特定飛行のメリットとデメリットを比較!

特定飛行とは

特定飛行とは、ドローンが特定の条件を満たして飛行することを指します。特定飛行は、飛行空域と飛行方法の2つの要素で定義されます。

特定飛行の定義

特定飛行は、150m以上の高さの上空、空港周辺の空域、人工集中地区(DID地区)の上空、緊急用務空域など、一般のドローン飛行が制限されている空域での飛行を指します。

特定飛行の種類とその詳細

特定飛行は、飛行空域の特定飛行と飛行方法の特定飛行の2つに分けることができます。

飛行空域の特定飛行には、150m以上の高さの上空や空港周辺、人工集中地区の上空、緊急用務空域などが含まれます。これらの空域でのドローン飛行には、特別な許可が必要となります。

一方、飛行方法の特定飛行には、夜間飛行、目視外飛行、人または物件から30m未満での飛行、催し場所上空での飛行、危険物の輸送、物件投下などが含まれます。これらの飛行方法についても特別な許可が必要となります。

特定飛行の資格と許可・承認の関係

特定飛行を行うには、国土交通省の許可申請が必要です。許可なしで特定飛行を行うと、罰金が科せられる可能性があります。特定飛行を行う際には、個別申請と包括申請の2つの申請形式があります。個別申請は1回ごとに申請する方法であり、包括申請は一定期間内に繰り返し飛行する場合に複数回の飛行をまとめて申請する方法です。

特定飛行には、飛行許可や操縦者の国家資格が必要な場合と、一部条件を満たすことで不要な場合があります。たとえば、飛行ルートの下やその周辺に立ち入り禁止の措置が取られている場合や、ドローンの総重量が25kg未満の場合などは、特定飛行の一部条件を満たすことで許可や資格が不要となります。

特定飛行のメリット

特定の空域・方法でドローンを飛ばせる

特定飛行とは、ドローンを特定の空域や特定の方法で飛ばすことを指します。特定飛行のメリットの1つは、飛行制限が緩和されることです。特定飛行の定義に該当する場合、一般のドローン飛行に制約がある空域や方法でも飛行が可能となります。150m以上の高さの上空や空港周辺の空域、人工集中地区(DID地区)の上空や緊急用務空域など、一般の飛行では制限がある空域でも特定飛行なら飛行が許可されます。

飛行ルールの理解による安全性の向上

特定飛行では、飛行ルールの理解が求められます。飛行許可を得るためには、飛行に関する法律や規制の知識が必要です。特定飛行を行うためには、国土交通省への申請や飛行日誌の提出などの手続きを行う必要があります。これらの手続きを通じて、外部からのリスクや周囲の人や物への影響を考慮する安全な飛行を実現することができます。

以上が特定飛行のメリットの一部です。特定飛行をすることで、一般のドローン飛行では制約がある空域や方法での飛行が可能となり、飛行ルールを遵守することによる安全性の向上が期待できます。

特定飛行のデメリット

特定飛行を行う際には、飛行許可・承認の手続きが必要です。国土交通省に申請を行い、許可を得なければなりません。無許可で特定飛行を行うと、最大で50万円以下の罰金が科される可能性がありますので、注意が必要です。

また、特定飛行では飛行経路の管理と飛行日誌の提出が必要です。飛行ルートを明確に定め、飛行中の位置情報を記録する必要があります。さらに、飛行後にはしっかりと飛行日誌を提出することが求められます。

これらの手続きや管理は、特定飛行のデメリットとして挙げられますが、これにより安全性を確保することができます。正規の手続きを踏むことで、他の空域との調整が行われ、衝突などの事故を未然に防ぐことができるのです。

まとめ:特定飛行のメリットとデメリットの比較

特定飛行は、ドローンの飛行空域と飛行方法に制限をつけることで、安全性を確保するための取り組みです。

特定飛行にはいくつかのメリットがあります。まず、特定の空域や方法でドローンを飛ばせることができる点です。150m以上の高さの上空や空港周辺の空域、人工集中地区の上空、緊急用務空域など、通常の飛行では制限されている場所での飛行が可能です。これにより、より多様な撮影や調査が可能となります。

また、特定飛行は飛行ルールの理解による安全性の向上ももたらします。特定飛行の許可や承認を得るためには、飛行経路の管理や飛行日誌の提出が必要となります。これにより、ドローンの飛行に伴うリスクを最小限に抑え、周囲の人や物への影響を減らすことができます。

一方、特定飛行にはデメリットも存在します。飛行許可や承認手続きが必要となるため、事前の計画や申請が必要です。特に、個別申請の場合は飛行ごとに申請が必要となるため、手間がかかることがあります。また、飛行経路の管理や飛行日誌の提出も必要となります。これには時間と手間がかかるばかりでなく、正確な管理が求められます。

以上のように、特定飛行はメリットとデメリットがあります。特定の空域や方法でドローンを飛ばせる利点や安全性の向上といったメリットがある一方で、飛行許可や承認手続きの手間や管理の必要性といったデメリットも存在します。

特定飛行を検討する際には、自身の目的や飛行の頻度、周囲の環境などを考慮し、メリットとデメリットを比較することが重要です。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部