ドローンを導入する際の危険性とは?原因や対策も紹介します

ドローンを導入する際の危険性や原因、対策を紹介します。気軽に飛行させられて、業務効率化にも貢献するドローンですが、墜落や航空法などの危険性が付き纏います。本記事を参考にして要点をおさえて、ドローンの導入を検討するようにしてください。

ドローンを導入する際の危険性

落下事故が起きる

イメージ画像

https://pixta.jp

 

飛行中のバッテリー切れや、強風などの天候トラブルで落下事故が起きてしまう可能性があります。落下地点に人がいると、怪我を負わせてしまい大事故に発展するかもしれません。

 

ドローンを飛行させる際には、周囲の状況をしっかり把握して、低リスクで活用できるように注意してください。

プロペラ接触による事故

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンのプロペラに鳥が衝突したり、枝葉に接触してしまう事故も考えられます。巻き込み事故によってパーツが故障してしまうと、高額の修理費用がかかる可能性が高いです。

 

事前に避けられる、避けるのが困難な場合もあるので、できるだけトラブルが起きないように気を付けましょう。

ドローン事故が起きる原因とは?

操縦者のスキル不足

イメージ画像

https://pixta.jp

 

操縦技術不足による事故も起きやすいので、飛行経験があって技術が身についている人が操縦をするように心がけましょう。飛行知識が浅い状態だと、想定できない事故に繋がってしまう可能性も高まります。

メンテナンスが行き届いていない

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンのメンテナンスが行き届いておらず、飛行中に故障してしまう可能性も考えられます。半年から一年に一度のペースで、必ずメンテナンスするようにしましょう。

 

頻繁にドローン飛行する場合は、飛行前後にドローンの状態を細かく確認することで、故障を防げるようになります。

電波障害

イメージ画像

https://pixta.jp

 

高架下や山上、障害物の向こう側など、電波やGPSが届きにくい状況の飛行も危険です。コントローラーから発信される電波をもとに飛行するので、電波が飛び交う場所での飛行もできるだけ避けましょう。

GPS情報がわからなくなると、飛行方向や墜落位置を把握できなくなり、非常に危険な飛行をしてしまう可能性もあります。

 

悪天候や突風

イメージ画像

https://pixta.jp

 

天候の急な悪化や突風による墜落リスクも考えられます。思うように操縦できず、予期していない場所に落下してしまう可能性が高いです。

 

ドローンにとって悪天候や突風は強敵です。少しでも飛行が難しいと感じたら、すぐに手元にドローンを引き戻し、飛行を中止しましょう。

場所によってはドローン飛行できない

航空法

イメージ画像

https://pixta.jp

 

「人や建物から30m未満の飛行」「地上高150m以上の飛行」「不特定多数の人が行き交う場所の上空」など、航空法で定められた場所での飛行には、事前申請が必要です。

 

申請せずに特定飛行をおこなってしまうと、罰則対象となります。飛行中にうっかり特定飛行してしまうことがないように、飛行状況には十分注意してください。

小型無人機等飛行禁止法

イメージ画像

https://pixta.jp

 

国会議事堂や最高裁判所、空港周辺など重要施設の上空でもドローンは飛行できません。施設の周囲300m以内で飛行してしまうと罰則を受けることになります。

 

重要な施設の空域での飛行は避けるようにしてください。

道路交通法

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローン飛行は、道路交通法によっても規制されています。公道や市町村管理の公園や史跡などで飛行する際にも申請が必要です。

 

地域によって飛行を禁止されている場所が異なるので、事前に飛行したい地域の禁止区域を確認しましょう。

ドローン飛行の危険性を減らす対策

スクールに通って操縦を学ぶ

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの操縦に不安を感じるなら、ドローンスクールに通うとよいでしょう。専門知識を持った講師が、ドローンの構造から飛行方法までしっかり指導してくれます。

 

全国各地にドローンスクールが展開されているので、お住まいの地域にあるスクールを調べて、通い始めてみましょう。

目視内で飛行させる

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローン飛行をする際には、基本的に目視内飛行を心がけましょう。

 

周囲の状況をしっかり確認しながら飛行することで、墜落や落下リスクを軽減できます。見渡しのよい場所での飛行がおすすめです。

ドローン飛行に関わる法律を学ぶ

イメージ画像

https://pixta.jp

 

航空法や小型無人機等飛行禁止法、道路交通法といったドローン飛行に関する法律を学ぶことも大切です。飛行時に禁止されている行為を学べば、危険性のあるドローン飛行を避けられるきっかけにもなります。

ドローンの危険性を学んで正しく飛行させよう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンを導入する際の危険性や原因、対策を紹介しました。墜落や航空法など気を付けなければいけないポイントをおさえて、しっかり対策を練るようにしましょう。本記事の要点をおさえてから、ドローンを正しく導入するようにしてみてください。

関連記事

新年(旧正月)を祝う各地のドローンショーがスゴイ!

ドローンの活用方法としてもはや一般的になって来た「ドローンショー」。 プロモーション手法として大注目を集めていますが、また凄すぎるドローンショーの様子が話題になっています! 旧正月のお祝いで 今回ご紹介するのはsamim […]

  2BET

鉄拳8のロンドンでのプロモーションにドローンショー!

プロモーション手法としての事例が広がり、目にすることも多くなってきた「ドローンショー」。 ロンドンで行われた、あの人気ゲームのPRが凄いと話題になっています。 鉄拳8のプロモーション 今回ご紹介するのはBANDAI NA […]

  2BET

ドローンがピザを配達!?君津市で行われた飛行実験を取材レポート!!

2024年1月27日、君津市内でドローンを用いたピザ配達の実証実験が行われました。 その試みの様子を、ドローンガイドでは独自に取材してきましたので現場レポートします。 ドローンによるピザ配達の概要 ドローンを用いたピザ配 […]

  yoshi

ドローン副業調査!副業に興味はあるけどドローンで国家資格が取れるスクールは一般的にはまだまだ知られていなかった!

世間では副業・兼業の働き方が徐々に浸透していっていますが、それはドローン業界においても同じなのかもしれません。 今回はドローンに関連する副業調査をご紹介します。 ドローン副業調査! 今回ご紹介するのはドローン免許学校を営 […]

  2BET

ドローンが長谷寺の本堂を清掃!?鎌倉の名刹で行われた史上初の試み『ドローンによる高圧洗浄』を現場レポート

2024年1月15日に、鎌倉にある「長谷観音」や「アジサイ寺」として知られる長谷寺本堂のドローンによる高圧洗浄が行われました。 史上初というこの試みを、ドローンガイドは取材してきましたので現場レポートします。 長谷寺にお […]

  yoshi