ドローンの飛行が可能な風速とは?目安となる風速について解説

ドローンが飛行可能な風速について解説。実際のドローンの耐風性能や風が強い時のドローンの挙動についても紹介します。ドローンが操縦できる環境についてくわしく知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ドローンを安全に飛行させるための風速とは

イメージ画像

https://pixta.jp

 

安全に飛行させる風速の目安としては風速5m/s未満の状況です。国土交通省航空局標準マニュアル(※)において、風速5m/s以上の場合飛行は中止すべきと記載があります。

 

”国土交通省航空局標準マニュアル””参照

風速5m/sの風とは

風速5m/sの風は木の葉が動く程度の風速(※)です。風速5m/s以下でも遮蔽物の位置や高度によって風は強くなるため、飛行させる際は注意しましょう。

 

”愛媛県総合博物館公式HP”参照

風が強い時のドローンの挙動

風が強い時にドローンを飛行させた際の挙動は、通常時と比べて以下のように変化します。

 

  • 直進するのが困難
  • 一定の場所に静止してホバリングできない
  • 向かい風の場合スピードが出ない

 

操縦したときにこのような挙動があった場合は、飛行を中断した方が安全です。

ドローンの耐風性能

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンのスペックとしてはどのくらいの耐風性能があるのか、「DJI inspire-3」のスペックを参考に検証します。

 

耐風性能(※)は以下の通りです。

 

  • 離着陸:12 m/s
  • 飛行中:14 m/s

 

機体のスペックとしては風速12m/s以下の状況なら飛行可能とされており、マニュアルの風速を大きく超えた状況でも飛行可能な値となっています。

 

”DJI公式HP”参照

独自マニュアルで申請すれば風速5m/s以上でも飛行可能

イメージ画像

https://pixta.jp

 

風速5m/s以上で飛行したい場合は、独自マニュアルで申請する必要があります。

 

独自マニュアルの作成がはじめての場合は、手違いがないように以下の国土交通省「無人航空機ヘルプデスク」に問い合わせるのがおすすめです。

 

無人航空機ヘルプデスク

電話:050-5445-4451

受付時間:平日 9時から17時まで(土日・祝・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)

 

ドローンの操縦は風速に注意して実施しよう

イメージ画像

https://pixta.jp

 

国土交通省の標準マニュアルにある通り、風速5m/s以上の場合は操縦を行わないのが安全な運用方法です。強風時は離陸や直進が難しくなり、操縦難易度が上がります。ドローンの操縦を行う際は環境に充分注意して実施しましょう。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部