザーのみ選択が可能。

通信距離:5km

最大画像サイズ:8K

ズーム:光学ズーム 10倍・ハイブリッドズーム 160倍

発売時期:24年9月受注開始(予定)

デリバリー:25年1月(予定)

価格:オープン

予定製品ラインアップ

イメージ画像

製品ラインアップは2種類。
・広角+望遠の2タイプのカメラを搭載した『Hayate 2』
・広角+望遠+赤外線の3タイプを搭載した『Hayate 2+』

両機種ともに8Kカメラ・最大160倍ズームの機能を搭載。
さらに、オプションでRTK・パラシュート・4G/5Gモジュール・スピーカー・サーチライト・ドローンポートも予定。

出典

関連記事

国際ドローン協会、約1,000Haの農地をドローンによる空中散布の実施成功を発表(千葉県東庄町)

一般社団法人国際ドローン協会(本社:東京都江東区、代表理事:榎本幸太郎)(以下、IDA)は、千葉県東庄町において、約1,000ヘクタールの農地で日本初の試みとして、有人ヘリコプターからドローンの空中散布への全面切り替えを実施した事を発表した。

  yoshi

ORSO社、「お家で練習できる」”新しいドローン国家試験向け練習用ドローンセット『DRONE STAR TRAINING』を発売開始

DRONE STARブランドを手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂本義親)(以下、ORSO社)は、ドローン国家試験向けにビジョンセンサーON/OFF機能を搭載した、「お家で練習できる」 新しい練習機セットとして『DRONE STAR TRAINING』を2024年7月17日(水)より公式オンラインストアにて販売開始したことを発表した。

  yoshi

DJIのドローンがお得に買える!?Amazon プライムデーで『DJI Air 3』『DJI Mini 3』がセール対象に!!

DJI JAPAN 株式会社は、2024年7月16日(火)から7月17日(水)まで、Amazonで開催されるビッグセール「Amazon プライムデー」にて、ドローン・アクションカメラ・ポータブル電源・スタビライザーなどのカテゴリーの対象製品をセール価格にて販売する事を発表した。 また、「Amazon プライムデー」に先立ち開催される「プライムデー先行セール(2024年7月11日(木)から7月15日(月)まで)」でも、対象製品を先行して特別価格で購入できることも同時に発表している。

  yoshi

FullDepth社、国産産業用の新型水中ドローン『DiveUnit KAI』『DiveUnit 300 Lite』『DiveUnit HAYATE』3機種の販売開始を発表

国産の水中ドローン『DiveUnit300』を用いた水中デジタル化技術の開発・販売を行ってきた株式会社FullDepth(フルデプス、所在地:茨城県つくば市、代表取締役社長:吉賀 智司)(以下「FullDepth社」)は、 4年ぶりとなる新型の水中ドローン3機種を販売開始する事を発表した。 この3機種は、水中デジタル化の高度化を想定して用途別に進化した製品となっているとのこと。

  yoshi

ドローンによる火山調査の目的とその成果|使用機体の特徴も解説

2024年に発足した「火山調査研究推進本部」により、国内の火山調査が進行中です。危険な火山調査に遠隔操作が可能なドローンが活用され、役立つデータを届けてくれています。今回はドローンによる火山調査の目的や成果について詳しく解説!防災対策におけるドローン活用に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部