ドローンの「did地区」とは?禁止されている地区の調べ方やルールを解説

今回は、ドローンのdid地区について解説します。did地区の調べ方やルール、飛行するに必要な申請方法まで解説するのでぜひ参考にしてみてください。違法となるルールあるので「知らなかった」では済まされないよう事前に確認しておきましょう。

did地区とは?

イメージ画像

https://pixta.jp

 

did地区は、「Densely Inhabited Districts」の略で人工集中地区という意味です。このdid地区とは、市区町村の区域内で人口密度が4,000人/km2以上の国勢調査地区がいくつか隣接して、合わせて人口5000人以上の地区が該当します。(※)

 

did地区では自身の自宅敷地内であっても、ドローンを飛行することは禁止されており、違反すると逮捕や罰金、書類送検となるケースもあります。どうしても飛行させたい場合は、国土交通省の許可を得る必要があるのです。

 

(※)“国土交通省 公式HP”参照

 

did地区の調べ方

イメージ画像

https://pixta.jp

 

did地区を確認するには総務省が作成し、国土交通省が管理している「地理院地図」が便利です。調べたい都道府県をクリックすると、did地区は赤く囲まれています。

 

did地区はこちらからチェック

 

did地区以外でドローンが禁止されている区域

イメージ画像

https://pixta.jp

 

did地区でドローンを飛行させる場合は国土交通省の許可が必要ですが、did地区以外でもドローンの飛行が禁止されている地区もあるため把握しておきましょう。

 

・空港周辺

・国の重要施設(皇居/裁判所/国会議事堂/外国公館など)

・自衛隊の基地/在日米軍施設

・原子力発電所/核燃料リサイクル施設所など

・文化財周辺

・地表または水面から150m以上の高さ

・緊急用務空域

(※)“国土交通省 公式HP”参照

 

飛行OKでも守るべきルールと基準

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンには国土交通省で定められたルールがあります。

 

・飲酒または薬物を摂取しての飛行

・飛行前は確認をすること

・航空機または他の無人航空機と衝突しないようにすること

・危険な飛行の禁止

(※)“国土交通省 公式HP”参照

 

承認が必要となる飛行方法

イメージ画像

https://pixta.jp

 

did地区以外で飛行が可能なエリアでも、飛行方法によっては地方航空局長の承認を受ける必要があります。

 

・夜間の飛行

・人または建物と距離を保てない場所

・目視外での飛行

・催し物(祭りやイベントなど)の上空飛行

・危険物の輸送

・物件の投下

(※)“国土交通省 公式HP”参照

 

did地区で飛行させる方法

イメージ画像

https://pixta.jp

 

did地区でドローンを飛行させるには、国土交通省へ申請・許可の手続きが必須となります。申請手続きは、窓口に持参して申請、郵送申請、オンライン申請の3つの手段から可能です。また、申請して登録するには登録手数料がかかり、申請方法による料金が異なります。

 

申請方法 1台目 2台目
オンライン(マイナンバー) 900円 890円
オンライン(上記以外) 1,400円 1,050円
郵送または紙 2,400円 2,000円

 

郵送申請はこちら

オンライン申請はこちら

 

(※)“国土交通省 公式HP”参照

 

did地区を理解した上でドローンを飛行させましょう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

今回は、ドローンのdid地区について解説しました。did地区は国土交通省で決められており、飛行をするには申請・許可が必要になります。また、did地区以外でもルール内の飛行方法を守らなければいけません。楽しく周りに被害がないようドローンを飛行させましょう。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部